<NEW>過去問の解説はこちら

【英検準1級の過去問解説】大問1:語彙・単語問題編(2020年度第2回)

英検過去問徹底解説

こんにちは。Tomoです。

今回は、英検準1級の過去問徹底解説シリーズ大問1「語彙・単語問題」編です。

待ってました!

英検の語彙問題では、解く際の流れを自分のモノにすることで、

  • 正確に解くことに加え
  • 時間の短縮

が可能になります。

英検準1級の語彙・単語問題の解き方のコツなどは以下の記事でくわしく解説していますのでまだ読んでいない方は先にご覧ください

>>>英検準1級「語彙問題」の勉強法を徹底解説

やみくもに過去問に取り組む前に、まずは解き方のコツを知ってください


上記の記事で、解き方について学んだら、いよいよ過去問の演習に入りましょう。

思考の流れに沿ってくわしく解説していきますよ!

過去問の入手方法英検の公式サイトからダウンロードできます。
2020年度第1回問題冊子をクリックして入手してください。

一緒にがんばりましょー

英検準1級過去問解説:大問1【語彙・単語問題】(1)〜(5)

(1)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①obedient:(形容詞)従順な
②immense:(形容詞)広大な、巨大な
③squeaky:(形容詞)キーキーいう、鳴る
④wretched:(形容詞)哀れな、嫌な感じの
STEP.2
穴埋め部分には「形容詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。
「as(  )as yours」に入れる単語を選ぶ。
(  )部分だけでは答えを確定できないので、問題文全文を読んでいきます。

STEP.3
問題文を読む
A:だったらいいのになあ/私の子供たちが、あなたの子供たちと同じくらい(  )だったら。B:彼らはしてるだけだよ/私が彼らに言ったことだけを/なぜならあなたがここにいるから。/普段はまったく注意を払わないよ。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:① 
英検の語彙問題は、空欄(  )の前後を読むだけで、正しい答えの当たりをつけることができることが多いですが、この問題は全文読んで、文脈から選ばないといけない問題でした。

ただ傾向として、こういう文脈で解く問題は、問題文自体はそれほど難しくないことが多いです。焦らず読みましょう

今回の問題だと、「自分の子供もあなたの子供みたいだったらいいのになぁ」って言ってて、それに対して「それは今あなたがここにいるからだよ。普段はぜんぜんそんなことないよ」って言ってるんですよね。答えは「従順」だったらいいのに、の①ですね

(2)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①terminate:(動詞)終結させる
②elaborate:(動詞)詳しく論じる、を作り上げる
③dedicate:(動詞)捧げる、専念する
④activate:(動詞)作動する、活性化する

STEP.2
穴埋め部分には「動詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「she refused to(  )」に入れる単語を選ぶ。

「何を断ったのかな」という視点で問題文を読んでいきます。

STEP.3
問題文を読む
その政治家はごく簡単な返事をした/そのリポーターの質問に/スキャンダルについての。/そのリポーターはもっと詳しい内容を彼女に質問したが/彼女は(  )を拒否した。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:② 
準1級レベルになると、複数の意味をもつ単語が選択肢にでてきて、かつ、一般的な意味でない(単語帳の一番初めに出てくる意味ではない)単語が正解になったりもします。

今回の「elaborate」もそうですよね〜
はい。「elaborate」は「手の込んだ、精巧な」といった形容詞で覚えている方も多かったと思いますが、この問題では動詞で「詳しく論じる」というちょっとマイナーな意味で使われています

単語問題は、わからないものは分からないと割り切って、サクサクすすめることも、合格の確率を高める大切な方法です

(3)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①:reign(名詞)統治期間、支配
②trace:(名詞)形跡、足跡
③slump:(名詞)不況、暴落
④chore:(名詞)雑用、毎日の仕事

STEP.2
穴埋め部分には「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「Queen Elizabeth I’s (   ) lasted」に入れる単語を選ぶ。

「エリザベス女王1世の(  )」とあるので、この時点で①が正解だろうと予測がつきます。

STEP.3
問題文を読む
エリザベス女王1世の(  )は続いた/1558年から1603年まで。/この長い期間の統治は役立った/政治的安定性を生み出すのに/イギリスにおける。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:①
単語・語彙問題でも、問題文は前から順に読み下していく方法をマスターしてください

前から読み下していく方法としては、このサイトでも採用している「スラッシュ読み」が有効ですね

(4)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①compensated:(動詞のed形)補償した、埋め合わせた
②deployed:(動詞のed形)配置した、展開した
③amended:(動詞のed形)修正した、改正した
④worshipped:(動詞のed形)崇拝した

STEP.2
穴埋め部分には「動詞のed形」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「the mining company(  )their families」に入れる単語を選ぶ。

「mining company(採炭会社)」と「their family」から、勘の良い方であれば①がしっくりきそうだなと予測がつきます

STEP.3
問題文を読む
多数の鉱夫が亡くなったあと/事故で、/その採炭会社は(  )した/彼らの家族に。/お金の量ではしかし、/置き換えることはできなかった/失われた彼らの命は。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:① 
穴埋め部分前後にある「mining company(採炭会社)」と「their family」から、「①補償する(compensate)」が正しそうなことを予測して、問題文を読んでいくと「accident」が目に入ります。この時点でほぼ①で確定だと確信することができます

(5)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①compulsive:(形容詞)衝動的な
②dependent:(形容詞)頼っている、依存している
③reputable:(形容詞)評判の良い、信頼できる
④fertile:(形容詞)肥沃な、繁殖力の強い

STEP.2
穴埋め部分には「形容詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「it is important to find a(  )dealer」に入れる単語を選ぶ。

この時点で「信頼できるディーラー(販売業者)」となる③が正解だろうと予測がつきます。

STEP.3
問題文を読む
中古車を買うとき、/見つけることが重要だ/(  )なディーラーを。/ディーラーがあなたを騙すのは簡単だ/もしあなたが車についてよく知らなければ。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③ 

英検準1級過去問解説:大問1【語彙・単語問題】(6)〜(10)

(6)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①densely:(副詞)密集して、濃く
②remarkably:(副詞)目立って、著しく
③charitably:(副詞)慈善的に、寛容に
④inevitably:(副詞)必然的に、必ず

STEP.2
穴埋め部分には「副詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「There will(  )be some problems on the first day」に入れる単語を選ぶ。

「最初の日にいくつかの問題は(避けられない)」となる④が正しそうだと、この時点で予測がつきます

STEP.3
問題文を読む
A:全ては準備できていますか/レストランのグランドオープニングの/明日の。/B:そう思ってます。/初日にいくつかの問題があるのは(  )、/だけど大きな問題がなければいいなと思います。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④ 
英検準1級というレベルの高い試験であっても、穴埋め部分(  )の前後を読むだけで、正しい選択肢の当たりをつけることができることが分かっていただけると思います

(7)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①evade:(動詞)を避ける
②revoke:(動詞)を無効にする
③commend:(動詞)を称賛する
④seclude:(動詞)を隔離する、遮断する

STEP.2
穴埋め部分には「動詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「was given a special medal to(  )him for the bravery」に入れる単語を選ぶ。

何に対して「special medal」が与えれたのか、と考えるとこの時点で③が正解だろうと予測がつきます

STEP.3
問題文を読む
その兵士は特別なメダルを与えられた/彼の勇気を(  )して/彼が戦いの間に見せた。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③ 

(8)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①circumstance:(名詞)状況、事情
②sentiment:(名詞)感情、意見
③appliance:(名詞)器具、部品
④submission:(名詞)提出物、服従

STEP.2
穴埋め部分には「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「Takeshi’s(  )to his school’s science competition」に入れる単語を選ぶ。

学校の科学コンテストへの「何か」と考えれば、提出物の意味がある④が正解だろうと予測がつきます

STEP.3
問題文を読む
タケシの(  )は/学校の科学コンテストへの、/ゴミを拾うロボットだった。/彼がそこに入ったとき、彼は自分が勝つだろうと自信があった。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④ 

「submission」は「submit(提出する)」の名詞形ですよね
「submit」は「提出する」、の他に「人を〜に服従させる(submit 人 to〜)」の意味も重要です

(9)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①corruption:(名詞)腐敗、汚職
②evaluation:(名詞)評価
③justification:(名詞)正当な理由、弁明
④devastation:(名詞)破壊、壊滅

STEP.2
穴埋め部分には「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「After viewing the(  )caused by the hurricane」に入れる単語を選ぶ。

「ハリケーンによって引き起こされた」なので、④が正解だろうとこの時点でわかります

STEP.3
問題文を読む
ハリケーンによって引き起こされた(  )を見たあと、/大統領は政府の援助を約束した/影響を受けたエリアを復興するために。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④ 
解答時間短縮のためにも、(  )前後の意味から、答えを予測する能力はとても重要になります

たしかに、この問題なんて
「caused by the hurricane」からは、組み合わせ的に「devastation(破壊)」しかあり得ないって感じがしますね〜

(10)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①underlying:(形容詞)根底にある、根本的な
②hoarse:(形容詞)しわがれた
③alternate:(形容詞)興奮した、熱狂的な
④miniature:(形容詞)小型の、ミニチュアの

STEP.2
穴埋め部分には「形容詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「one of the(  )causes of heart disease」に入れる単語を選ぶ。

心臓病のどんな原因の1つなのか、と考えればこの時点で①が正解だとわかります

STEP.3
問題文を読む
研究は示しているので/粗末な(栄養の低い)食事は心臓病を引き起こす(  )な原因の1つであると、/政府は言っている/もっと人々に伝えるべきだと/健康的な食べ方を。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:① 
もし、わからない単語ばかりが並んでいたら、最低限の選択肢を切って、勘で選びましょう!語彙問題は、「分からないものはわからない」世界だと理解することも大事です

英検準1級過去問解説:大問1【語彙・単語問題】(11)〜(15)

(11)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①disclosure:(名詞)暴露、開示
②concession:(名詞)譲歩
③depot:(名詞)倉庫、駅
④showdown:(名詞)対決、天王山

STEP.2
穴埋め部分には「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「5 percent pay increase as a(  )」に入れる単語を選ぶ。

「5%の賃上げ」と相性がよさそうなのは②ぐらいだな、と予測がつけられると理想的です

STEP.3
問題文を読む
経営陣は同意した/労働者に5%の賃上げをすることを/(  )として、/しかし、彼らがストライキをすぐに終わらせた場合に限り。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:② 
only if〜(〜の場合に限り)」の意味を知らなくても、「concession(譲歩)」の意味を知っていれば、文の流れから正解が選べる問題です

(12)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①discard:(動詞)処分する、見捨てる
②formulate:(動詞)練り上げる、公式化する
③displace:(動詞)に取って代わる
④illuminate:(動詞)照らし出す、明るくする
STEP.2
穴埋め部分には「動詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「Dr. Stamitts encourages her patients to(  )long­term goals」に入れる単語を選ぶ。

Dr.が「long-term goal」を「encourage」する、という流れから「(計画などを)練り上げる」が正解っぽいと予測ができます

STEP.3
問題文を読む
Stamitts先生は彼女の患者たちに促す/長期目標を(  )することを/減量のために。/彼女は彼らに求める/計画をたてることを/彼らが自分たちの生活を通じて従うことができる。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:②
2つ目の文に「make a plan」という同じニュアンスを表す表現が出てきますね

「formulate」に「(計画などを)練り上げる」という意味があることを知らなかった場合は、可能な限り違う選択肢を切って、消去法に持ち込みたいですね

(13)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①baseline:(名詞)基準(線)
②detention:(名詞)留置、勾留
③foresight:(名詞)先見の明
④refuge:(名詞)保護、保護地帯

STEP.2
穴埋め部分は「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「declared Greenwich Valley a wildlife(  )」に入れる単語を選ぶ。

「Greenwich Valley」を「wildlife ( )」と宣言したわけですから、④しかあてはまりそうにないことがこの時点でわかります

STEP.3
問題文を読む
その地方自治体は宣言した/Greenwich Valleyを野生保護区と。/動物の数を保護するため/いかなるハンティングも許可されない/このエリアでの。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④
「refuge」は保護、保護区といった意味です

「refugee(難民)」とスペルが似ていて紛らわしいですね

(14)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①lawfully:(副詞)合法的な、適法の
②stealthily:(副詞)こっそりと
③dreadfully:(副詞)ひどく、恐ろしく
④invariably:(副詞)いつも、必ず

STEP.2
穴埋め部分には「副詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「he(  )spends more than he planned to」に入れる単語を選ぶ。

「計画していた以上にお金を使ってしまう」を修飾する言葉としては④が一番適切かなと予測ができます。

STEP.3
問題文を読む
Garyは買い物に行くと/(  )計画していた以上にお金を使ってしまう。/彼は自分自身を止めることができない/彼がお金を節約しようと努めていても。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④ 

「invariably」は「vary(変わる、異なる)」「variable(変わりやすい、変えられる)」に、否定を表す接頭語「in」を加えた形「invariably(変わることなく、いつも)」です

(15)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①unanimous:(形容詞)満場一致の
②insane:(形容詞)正気と思えない
③crisp:(形容詞)パリパリした
④rash:(形容詞)軽率な

STEP.2
穴埋め部分は「形容詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「nearly(  )」に入れる単語を選ぶ。

nearlyとの相性がよいのは①しかないことがこの時点でわかります。

STEP.3
問題文を読む
その委員会の決定は/その若い科学者に賞を与えるという/ほぼ満場一致だった。/8人のメンバーのうちたった1人だけがそれに反対票を投じた。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:①

英検準1級過去問解説:大問1【語彙・単語問題】(16)〜(20)

(16)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①magnifying:(動詞のing形)拡大する、誇張する
②assessing:(動詞のing形)評価する、査定する
③overdoing:(動詞のing形)し過ぎる、やりすぎる
④encasing:(動詞のing形)をケースに入れる

STEP.2
穴埋め部分は「動詞のing形」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「experts began(  )the extent of the damage」に入れる単語を選ぶ。

「専門家がdamage(損害)のextent(程度)」を何するか、とくれば「査定・評価する」の②が正解だろうと予測できます

STEP.3
問題文を読む
地震の後、/専門家は建物への損害の程度を(  )し始めた。/彼らはレポートを発表した/どの建物は使い続けても安全かという。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:②
この問題は最初の1文だけで答えが出せます。2文目は念のため確認でざっと目を通す程度にして、時間の短縮を図りたいところです

(17)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①collage:(名詞)コラージュ(絵画の技法)
②accordance:(名詞)一致、合致
③privilege:(名詞)特権、特典
④clutter:(名詞)散らかった山、雑然

STEP.2
穴埋め部分は「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「what about all that(  )on your desk」に入れる単語を選ぶ。

「on your desk」ですから、①か④のどちらかかな、と選択肢を絞れます。

STEP.3
問題文を読む
A:私は部屋の掃除を終えました、お父さん/B:良くなったね/でも机の上の(  )は?/それらをしまいなさい/引き出しに・

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④

(18)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①outgoing:(形容詞)社交的な
②cheery:(形容詞)明るい、陽気な
③sober:(形容詞)酒に酔っていない、しらふの
④unstable:(形容詞)不安定な

STEP.2
穴埋め部分には「形容詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「stop drivers and make sure they were(  )」に入れる単語を選ぶ。

「ドライバーを止めて、何かを確かめる」とくれば③しかありません。

STEP.3
問題文を読む
飲酒運転の防止キャンペーンの一部として、/警察はチェックポイントを設置した/休日に/運転手を止めて、彼らが(  )であることを確認するために。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③ 

身も蓋もないですけど、この問題は「sober(酒に酔っていない、しらふの)」を知っていれば瞬殺でしたね

(19)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①transplant:(動詞)を移植する、移動させる
②conceal:(動詞)を隠す
③interact:(動詞)交流する
④soak:(動詞)浸す

STEP.2
穴埋め部分には「動詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「Sheila decided to(  )them to another part of the garden」に入れる単語を選ぶ。

「another part of the garden(庭の他の場所へ)」から、①が相性が良さそうだと予測がつきます。

STEP.3
問題文を読む
そのバラはよく育たなかった/だから、Sheilaは決めた/それらを庭の他の場所へ(  )することを。/彼女は望んだ/それらがよく育ったらなぁと/もっと日が当たったら。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:①
 
準1級を受験する皆さんなら、問題文の意味はおおよそ理解できたと思います。

あとはtransplantの意味を知っていたかいないか、ですね

(20)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①obsessed:(形容詞)取り憑かれた
②spontaneous:(形容詞)自然に起こる、自発的な
③cowardly:(形容詞)臆病な、卑怯な
④verbal:(形容詞)言葉の、口頭の

STEP.2
穴埋め部分は「形容詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「Jake has become(  )with his new video game」に入れる単語を選ぶ。

この問題は空欄が問題文のかなり前半にあるので、頭から読んでいってしまう方が効率的です

STEP.3
問題文を読む
Jakeは新しいテレビゲームに(  )になった。/彼の両親は心配した/なぜなら、彼は彼のすべての時間をゲームに費やしているからだ/勉強ではなく。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:①
「obsessed(取り憑かれた、頭から離れない)」とあわせて、「obsession(執着、妄想)」も覚えておきましょう

英検準1級過去問解説:大問1【語彙・単語問題】(21)〜(25)

(21)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①hurdle:(名詞)障害、困難
②slot:(名詞)小穴、硬貨挿入口
③anthem:(名詞)賛歌、応援歌
④dock:(名詞)ドック、船荷の積込み場

STEP.2
穴埋め部分には「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「all ships are checked at the(  )」に入れる単語を選ぶ。

「dock」の意味さえ知っていれば④しかあり得ないとこの時点で確定できます

STEP.3
問題文を読む
不法な品の輸入を防ぐため、/すべての船は(  )でチェックされる/貨物が降ろされる前に。
  
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④ 
準1級の語彙問題は、もちろん文脈から判断して選ばなければいけない問題もありますが、じつは単語さえ知っていれば解ける問題も多くあります

結局、単語力勝負ってことなんですね…

(22)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①went at:(熟語go at)を攻撃する
②fell over:(熟語fall over)倒れる、転ぶ
③held off:(熟語hold off)寄せ付けない、阻止する
④picked through:(熟語pick through)選別する、調べる

STEP.2
穴埋め部分には「熟語」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「the two fighters immediately(  )it 」に入れる単語を選ぶ。

熟語の問題は、知らなければ深追いせず、可能な限り選択肢を切ったら、あとは「勘」で選ぶのも大切なタイムマネジメントです。

STEP.3
問題文を読む
そのボクシングの試合が始まったとき、/その二人の選手はすぐに(  )/全力で。/試合が進むにつれて、しかし/彼らはどちらも疲れた。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:① 
「熟語対策」は効率が悪いので、学習時間に余裕がなければする必要はありません。出題範囲が絞れない上に、4問程度しか出題されないというのがその理由です

わたしたちの目標は「全問正解」じゃなくて「準1級合格」ですからね

(23)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①kept ahead of:(熟語keep ahead of)先を行く、先んじる
②lined up for:(熟語line up for)〜のために行列する、並ぶ
③met up with:(熟語meet up with)人と会う、集まる
④made off with:(熟語make off with)を持ち去る、奪い去る

STEP.2
穴埋め部分には「熟語」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。

STEP.3
問題文を読む
:昨夜、/泥棒たちは市の最も大きな美術館に侵入し、/絵画を(  )した/1500万ドル以上する。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④ 
準1級を受けるあなたのレベルなら、問題文の意味は分かると思います。あとは、選択肢の中から文意に合う物を選ぶわけですが、ポイントは単語や前置詞のコアイメージ(核となるイメージ)から、明らかに違う選択肢を消去したり、正しそうな選択肢を選んだりすることです

この問題で言えば、④「made off with」の「off」は「離れる」動きを表すので、美術館から絵画を持ち去るイメージと一致するとピンときたいところですね

(24)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①sell out(熟語)売り切る、売り尽くす
②buy into(熟語)の株を買う
③attend to(熟語)注意を払う、面倒を見る
④slip on(熟語)を素早く身につける

STEP.2
穴埋め部分には「熟語」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「he could not(  )all of his clients’ needs」

自分のクライエントのニーズに〜できなかった、という文脈だということがわかります。

STEP.3
問題文を読む
Craigのコンサルティングビジネスは急に成長した。/彼はすぐに分かった/彼自身ではクライエントのニーズすべてに(  )できないと、/だから彼はアシスタントを雇った。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③ 

③「attend to」の「attend」は「出席する」の動詞が一番メジャーな意味ですけど、「attention(注意、注目)」の名詞を思い出せたら、この問題を解く大きなヒントになりますね
準1級の熟語は、範囲も漠然としていて対策が難しいので、もっている知識や単語のコアイメージを総動員して選んでいくことが重要です

(25)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①shape up(熟語)襟を正す、節度を守る
②brush off(熟語)払いのける、払い落とす
③fall through(熟語)失敗に終わる
④make do(熟語)間に合わせる、済ます

STEP.2
穴埋め部分には「熟語」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。

STEP.3
問題文を読む
Lexはほとんど毎日仕事に遅れてきた、/だから彼の上司はついに言った/もし(  )しなかったら、解雇すると。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:① 
熟語問題は、選択肢すべての意味がわかることはなかなかないと思います。なので文脈から判断して、いかに消去法で確率を上げていけるかが重要なテクニックです

この問題も、( )部分は「〜できなかったら、解雇される」という流れだから、〜にはプラスの意味の言葉が入ることがわかりますもんね。

その視点で選択肢を見ると、②のoffとか、③のfallとかってマイナスのイメージがあるから違うかなって予測がつきますね
英検準1級合格の目安は、正解率60〜70%程度といわれています。
語彙問題でいうと、全25問中17〜18問は正解したいところです。がんばりましょう!