<NEW>過去問の解説はこちら

【英検2級過去問徹底解説】大問3:長文読解問題編(2019年度第2回)

英検過去問徹底解説

こんにちは。Tomoです。

今回は、英検2級の過去問徹底解説シリーズ大問3「長文読解問題」編です。

待ってました!

英検の長文読解問題では、解く際の流れをシステム化することで、

  • 正確に解くことに加え
  • 時間の短縮

が可能になります。

英検2級の長文読解問題の解き方のコツなどは以下の記事でくわしく解説していますのでまだ読んでいない方は先にご覧ください

>>>英検2級「長文読解」の勉強法を徹底解説

やみくもに過去問に取り組む前に、まずは解き方のコツを知ってください


上記の記事で学んだ解き方にそって、過去問の答えと解説を行います。

思考の流れに沿ってくわしく解説していきますよ!

過去問の入手方法英検の公式サイトからダウンロードできます。
2019年度第2回問題冊子をクリックして入手してください。

一緒にがんばりましょー

英検2級過去問解説:大問3【長文読解問題】(27〜29)

3A


(27)

STEP.1
メールのヘッダーを見る
メアドのドメインより、おそらく「kindland」という団体の職員からの、個人宛のメールであることがわかる。
「subject」より、主題は「チャイルドケアサービス」についてだということがわかる。
STEP.2
1問目の「設問」を読む
設問:なぜJudyはFletcherに宛てて(メールを)書いているのか?
*選択肢まで読む必要はありません
STEP.3
問題の答えを探しながら第1パラグラフを読む

ありがとうございます/Kindkand Childcareにご連絡いただき。/私が昨日電話でお約束したとおり/私はメールしています/あなたに/今日/情報を与えるために/あなたが尋ねられた/私どものチャイルドケアサービスについて/あなたの息子さんのための。/申し上げたとおり/私たちは子どもたちの世話をしています/2歳から5歳までの/デイケアセンターで。/そのセンターは開いています/午前6時から午後6時まで/月曜から金曜まで。

STEP.4
選択肢を読む
①Fletcherは彼女に尋ねた/サービスについて/Kindkand Childcareが提供している。
②彼女は話せなかった/Fletcherに/彼が昨日電話したときに。
③Fletcherの息子は通い始めた/Kindkand Childcareに。
④彼女はもっと情報を必要としている/Fletcherの息子について。

STEP.5
設問の答えになる選択肢を選ぶ
正解:①(根拠は赤字部分) 
ポイント
最重要事項として、基本的に1問目の答えは第1パラグラフにあります。
こういった解き方のコツは以下の記事でまとめていますので、その方法をマスターしてから過去問にすすむのが効果的です。
>>>英検2級「長文読解」の勉強法を徹底解説

 

(28)

STEP.1
2問目の「設問」を読む
設問:子供を半日、Kindkand Childcareに預けた親は〜
*そういった親は何をするんだろう?という視点をもちながら本文を読んでいく

STEP.2
問題の答えを探しながら第2パラグラフを読む
親は選ぶことができる/3日、4日、5日プランを。/あなたはまた選ぶことができる/半日か一日ケアかを。/一日ケアのコストは/50ドルです/一日につき、/そして半日の場合は/30ドルです。/半日には/ふたつのセッションがあります/午前セッション/午前6時から正午まで/と、午後セッション/正午から午後6時までの。/親は/一日ケアを選んだ/子供の昼食を持ってこなければいけない/センターに/毎日。

STEP.3
選択肢を読む
①選ぶことができる/午前か午後のセッションを。
②彼らの子供を連れてこなければいけない/センターに/毎週5日。
③30ドルの割引を得る/それぞれの日に。
④準備しなければいけない/子どもたちの昼食を。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:①(根拠は赤字部分) 
ポイント設問は「parents」が主語になっているのに対し、本文では「There are two sessions」と表現されています。この言い換えに気付けるかどうかがポイントです。

 

(29)

STEP.1
3問目の「設問」を読む
設問:JudyはFletcherのために、何をするよう申し出たか?
*「何をoffer(申し出た)したんだろう?」という視点で本文を読んでいく
STEP.2
問題の答えを探しながら第3パラグラフを読む
私達のセンターは提供します/ハイクオリティケアを/それぞれの子供に。/私達は教えます/基本的な技術を/読んだり数えたりするような。/私達はまたもっています/たくさんの知育玩具を/それぞれの年代用に。/そしてわたしたちにはあります/たくさんの活動が/子供に対する/毎日。/あなたはより知ることができます/これらについて/私達のウェブサイトで。/もしあなたが来たいなら/私達のセンターに/あなたの息子さんと一緒に、/お知らせください/私は日時を設定いたします。/お会いできることを楽しみにしています。

STEP.3
選択肢を読む
①彼の息子に教える/読み方書き方を/無料で。
②訪問の予定を調整する/彼がセンターを見に来る。
③彼に送る/活動のリストを/彼女のデイケアセンターが提供する
④推薦する/知育玩具を/家で使うための。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:②(根拠は赤字部分) 

英検2級過去問解説:大問3【長文読解問題】(30〜33)

3B

(30)

STEP.1
タイトルを読む
「お互いに助け合う世代」
*なんとなく主題のイメージができれば十分です

STEP.2
1問目の「設問」を読む
設問:多くの現代社会が抱えている、一つの問題はなにか
*「問題は何だろう?」と意識しながら本文を読んでいきます。

STEP.3
問題の答えを探しながら第1パラグラフを読む
一つの問題/多くの現代社会が直面している/は、/コミュニケーションの欠如である/異なる世代間の。/今日、/多くの若い人々は動く/教育(学校)や仕事で。/その結果、/彼らはしばしば離れる/両親の元を/彼らが移動するとき/ほかの町や国にさえ/そして現在、/多くの高齢者はもはや生きられない/彼らの子どもたちと/むしろ移り住む/高齢者住宅に。/このことは意味する/異なる世代の人々は/あまり一緒に過ごさない/そして機会を持たない/お互いの意見を聞く。

STEP.4
選択肢を読む
①高齢者世代は余裕がない/近代都市の高値を買う。
②若い世代は興味がない/教育を受けることや仕事を得ることに。
③若者と高齢者は多くの機会をもっていない/意見を交換するための。
④高齢者は信じている/若者は十分な時間を過ごしていないと/高齢者住宅を訪れる。
STEP.5
設問の答えになる選択肢を選ぶ
正解:③(根拠は赤字部分) 
長文読解問題も、パラグラフごとに読み進めることで「短文問題化」でき、正答率を上げることが可能です

(31)

STEP.1
2問目の設問を読む
設問:Humanitasの長であるGea Sijpkesは〜だ。
Gea Sijpkesは何をするんだろう?どんな人なんだろう?という視点で本文を読んでいく
STEP.2
問題の答えを探しながら第2パラフラフを読んでいく
数年前、/ある高齢者住宅/オランダにある/Humanitasと呼ばれている/は、/面白い方法を思いついた/この問題を克服する。/そのアイデアは始まった/若い男/Onno SelbachがHumanitasに連絡をとったときに/尋ねるために/部屋を使えないかどうか/彼が使うための。/Selbachは学生だった/が、彼は思った/その学生アパート/彼が住んでいる/は、うるさくて汚いと。/Gea Sijpkes/Humanitasの長である/は、Selbachに会った/そして、考えを持つに至った。/彼女は決心した/6つの大学の学生が住むことを可能にしようと/高齢者住宅に/無料で。

STEP.3
選択肢を読む
①(Gea Sijpkesは)心配していた/高齢者住宅の部屋はあまりにうるさく、汚かったと。
②(Gea Sijpkesは)提供することに決めた/学生たちに/無料の部屋を/高齢者住宅の。
③(Gea Sijpkesは)人を探すことに苦労していた/彼女の部屋に住むことに興味のある。
④(Gea Sijpkesは)方法を見つけたかった/家を安くする/若者向けに。
STEP.4
設問の答えになる選択肢を選ぶ
正解:②(根拠は赤字部分) 

設問の中に「Gea Sijpkes」という人が出てくるんだから、「その人がどんな人なのか、何をするのか」に着目して本文を読んでいけばいいってことね

(32)

STEP.1
3問目の設問を読む
設問:Humanitasに住む学生は何をしたか?
*何をしたんだろう?という視点で本文を読んでいく
STEP.2
問題の答えを探しながら第3パラフラフを読んでいく
かわりに/住む場所の、/学生たちは同意する/ボランティアをすることに/月に約30時間/その高齢者住宅にすむ高齢者のために。/ときどき、彼らはおしゃべりしたりゲームで遊んだりした/高齢者と。/別のときは、/彼らはかんたんな食事を作った/彼ら(高齢者)のために。/また、買い物に行った/彼らのために/そして彼らに教えた/役に立つ技術を/たとえばコンピュータの使い方のような。/居住者が病気になって/部屋を出られなくなったときには、/学生たちは交代で一緒に座って/話をしたりした。

STEP.3
選択肢を読む
①彼らは時間を過ごす/居住者と/そして彼らをサポートする/日々のニーズに。
②彼はたくさんの、新しいコンピュータスキルを学ぶ/居住者から/そして使う/学校のプロジェクトに。
③彼らはシステムを設計する/もっと多くの居住者を惹きつけるため/その施設に。
④彼らは提供する/医療ケアを/居住者に/病気になった。
STEP.4
設問の答えになる選択肢を選ぶ
正解:① 
この問題の答えの根拠は、ほとんど第3パラグラフ全体って感じですね。

「ひとつの文」が正解のカギになるんじゃなくて、全体の流れがわかってれば解けるってことか。こういう問題もあるんですね〜

(33)

STEP.1
4問目の設問を読む
設問:Humanitasのプログラムのひとつの ベネフィット(便益)は何ですか?
*どんなベネフィット(便益)があるのか?という視点で本文を読んでいく

STEP.2
問題の答えを探しながら第4パラフラフを読んでいく
そのプログラムは大きな成功を収めている/そして、多くの高齢者住宅/他の国々の/は、現在/同様のプランを提供している/学生に。/このようにして、/学生はお金を節約でき/滞在する場所で、/そして、高齢者は助けを得ることができる/生活のなかで。/ひとつの重要な効果/そのプログラムの/は、助けになることだ/若者と高齢者が/お互いによりよく理解し合う。/その他には、/阻止することだ/高齢者が孤独を感じるのを。/多くの研究は示している/孤独は、健康問題を更に悪化させると。/だから、そのプログラムは助ける/高齢者が健康でいることを/同様に。

STEP.3
選択肢を読む
①それは高齢者に与える/機会を/高齢者住宅から出る。
②そらは可能にする/高齢者が節約するのを/住宅費に関する。
③若者は訓練される/ヘルスケアワーカーになるための/無料で。
④若者は減らすことを助けることができる/高齢者の孤独を。
STEP.4
設問の答えになる選択肢を選ぶ
正解:④(根拠は赤字部分) 
このプログラムのベネフィットは「若者と高齢者がお互いに理解し合えるようになること」に加え、「高齢者の孤独感を減少させる」ことだと書かれています。このうち、2つ目のベネフィットが答えになりますね。

英検2級過去問解説:大問3【長文読解問題】(34〜38)

3C

(34)

STEP.1
タイトルを読む
賢いステッカー
*タイトルだけでは本文がイメージしにくい場合は、慌てず、適当に読み飛ばして本文へすすみましょう

STEP.2
1問目の「設問」を読む
設問:ひとつの問題はなにか/心臓に問題がある患者が抱える
*「患者にどんな問題があるんだろう?」と意識しながら本文を読んでいきます。

STEP.3
問題の答えを探しながら第1パラグラフを読む
医者はしばしば必要とする/変化を監視することを/患者の体の/長い期間に渡って。/患者が心臓に問題を抱えるとき、/たとえば、/記録することは重要である/鼓動の速さを。/従来、/医者は取り付ける/電子機器を/患者の体に/そして、それらを使う/情報を記録するために。/これらの機器は毎日取り付けられていなければならない/そして、かなり重く/また、多くの電子ワイヤーを必要とする。/その結果、/難しくなる/患者が自由に動き回ることが/もしくは、眠ることが。/しかし現在、/どんどん置き換えられている/新しい種類の計測機器に/electronic stickerと呼ばれる。

STEP.4
選択肢を読む
①その機器のコスト/患者が必要とする/が、あまりに高いこと/彼らにとって。
②その機器/患者の体をモニターするのに使われる/が、不便なこと/彼らにとって。
③患者が治療を受けられないこと/長い時間待たずに。
④患者は時間がないこと/すべての情報を記録する/医者が必要とする。
STEP.5
設問の答えになる選択肢を選ぶ
正解:②(根拠は赤字部分) 
その機器は、「毎日つけている必要があって、重いし、動けないし、眠りづらい」といったマイナス面がいくつもあるんですよね。そういう「不便」がある、と理解できていれば正答を選べます

(35)

STEP.1
2問目の設問を読む
設問:John Rogersは何を開発したか?
*何を開発したんだろう?という視点で本文を読んでいく

STEP.2
問題の答えを探しながら第2パラフラフを読んでいく
それらの機器のひとつは開発された/John Rogersによって/Urbana­Champaignのイリノイ大学教授である。/その機器は構成される/数多くの、とても小さな電子部品から/薄いシリコンの層へ取り付けられた。/これはとても薄いステッカーに作られる/患者の肌に貼る。/その小さな電気ステッカーは情報を記録することができる/患者の鼓動や体温、筋肉の動き、脳の活動などを。

STEP.3
選択肢を読む
①電気機器に取り付けられるステッカー/それらをより効率的にするために。
②記録するのに使われるステッカー/医療情報を/患者の。
③シリコンでできた機器/そして、能力がある/筋肉を動かす。
④科学者によって使用される機器/シリコンをより強くする。

STEP.5
設問の答えになる選択肢を選ぶ
正解:②(根拠は赤字部分) 

(36)

STEP.1
3問目の設問を読む
設問:彼の研究で、Rogersは〜の方法を見つけることができた?
*〜にあてはまる選択肢を探す

STEP.2
問題の答えを探しながら第3パラフラフを読んでいく

その新しいステッカーは便利だ/患者にとって/多くの睡眠を必要とする、/新生児のような。/なぜなら、そのステッカーは彼らを煩わせないからだ。/さらに、研究者は言う/そのステッカーはもっている/他の多くの可能性を。/たとえば、Rogersはその電子機器を置く/患者の喉に。/そのステッカーは記録する/のどの筋肉の動きを/ひとがある言葉を話すときの。/それらの言葉がふたたび発せられたとき、/そのステッカーはパターンを認識する/そして、信号を送る/コンピュータに。/このようにして、その人はある言葉を使えるようになった/モノの動きをコントロールするための/コンピュータゲームの中で

STEP.3
選択肢を読む
①モノを動かす/コンピュータゲームの中の/機器を使って/人が話すことを認識できる。
②医療を提供する/問題を抱える人々に/彼らの喉を使って音を発することに。
③新生児を守る/危険な病気になる可能性のある。
④人々を助ける/彼らの筋肉を増強させようとする。
STEP.4
設問の答えになる選択肢を選ぶ
正解:①(根拠は赤字部分) 

間違いの選択肢の中にも「throats」「new born babies」「muscles」とか、本文で出てくる単語が散りばめられてて、やらしいです…
設問にあるとおり、何を「find a way」したのか、に焦点を絞って考えることがポイントです

(37)

STEP.1
4問目の設問を読む
設問:なぜアメリカ政府は「電子ステッカー」に興味があるのか?
*なんで興味があるのか?という視点で本文を読んでいく

STEP.2
問題の答えを探しながら第4パラフラフを読んでいく
別の可能な使用方法/電子ステッカーの/は、人々を可能にすることである/秘密裏にコミュニケーションするのを/他の人々と。/Rogersによれば、/アメリカ政府は興味を示した/秘密のコミュニケーション手段を開発することに/特別な工作員が使用するための。/おそらく、時がたつにつれて/人々は考えるだろう/他の使用法を。/そうなってもならなくても、/その新しい電子ステッカーはまちがいなく大きなステップだ/人間の体を直接つなげる/コンピュータや他の技術と。
STEP.3
選択肢を読む
①それらは使われるかもしれない/方法として/人々がお互いに話すための/秘密裏に。
②それらは使われるだろう/人々がコミュニケーションするのを促進するために/政府と。
③それらは使われる可能性がある/スパイの会話を監視する/他国からの。
④それらは防ぐかもしれない/情報が共有されるのを/他の人々と/誤って。
STEP.4
設問の答えになる選択肢を選ぶ
正解:①(根拠は赤字部分) 

(38)

STEP.1
5問目の設問を読む
設問:次の文のうち、正しいものはどれか?
*このパターンの設問に限っては、すでにこれまで読んできた英文の中に答えがあります

STEP.2
選択肢を読んでいく
①特別な工作員はしばしば使う/特別なカードを/他の工作員に示すため/彼らが誰であるかを。
②医者は時々使う/電子ワイヤーを/患者が眠るのを助けるために。
③Rogersはシリコンを開発した/ステッカーを肌に貼るタイプの。
④電子ステッカーは使われる可能性がある/患者を観察するために/たくさんの睡眠が必要な。

STEP.3
正しい選択肢を選ぶ
正解:④ 
POINT長文読解問題の最後の問題では、このように「Which of the following statements is true?」という設問が出題されることがあります。
選択肢の内容は、これまで読んできた英文の中から横断的に出題されます。すでに読んできた英文ですので、内容が頭に残っていれば選択肢を読めば正解がわかります。
もし本文の内容を覚えていなかったら、絶対に違うなという選択肢を切ったあと、直感で選んでしまうのも一つの手です。あなたの目標は全問正解ではなく、英検2級合格ですよね。
時間のロスをなくし、次のライティング(英作文)に気持ちを切り替えましょう!