<NEW>過去問の解説はこちら

【英検2級過去問徹底解説】大問3:長文読解問題編(2020年度第3回)

英検過去問徹底解説

こんにちは。トモです。

今回は、英検2級の過去問徹底解説シリーズ大問3「長文読解問題」編です。

待ってました!

英検の長文読解問題では、解く際の流れをシステム化することで、

  • 正確に解くことに加え
  • 時間の短縮

が可能になります。

英検2級の長文読解問題の解き方のコツなどは以下の記事でくわしく解説していますのでまだ読んでいない方は先にご覧ください

>>>英検2級「長文読解」の勉強法を徹底解説

やみくもに過去問に取り組む前に、まずは解き方のコツを知ってください


上記の記事で学んだ解き方にそって、過去問の答えと解説を行います。

思考の流れに沿ってくわしく解説していきますよ!

過去問の入手方法英検の公式サイトからダウンロードできます。
2020年度第3回問題冊子をクリックして入手してください。

一緒にがんばりましょー

英検2級過去問解説:大問3【長文読解問題】(27〜29)

3A


(27)

STEP.1
メールのヘッダーを見る
①差出人(From)と受信者(To)をザッと確認します。今回は送信者のメールアドレスのドメインが「.edu」なので教育機関(学校の可能性大)からのメールだろうと予測できます。
*「ドメイン」についてわからない方はまず、こちらの記事で理解しておくようにしましょう。とても大事なポイントになります。
>>>英検2級「長文読解」の勉強法を徹底解説

②「subject(件名)」欄から、「Sylviaの数学の成績」についての内容だということがわかる。

メールのヘッダーを見るだけで、「教育期間(おそらく学校)から成績についてのメール」だってことがわかっちゃうんですね
そう、本文を読む前に前提情報がわかれば、内容が頭に入ってきやすくなります

STEP.2
1問目の「設問」を読む
設問:2、3週間前、Sylviaは〜。
*選択肢まで読む必要はなく、「2、3週間前にSylviaはどうしたんだろう?」という視点で本文を読んでいきます。
STEP.3
問題の答えを探しながら第1パラグラフを読む

Lawsonさんへ
こちらはMark Tucker/あなたの娘さんの数学の教師です/Berkton中学の。/私はあなたに話したいです/少し/Sylviaの数学の成績について。/私は知っています/Sylviaがひどい風邪を引いたことを/数週間前、/だから、彼女はいくつかの授業を欠席しました。/残念なことに、生徒たちは学びました/いくつかの非常に重要なことを/その週に。

STEP.4
選択肢を読む
①Berkton中学に通い始めた
②悪い成績をとった/算数の授業で
③新しい数学の先生が来た/学校に
④元気でなかった/授業へ出席するのに十分なほど

STEP.5
設問の答えになる選択肢を選ぶ
正解:④(根拠は赤字部分) 
選択肢②が少し紛らわしかったかもしれません。②は「a bad grade」つまり「悪い成績」をとったという意味ですが、本文中には「she missed a few classes(彼女はいくつかの授業を欠席した)」としか書かれていません。

「miss」は「欠席する」の意味だから、「悪い成績をとった」わけではないんですね
ポイント
最重要事項として、基本的に1問目の答えは第1パラグラフにあります。
こういった解き方のルールは以下の記事でまとめていますので、その方法をマスターしてから過去問にすすむのが効果的です。
>>>英検2級「長文読解」の勉強法を徹底解説

 

(28)

STEP.1
2問目の「設問」を読む
設問:シルビアが何をすることが重要ですか?
*シルビアが何をすることが重要なんだろう?という視点をもちながら本文を読んでいく

STEP.2
問題の答えを探しながら第2パラグラフを読む

わたしは宿題を送りました/シルビアに/彼女が学校を休んでいる間に/しかし、彼女はいくつかの重要な説明を聞き逃した/三角形についての/その授業中の。/彼女は言った/彼女は理解したと/そのトピックについて、/しかし、彼女は昨日のテストでとても悪い成績でした。/わたしはわかっています/これは彼女のせいではないと。/しかし、とても重要です/彼女がこのトピックを学ぶことは。/そうしないと、/彼女は苦労することになるでしょう/将来/なぜなら、私たちは再びその概念を使うので/次の章で。

STEP.3
選択肢を読む
①三角形について説明する/授業で
②テストのために一生懸命勉強する/将来
③トピックを理解する/数学の授業の
④次の章を読むこと/注意深く
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③(根拠は赤字部分) 
すべての選択肢の内容自体は、「世間一般的な事実としては間違っていない」ものばかりです。ただしここでは、メールの内容から読み取れるものだけが正解になりますから、③が正解になります

「②テストのために一生懸命勉強する」も、一般的には間違ってないんだろうけど、本文には書かれてないですもんねー

(29)

STEP.1
3問目の「設問」を読む
設問:Mark TuckerはSylviaに〜をしてほしい
*Sylviaに何をしてほしいんだろう、という視点で本文を読んでいく
STEP.2
問題の答えを探しながら第3パラグラフを読む

私は空いています/30分間/学校が始まる前/生徒たちの役に立つために/学業でトラブルを抱えている。/また、数学科の生徒たちが/West Bridgeville大学から来ます/学校の図書館に/無料で個別指導をするために/毎週水曜日の放課後に。/Sylviaは言います/あなたは彼女を学校につれてくる/そして、迎えに来ると/毎日。/どちらがより都合がいいですか。/メールをお送りいただき/私にお知らせいただければと思います/Sylviaを早く連れてくるか/遅く迎えに来るか/水曜日に。

STEP.3
選択肢を読む
①本を読む/学校の図書館で
②追加の支援を受ける/数学の勉強で
③彼女の母が彼女の宿題を手伝うよう頼む
④West Bridgeville大学へ行く/特別授業のために
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:②(根拠は赤字部分) 
まず、「大学生が個別指導をしてくれますよ」と伝えた上で、最後に「let me know if you’d like to bring Sylvia in earlier or pick her up later(早めに学校につれてくるか、迎えを遅くするかどちらがいいか)」を尋ねていますから、「その個別授業を受けてもらいたい」と思っていることがわかります

英検2級過去問解説:大問3【長文読解問題】(30〜33)

3B

(30)

STEP.1
タイトルを読む
Hagfish
*「メクラウナギ」という意味ですが、タイトルだけ読んだ時点でわからなくても全く問題ありません。英検の長文では、こういった固有名詞を使ったタイトルがよく使われますが、問題は本文を読めば解けるようになっています焦らないことがポイントです。

STEP.2
1問目の「設問」を読む
設問:hagfishに関してどれが正しいですか?
*hagfishって何なんだろう、と意識しながら本文を読んでいきます。

STEP.3
問題の答えを探しながら第1パラグラフを読む
海は含んでいる/多くの奇妙で不思議な生き物を。/ひとつ例はhagfishである。/hagfishはヘビやeel(ウナギ)に似ているが/それらの口は特別な形をしていて/それらは歯がある/舌に。/それらは海の深くに住んでいて/魚の体を食べる/死んで、海底に沈んだ(魚を)。/hagfishの化石は見つかっている/3億3千年前に。/進化について研究している科学者たちは考えるhagfishは/祖先だと/背骨のある全ての生き物の、/人間を含む
 

STEP.4
選択肢を読む
①他の魚は泳ぐ/海の深い場所へ/それら(hagfish)を捕まえるために
②人間や多くの他の動物たちは、実はそれら(hagfish)から進化したかもしれない
③それら(hagfish)は先祖である/すべての現代の魚の/背骨のない
④それら(hagfish)はヘビの一種である/歯も舌ももっていない
STEP.5
設問の答えになる選択肢を選ぶ
正解:②(根拠は赤字部分) 
「hagfish」とは何かが具体的にわからなくても、「海に住んでいて」「奇妙で不思議で」「ヘビに似ていて」「舌に歯がある」などから、そういう変わった生物なんだなと理解できればオーケーです。

固有名詞はわからなくても問題は解けるっていうのは、絶対に覚えておくべきポイントですね

(31)

STEP.1
2問目の設問を読む
設問:アメリカの人々はhagfishを捕まえ始めた、なぜなら〜。
なぜアメリカの人々はhagfishを捕まえ始めたのか、を探しながら本文を読んでいきます。
[/tl

STEP.2
問題の答えを探しながら第2パラフラフを読んでいく
ほとんど国で、/hagfishのことを聞いたことがある人はほとんどいない。/韓国ではしかし、/hagfishは使われている/人気の料理に。/それらの肉は油で調理される/そして塩と一緒に提供される。/特に、年配の韓国人男性はhagfishを食べることを楽しむ/お酒を飲むときに。/このことが乱獲につながっている/アジアでの。その結果、他の国々で/アメリカのような、/hagfishの捕獲が始まっている/彼らの海域で、/そしてそれらを韓国に輸出し始めている。/hagfishの皮膚はまた使われる/バッグやブーツ、その他の商品を作るのに。

STEP.3
選択肢を読む
①それらの肉はますます人気になっている/アメリカ人の間で
②韓国人は油を使う/hagfishから取られた/健康的な商品を作るために
③他のタイプの、より人気の魚がすでに乱獲されている
④アジアでのそれらの数は減少している/あまりに多くが捕まえられたので
STEP.4
設問の答えになる選択肢を選ぶ
正解:④(根拠は赤字部分) 

(32)

STEP.1
3問目の設問を読む
設問:hagfishはどのように彼ら自身を守っているか/他の魚から
*どのように守っているんだろう?という視点で本文を読んでいく
STEP.2
問題の答えを探しながら第3パラフラフを読んでいく
hagfishは特別な方法をもっている/彼ら自身を守る/自分たちを攻撃する動物から/たとえばサメのような。/hagfishは濃厚な液体をつくる/細い繊維でいっぱいの。/hagfishが攻撃されたとき、/それらはこの液体を放ち/小さな穴から/それらの体の側面にある。/その液体が海水と混ざると/それは急速に広がり一種のゼリーに変化する。/このゼリーはhagfishを守る/攻撃しているその魚が息をするのが難しくなるようにして。

STEP.3
選択肢を読む
①それらの体を広げることによって/それらがもっと大きく見えるように
②細い繊維を撃つことによって/他の魚の体に穴をあけるよう
③液体を放出することによって/それらの体から/海水を変化させる
④他の魚を覆うことによって/目を見えなくするゼリーで
STEP.4
設問の答えになる選択肢を選ぶ
正解:③ 

(33)

STEP.1
4問目の設問を読む
設問:hagfishは将来、どんな利益を与えるかもしれませんか?
*将来どんな利益をもたらすかもしれないんだろう、という視点で本文を読んでいく

STEP.2
問題の答えを探しながら第4パラフラフを読んでいく
Douglas FudgeとカナダのGuelph大学の科学者グループは/可能性のある使用法を見つけている/このhagfishの液体の。/彼らは言う/液体の中の繊維はとても強い絹のようだと。/彼らは信じている/これらは使われる可能性があると/人工の布にかわって/たとえばナイロンのような/化石燃料から作られる。/hagfishの繊維はさらにずっと環境に優しいものになるかもしれない。科学者たちは現在作ろうと努めている/同様の繊維を/研究室で/新しい布をつくるために/とても強く軽い。/衣類製造メーカーは興味を持つだろう/そのようなハイクオリティな生地を使うことに/彼らの商品に。

STEP.3
選択肢を読む
①それらは使われる可能性がある/原料を開発するのに/環境により良い
②それらはダメにする可能性がある/海を汚染するナイロン繊維を
③それらは化石燃料をきれいにするのに役立つ可能性がある/研究室でこぼれた
④それらは簡単に変える可能性がある/とても強い絹を生産するように/ファッション業界のために
STEP.4
設問の答えになる選択肢を選ぶ
正解:①(根拠は赤字部分) 
結局最後まで「hagfish」が「メクラウナギ」のことだと分からなくても、問題なく正解は選べるようになっていることがわかってもらえたと思います

英検の長文はタイトルの意味がハッキリと分からなくても正解は選べる!と。メモメモ

英検2級過去問解説:大問3【長文読解問題】(34〜38)

3C

(34)

STEP.1
タイトルを読む
古いアイデアをリサイクルすること
*タイトルだけでは本文がイメージしにくい場合も、慌てず、適当に読み飛ばして本文へすすみましょう

STEP.2
1問目の「設問」を読む
設問:金属を作ることは環境にダメージを与えるという、ひとつの面(≒例)は何か。
*「金属を作ることは環境にダメージを与えるという、ひとつの例として、何があげられてるか」を意識しながら本文を読んでいきます。

STEP.3
問題の答えを探しながら第1パラグラフを読む
今日、人々はよく物をリサイクルする/それらが捨てられるのを防ぐために/埋立地に。/金属をリサイクルすることは/特に、/重要である/なぜなら、金属が自然の岩から生産されるとき/多くの害が生じる。/地面から資源を取り出すときにダメージがあるだけでなく/多くの有害物質が放出される/環境に。/その上、/多くの電力が使用される。/これらの理由から、人々は方法を探している/金属をリサイクルする方法を/その代わりに。

STEP.4
選択肢を読む
①多くの生き物は金属を必要とする/地面からの/生き延びるために
②多くの電気は/工程で使われる/火災を引き起こす
③金属の大部分は廃棄され/埋立地に埋め立てられる
④その過程はつながる/危険物質の放出に
STEP.5
設問の答えになる選択肢を選ぶ
正解:④(根拠は赤字部分) 
問題文は「金属を『作る』ことは環境にダメージを与える」ひとつの面を尋ねているわけで、それは④のとおり「(金属を作る)過程で危険物質が放出される」からなわけです

③の「金属が廃棄され、埋立地のスペースを圧迫する」のは金属を「作る」ことから生じることではないので、そういう点からも正解じゃないってことですね

(35)

STEP.1
2問目の設問を読む
設問:なぜ人々は金属製品を溶かしたのか/過去
*人々が過去に金属商品を溶かしたのはなぜか?という視点で本文を読んでいきますく
STEP.2
問題の答えを探しながら第2パラフラフを読んでいく
金属をリサイクルすることは/実際に/長い歴史がある。/ずっと簡単だった/金属を再利用することは/それらを作るよりも。/鉄や銅、すずのような金属は一般的だが/それらは難しい/それらが見つかる岩から分離することが/。そういう理由で、/古代、ローマ軍は金属の像をもってきた/他の国から/戦後/そしてその像を溶かした/新しい武器を作るために。/18世紀の後期でさえ、アメリカ国民は鉄製品を寄付するように促された/リサイクルされるための/ジョージ・ワシントン軍に。

STEP.3
選択肢を読む
①なぜなら武器は戦争に必要とされていたから/アメリカとの
②なぜなら簡単だったから/岩から新しい金属を分離するよりも
③それらを岩と混ぜるために/それらをより強くするため
④それらを再利用するため/新しい像を作るため/彼らの戦争の英雄の
STEP.5
設問の答えになる選択肢を選ぶ
正解:②(根拠は赤字部分) 
新しい金属を岩から分離させて作るよりも、すでにある金属を溶かして再利用するほうが簡単だった

だから武器を作るときも、わざわざ他国から像を持ってきて溶かして作ったし、軍から鉄製品を寄付するようにも言われたわけですよね

(36)

STEP.1
3問目の設問を読む
設問:20世紀のあいだ〜
*20世紀の間に何があったんだろう?という視点で本文を読んでいく

STEP.2
問題の答えを探しながら第3パラグラフを読んでいく
19世紀の間、/大きな会社/リサイクルを専門とした/が設立された/金属の大きな需要に対応するため。/しかし20世紀には、/金属を作ることはより早く効率的になった。/このころ、/多くのメーカーは方法を変え始めた/彼らの利益を上げる。/リサイクルコストを減らす代わりに/今まで通りに、/彼らは方法ををとり始めた/「計画された旧式化」と呼ばれる。/これは意味する/製品を作ることを/壊れたり、使えなくなったりするようにデザインされた/短い時間で、/だから消費者は製品を買わなくてはならない/もっと頻繁に。

STEP.3
選択肢を読む
①人々は会社を作り始めた/リサイクルを専門とした
②より早く、効率的になった/金属をつかうことが/お金を儲けるために
③製品メーカーはより儲かった/製造コストを下げることで
④企業は商品を作り始めた/すぐに使えなくなる
STEP.4
設問の答えになる選択肢を選ぶ
正解:④(根拠は赤字部分) 
①リサイクルを専門とした会社を作った、のは19世紀ですし、③利益を上げるために「製造コストを下げた」のではなく、別の方法をとり始めたんですよね

(37)

STEP.1
4問目の設問を読む
設問:人々はどのように保つのか/希少金属(レアメタル)の供給を
*希少金属(レアメタル)の供給をどうやって維持するんだろう?という視点で本文を読んでいく

STEP.2
問題の答えを探しながら第4パラフラフを読んでいく
近年、/そのような商品は含んでいる/スマートフォンなどの機器を、/取り替えられなければならない/数年ごとに。/それらも多くの希少金属を含んでいる。/事実、アメリカ人は約6千万ドル相当の価値のある金や銀を投入する/埋立地に/毎年/中古の電話をただ捨てることで。/多くの人々はすでにわかっているけれど/大きな電化製品をリサイクルすることの重要性に/冷蔵庫や洗濯機など、/理解していない人々もいる/なぜより小さな電子機器がリサイクルされるべきかを。/世界の金属の量は限られている、/だから、昔の考えから学ぶことがより良いかもしれない/世界の供給を保つために

STEP.3
選択肢を読む
①小さな機器をリサイクルしようとすることで/それらを捨てるかわりに
②古い電話を置き換えることで/より効率的なものに
③リサイクルされる大きな電化製品の数を増やすことで
④金や銀を含む機器を放置することで/埋立地に

STEP.4
設問の答えになる選択肢を選ぶ
正解①:(根拠は赤字部分) 
この問題に答えるには、少し読解力が必要です。つまり、結論として(赤字部分)「 it may be better to learn from old ideas(昔の考えから学ぶことがより良いかもしれない)」と述べられていますが、これは「昔の考え=新しく作るのではなくリサイクルする」方が良いという意味だということです

(38)

STEP.1
5問目の設問を読む
設問:次の文のうち、正しいものはどれか?
*このパターンの設問に限っては、すでにこれまで読んできた英文の中に答えがあります

STEP.2
選択肢を読んでいく
①ジョージ・ワシントンは導入した/鉄をリサイクルする考えを/アメリカに
②金属需要の増大があった/19世紀に
③金属は減らすことができる/毒の量を/電気生産から放出される
④企業は約6000万ドルを費やしている/毎年/金に/スマートフォンのために
STEP.3
正しい選択肢を選ぶ
正解:② 
POINT長文読解問題の最後の問題では、このように「Which of the following statements is true?」という設問が出題されることがあります。
選択肢の内容は、これまで読んできた英文の中から横断的に出題されます。すでに読んできた英文ですので、内容が頭に残っていれば選択肢を読めば正解がわかります。
もし本文の内容を覚えていなかったら、絶対に違うなという選択肢を切ったあと、直感で選んでしまうのも一つの手です。あなたの目標は全問正解ではなく、英検2級合格ですよね。
時間のロスをなくし、次のライティング(英作文)に気持ちを切り替えましょう!
ちなみに、今回の問題の正解は第3パラグラフの1〜2行目に書かれている「During the 19th century, large companies specializing in recycling were established to meet a higher demand for metals.(19世紀の間に、金属の大きな需要に対応するためにリサイクルを専門とした大きな会社が設立された)」が正解の根拠になります。

「19世紀に金属の大きな需要が生まれたから、それに対応するために専門の会社が作られた」ってことですもんね