<NEW>過去問の解説はこちら

【英検2級過去問徹底解説】大問1:語彙・単語問題編(2020年度第2回)

英検過去問徹底解説

こんにちは。Tomoです。

今回は、英検2級の過去問徹底解説シリーズ2020年第2回・大問1「語彙・単語問題」編です。

待ってました!

英検の語彙問題では、解く際の流れを自分のモノにすることで、

  • 正確に解くことに加え
  • 時間の短縮

が可能になります。

英検2級の語彙・単語問題の解き方のコツなどは以下の記事でくわしく解説していますのでまだ読んでいない方は先にご覧ください

>>>英検2級「語彙問題」の勉強法を徹底解説

やみくもに過去問に取り組む前に、まずは解き方のコツを知ってください


上記の記事で、解き方について学んだら、いよいよ過去問の演習に入りましょう。

思考の流れに沿ってくわしく解説していきますよ!

過去問の入手方法英検の公式サイトからダウンロードできます。
2020年度第2回問題冊子をクリックして入手してください。

一緒にがんばりましょー

英検2級過去問解説:大問1【語彙・単語問題】(1)〜(5)

(1)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①principles:(名詞)原理、主義
②substitutes:(名詞)代理
③decades:(名詞)10年間
④critics:(名詞)批評家

STEP.2
穴埋め部分には「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「the basic (   ) of science」に入れる単語を選ぶ。

勘のいい方であれば、「科学の基本原理」となる①がしっくりくることがこの時点でわかります。

STEP.3
問題文を読む
あなたは理解しなければならない/科学の(  )を/知るために/なぜ水は水蒸気になるのか/沸騰したときに。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:①
POINT語彙・単語問題も、先に選択肢にザっと目を通すことで、短時間で正答率が上がります。
こういった
解き方のコツは以下の記事でまとめていますので、この方法をマスターしてから過去問にすすむのが効果的です。
>>>英検2級「語彙問題」の勉強法を徹底解説

(2)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①intelligent:(形容詞)知的な
②steady:(形容詞)固定された、継続的な
③pleasant:(形容詞)魅力的な、気持ちよい
④awkward:(形容詞)きまりの悪い、気まずい

STEP.2
穴埋め部分には「形容詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「He felt (  ), so he went home early」に入れる単語を選ぶ。

全文を読まなくても、最後の一文「彼は( )と感じたので、早く帰った」から④しか当てはまらないことがこの時点でわかります。

STEP.3
問題文を読む
Keithは唯一の人物だった/公式なパーティーにジーンズを着ていった、/だから人々は彼を奇異の目で見た。/彼は(  )を感じたので、早く家に帰った。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④ 

( )の前後を読むだけで、けっこう正しい選択肢が選べちゃうんですね
そう。( )前後を読んで答えの当たりをつけて→問題文全文を読んで→当たりをつけていた答えが正しいかを確認する、というのが一番効率的な解き方です

(3)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①tube:(名詞)(絵の具などの)チューブ、地下鉄
②loan:(名詞)ローン、融資
③unit:(名詞)単位、一人(一個)
④pile:(名詞)ひと山、積み重ね

STEP.2
穴埋め部分には「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「get a student (   )」に入れる単語を選ぶ。

「student」に続く語としては②「loan」ぐらいしか当てはまらないことがこの時点でわかります。

STEP.3
問題文を読む
Nateの両親は彼の学費を払えなかった、/なので彼は学生(  )を得なければならなかった。/卒業後、彼は返済しなければならないだろう/毎月100ドルを。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:②

「loan」は「ローン」という言葉で日本語でもなじみがありますね。
選択肢の中になじみのある単語があって、それが問題文にうまく一致するようなら、他の選択肢をざっと確認した上でそれを選んでしまえばいいですね

(4)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①translating:(動詞ing形)翻訳する
②measuring:(動詞ing形)測定する
③arresting:(動詞ing形)逮捕する
④greeting:(動詞ing形)挨拶する

STEP.2
穴埋め部分には「動詞のing形」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「she is (   ) a French novel into English」に入れる単語を選ぶ。

「translate A into B(AをBに翻訳する)」の典型的な使い方で、①が正解だとこの時点でわかります。

STEP.3
問題文を読む
Evaは大学でフランス文学を勉強している。/彼女の最後のプロジェクトとして、/彼女はフランス小説を英語に翻訳している。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:①
「translate(を翻訳する)」と覚えるだけでなく、「translate A into B(AをBに翻訳する)」で覚えることが大事です

(5)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①luckily:(副詞)幸運にも
②obviously:(副詞)明らかに、当然ながら
③commonly:(副詞)一般的に
④separately:(副詞)別々に

STEP.2
穴埋め部分には「副詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「Jason was ( ) not feeling well」に入れる単語を選ぶ。

この時点では確定はできませんが、②が一番しっくりくるかなということはわかります。

STEP.3
問題文を読む
Jasonは(  )今日調子がよくなさそうだ。/彼は咳をしており、とても疲れて見える
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:②
「咳(cough)をしていて、疲れて見える」んですから、調子が悪そうなのは「明らか(obviously)」ですね

英検2級過去問解説:大問1【語彙・単語問題】(6)〜(10)

(6)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①wound:(名詞)傷、けが
②trap:(名詞)罠
③index:(名詞)インデックス(索引)、指標
④soil:(名詞)土、土壌

STEP.2
穴埋め部分には「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「mix seashells in the (   ) in your garden」に入れる単語を選ぶ。

「garden(庭)の(  )」ですから、④「土、土壌」が一番しっくり来そうなことがこの時点でわかります

STEP.3
問題文を読む
A:Patticia、このサラダおいしいね。/あなたは言ったよね/自分で野菜を育てるって。B:そうだよ。秘密は貝殻を混ぜることです/庭の(  )の中に。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④ 

(7)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①label:(名詞)ラベル
②figure:(名詞)人物、数字
③survey:(名詞)調査
④purpose:(名詞)目的

STEP.2
穴埋め部分には「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「doing a(  )」に入れる単語を選ぶ。

穴埋め付近だけでは確定できないので問題文全体を読んでいきます

STEP.3
問題文を読む
A:誰でしたか/電話の人は。B:(  )をしている誰かでした。/彼女は私にいくつか質問しました
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③ 

電話でのアンケート調査みたいなやつだった、ってことですね

(8)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①proved:(動詞のed形)証明した
②revealed:(動詞のed形)明らかにした
③insisted:(動詞のed形)主張した
④reported:(動詞のed形)報告した

STEP.2
穴埋め部分には「動詞のed形」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「his friends (   ) that he should join them」に入れる単語を選ぶ。

後半に「should(〜すべき)」があることから、③が正しそうなことが予測できます。

STEP.3
問題文を読む
Wayneはそのパーティーに行きたくなかった、/しかし、彼の友達が(  )した/彼は参加すべきだと。/彼は最終的に彼らと一緒に行くことに同意し、/結果、素晴らしい時間を過ごした。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③
(  )後の「should join」がポイントです。「参加すべき」だと「insist(主張する)した」んですね

穴埋め付近を読んで答えを予測したあと、確認のために問題文全体を読んでいくと、「パーティーに行きたくなかった、けど行くべきだと主張されて、行ってみたら楽しかった」って流れだとわかりますね

(9)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①retire:(動詞)退職する
②spoil:(動詞)をダメにする
③broadcast:(動詞)を放送する
④insert:(動詞)を挿入する

STEP.2
穴埋め部分には「動詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「many people (   ) when they are 65」に入れる単語を選ぶ。

勘の良い方であればこの時点で①が正解っぽいなと予測することができます。

STEP.3
問題文を読む
人々はかつて働くことをやめていた/彼らが60歳になったとき。/しかし、現在は多くの人々は(  )だ/彼らが65歳やそれ以上になるとき
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:①

(10)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①achieved:(動詞のed型)を達成した
②attended:(動詞のed型)に出席した
③assumed:(動詞のed型)を仮定した
④attached:(動詞のed型)を添付した

STEP.2
穴埋め部分には「動詞のed型」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「he ( ) it to an e­mail 」に入れる単語を選ぶ。

「メールに」とあるので④が正解っぽいことがこの時点でわかります。

STEP.3
問題文を読む
Paulは書類を送る時間がなかった/彼の顧客に/郵便で、/だから彼はそれをメールに(  )/そして、彼女にそれを送った
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④ 
この問題は、全文を読まなくても解ける典型的な問題です。「メールに」とくれば「attach(添付する)」が相性的にピッタリです

あと、メールは「email」で、単に「mail」だけだと「郵便、郵便物」って意味になることも大切でしたよね
そのとおり。日本語で「メール」というとeメールのことを言いますから、英語の場合とで区別が必要です

英検2級過去問解説:大問1【語彙・単語問題】(11)〜(15)

(11)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①by degrees:(熟語)次第に、段々と
②by no means:(熟語)決して〜ない
③in no time:(熟語)すぐに、即座に
④in advance:(熟語)前もって

STEP.2
穴埋め部分には「熟語」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「The match is (  ) over」に入れる語を選ぶ。

穴埋め部分だけでは確定できないので、全文を読んでいきます。

[/tl]
STEP.3
問題文を読む
A:Hannahが勝ちそうだ/このテニスの試合は。/B:試合は(まだ終わっていない)。/まだチャンスが残っている/Isabelが勝つ・
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:②
この問題の選択肢にある熟語はどれも大切なものばかりです。知らなかった熟語があったら、この機会に覚えておきましょう

(12)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①staring at:(熟語)をじっと見つめる
②laying off:(熟語)一時解雇する
③coping with:(熟語)に対処する
④throwing away:(熟語)捨てる

STEP.2
穴埋め部分には「熟語」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「She could not stop (   ) the ring because it was so beautiful」に入れる語を選ぶ。

穴埋めを含む文の「couldn’t stop 〜ing(〜を止めることができなかった)」がわかるかどうかがポイントです。

[/tl]
’STEP.3′
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:①

指輪が美しすぎて「じっと見つめずにいられなかった」てことですね

(13)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①lifted across:(熟語)を横切って持ち上げた
②poured over:(熟語)からあふれた
③handed down:(熟語)から受け継がれた
④used up:(熟語)使い尽くした

STEP.2
穴埋め部分は「熟語」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「farming techniques are (   ) from parents to children」に入れる単語を選ぶ。

「from parents to children」が決め手になります。

[/tl]
STEP.3
問題文を読む
世界の多くの地域で/農業の方法は親から子へ(  )/だから子どもたちは農場を引き継ぐことができる/彼らが成長したとき。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③
熟語や句動詞の問題は、知らなければ、消去法で選択肢を絞った上で、あとは勘で選ぶことも大事です

選択肢を絞るときは、「lift」「pour」「down」とか、含まれる単語の基本イメージから考えるのが基本ですね

(14)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①out of date:(熟語)時代遅れの
②under construction:(熟語)建設中で
③on the spot:(熟語)即座に、その場で
④in bloom:(熟語)咲いて、真っ盛りで

STEP.2
穴埋め部分には「熟語」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「They do not want to wear clothes that are (   )」に入れる単語を選ぶ。

「clothes(服)」を修飾するのにふさわしいのは①しかないな、とこの時点でわかります。

STEP.3
問題文を読む
多くの十代の若者は新しい服を着たいと思う/流行の。/彼らは服を着たくない/(  )の。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:①

「out of date(時代遅れの)」の他、「out of order(故障中)」も頻出ですので合わせて覚えておきましょう

(15)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①by far:(最上級を強めて)はるかに、断然
②too much:過度に、あまりに
③over time:時間外に
④for long:久しく

STEP.2
穴埋め部分には「副詞の複合語」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「She’s (   ) the best player」に入れる単語を選ぶ。

最上級を強める①が正解っぽいな、と予測が付きます。

STEP.3
問題文を読む
どれくらい上手に/学校のテニスチームの新メンバーはプレイしますか。/B:彼女は(  )ベストプレイヤーです/私たちのこれまでのチームにいる。/彼女はプレイするすべての試合に勝ちます。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:①

by farは、最上級と相性が良いので「by far the best」とまとまりで覚えてしまうと効率的です

英検2級過去問解説:大問1【語彙・単語問題】(16)〜(20)

(16)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①in detail:詳細に、詳しく
②for nothing:ただで、無料で
③on end:続けて、延々と
④at most:多くて、せいぜい

STEP.2
穴埋め部分は「熟語」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「 I got them (   )」に入れる単語を選ぶ。

穴埋め部分だけでは確定できないので、全文を読んでいきます

STEP.3
問題文を読む
A:Sally、私はあなたに言いました/お金を無駄にしないように/エナジードリンクに。B:でもお母さん、/わたしはそれらを(  )手に入れました。/ある会社がそれらを人々にあげていました/道で/新しい商品を宣伝するために。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:②
この問題は(  )の後ろがポイントです。「宣伝のために道で配っていた」んですよね。「無料(for nothing)で」

(17)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①come down:降りる、降りてくる
②bring out:持ち出す
③go by:通り過ぎる
④carry on:続ける

STEP.2
穴埋め部分は「熟語」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「she went outside to (   ) the conversation」に入れる単語を選ぶ。

「the conversation(その会話)」を目的語にとるのは、④「続ける」がふさわしいだろうと、この時点で予測がつきます。

STEP.3
問題文を読む
Claraの父は彼女に電話をした/彼女が図書館にいたとき。/彼女は電話に出たが/その後外に出た/会話を(  )するために。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④
「図書館にいる」Claraに電話がかかってきて、話をするために「外へ出た」という情景を思い浮かべたい問題ですね

図書館は静かな場所だから、「迷惑にならないように」外に出たってことですね

(18)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①to know
②knowing
③being knowing
④having knowing

STEP.2
動詞の適切な形を選ぶ問題であることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「Do you
happen(  )anyone who」に入れる単語を選ぶ。

動詞の型の知識を問われている、とわかることがまず大事。

STEP.3
問題文を読む
A:私は、もうこのソファは必要ありません。/あなたは、これを欲しがっている人を(   )B:はい、実は、私がもらいたいです
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:① 
「happen to 〜」で、「たまたま〜」という意味になります。

この問題では「happen to know」となって、「ソファを欲しがってる人を知ってたりしない?」というニュアンスになります

(19)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①it
②this
③what
④which

STEP.2
穴埋め部分には、代名詞が入るとわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「Michelle found (   ) surprising」に入れる単語を選ぶ。

「found(findの過去形)」と(  )のうしろに「surprising」があることから、第5文型の形式目的語「it」の文がくるかな、とピンときたい問題です。

STEP.3
問題文を読む
Michellは驚いた/トムが一度も映画「The king of Jewels」を見たことがないことに。/その映画は非常に人気があり、/彼女の他の友だちはすでにそれを見ていた。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:①
この問題がわからなかった人は、「make it possible」や「find it difficult」など第5文型の形式目的語をとる文法を復習しておいてください

(20)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①more
②than
③as
④too
STEP.2
穴埋め部分は文法問題だとわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「twice(  )large as」に入れる単語を選ぶ。

「倍数表現+as〜as A」の並びを見て「Aの何倍」の表現を思い出せるかどうかがポイントです。

STEP.3
問題文を読む
Danの新しい家は二倍の大きさだ/前の家の。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③

「倍数表現+as〜as A」は比較の単元での重要表現です。必ず覚えておきましょう
英検2級合格の目安は、正解率60%程度といわれています。
語彙問題でいうと、全20問中12問は正解したいところです。がんばりましょう!