<NEW>過去問の解説はこちら

【英検2級過去問徹底解説】大問1:語彙・単語問題編(2020年度第3回)

英検過去問徹底解説

こんにちは。Tomoです。

今回は、英検2級の過去問徹底解説シリーズ2020年第3回・大問1「語彙・単語問題」編です。

待ってました!

英検の語彙問題では、解く際の流れを自分のモノにすることで、

  • 正確に解くことに加え
  • 時間の短縮

が可能になります。

英検2級の語彙・単語問題の解き方のコツなどは以下の記事でくわしく解説していますのでまだ読んでいない方は先にご覧ください

>>>英検2級「語彙問題」の勉強法を徹底解説

やみくもに過去問に取り組む前に、まずは解き方のコツを知ってください


上記の記事で、解き方について学んだら、いよいよ過去問の演習に入りましょう。

思考の流れに沿ってくわしく解説していきますよ!

過去問の入手方法英検の公式サイトからダウンロードできます。
2020年度第3回問題冊子をクリックして入手してください。

一緒にがんばりましょー

英検2級過去問解説:大問1【語彙・単語問題】(1)〜(5)

(1)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①marine:(形容詞)海の、海に住む
②amusing:(形容詞)おもしろい
③native:(形容詞)自国の、出身の
④silent:(形容詞)静かな、無口な

STEP.2
穴埋め部分には「形容詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「some really (   ) stories」に入れる単語を選ぶ。

この時点で、②が一番自然かな、と予測ができますが、決め手に欠けるので問題文を最初から読んでいきます。

STEP.3
問題文を読む
A:のように見えました/あなたがパーティを楽しんでいたように。/私はあなたが笑っているのを見ました/たくさん。/B:はい、Rachelは話していました/いくつかの(  )話を/彼女のお父さんについての。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:②
POINT語彙・単語問題も、先に選択肢にザっと目を通すことで、短時間で正答率が上がります。
こういった
解き方のコツは以下の記事でまとめていますので、この方法をマスターしてから過去問にすすむのが効果的です。
>>>英検2級「語彙問題」の勉強法を徹底解説

(2)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①seriously:(副詞)真剣に
②instantly:(副詞)すぐに、瞬時に
③currently:(副詞)現在は、今のところ
④especially:(副詞)特に

STEP.2
穴埋め部分には「副詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「We (  ) have 30 employees」に入れる単語を選ぶ。

穴埋めの前後を読むだけで、③が一番しっくりくることが分かります。

STEP.3
問題文を読む
A:何人の人が働いていますか/あなたの会社で、Sewardさん。/B:わたしたちには(  )/30人の従業員がいます/しかし、私たちは計画しています/さらに5人を雇うことを/年末に。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③ 

( )の前後を読むだけで、けっこう正しい選択肢が選べちゃうんですね
そう。( )前後を読んで答えの当たりをつけて→問題文全文を読んで→当たりをつけていた答えが正しいかを確認する、というのが一番効率的な解き方です

(3)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①utilized:(動詞のed形)利用する(利用した)
②satisfied:(動詞のed形)満足させる(満足した)
③flavored:(動詞のed形)風味を添える(風味づけされた)
④reflected:(動詞のed形)反映する(反映された)

STEP.2
穴埋め部分には「動詞のed形」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「should be (  ) for school projects or homework」に入れる単語を選ぶ。

「for school projects or homework」との組み合わせとしては、①利用する(される)ぐらいしか当てはまらないことがこの時点でわかります。

STEP.3
問題文を読む
そのコンピュータは/図書館の/(  )されるべきである/学校のプロジェクトや宿題に。/生徒たちは許可されていない/それらを使うことを/ゲームをしたり、ビデオを見たりすることに/インターネットで。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:① 
たとえば、あなたが④reflectedの意味がわからなくても、その他の選択肢で問題文に合うものがあれば、それを選んで先に進みましょう

英検2級のリーディングには英作文もあるし、「知らない単語は知らない」って割り切ることも大事ってことですね

(4)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①conservation:(名詞)保護、保存、維持
②publication:(名詞)出版、発行
③revolution:(名詞)革命
④ambition:(名詞)野心、大望

STEP.2
穴埋め部分には「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「water(  )has become a big concern」に入れる単語を選ぶ。

「water」と組み合わせて、意味が通りそうな選択肢は①保護しかありません。①が正解だろうと、この時点でわかります。

STEP.3
問題文を読む
Franklinシティでは/水の(  )が大きな懸念になっている。/その町は人々に頼んでいる/できるかぎり少ない水を使うよう。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:①

(5)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①duties:(名詞)義務
②narrations:(名詞)物語ること、ナレーション
③witnesses:(名詞)目撃者
④elements:(名詞)要素、元素

STEP.2
穴埋め部分には「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「students learn the names of the(  )」に入れる単語を選ぶ。

この時点では確定はできませんが、「learn the names(名前を学ぶ)」なので、②や③はおかしいな、ということはわかります。

STEP.3
問題文を読む
理科の授業で/生徒たちは学んだ/(  )の名前を/自然の中でみつけられる。彼らは知らなければならない/CO2は炭素と酸素からできていることを。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④
「science class」や「CO2」などの単語から、④elements(要素、元素)以外の選択肢はありえない、とわかりたい問題です

英検2級過去問解説:大問1【語彙・単語問題】(6)〜(10)

(6)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①rating:(名詞)評価、見積もり
②sense:(名詞)思慮、感覚
③basis:(名詞)基礎、原理、基準
④charge:(名詞)料金、責任

STEP.2
穴埋め部分には「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「on a part­-time(  )」に入れる単語を選ぶ。

「on」や「part-time」との組み合わせで相性がいいのは…と考えると、勘のいい方は③かなと予測がつきます

STEP.3
問題文を読む
Susanは結婚したあと、/彼女は働き続けることを選んだ/同じ会社で、/ただし、パートタイム(  )で。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③ 
「on a 〜 basis」で、「〜で、ベースで」という意味になる熟語的な表現だと知っている方は、瞬殺できたと思います

そういえば「on a regular basis(定期的に)」とかって、よく見ますね

(7)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①mysteries:(名詞)謎、不可解なもの
②detectives:(名詞)刑事
③compliments:(名詞)褒め言葉
④structures:(名詞)構造

STEP.2
穴埋め部分には「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「I got a lot of(  )」に入れる単語を選ぶ。

この時点で、勘のいい方であれば③ぐらいしか当てはまるものがないことがわかります

STEP.3
問題文を読む
A:人々は/アートショーで/あなたの絵を気に入っていましたか。/B:はい、わたしはたくさんの(  )をもらいました。/一人は言いました/それらはもっとも美しい絵だったと/彼が長い間見た中で
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③ 

この問題も穴埋め部分の前後をみるだけで、正解の予測がつく問題でしたね
はい。ザッと選択肢を見て「意味」と「品詞」を確認して、穴埋め部分を読んで(この時点で正解の予測がつくことも多い)、問題文全体を読んで正解を確定させる、の手順をマスターすることで短時間で正確に、答えを選ぶことが可能になりますよ

こういった解き方のコツは以下の記事でくわしく解説しています。
>>>英検2級「語彙問題」の勉強法を徹底解説

(8)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①vary:(動詞)変わる
②navigate:(動詞)操縦する、誘導する
③pause:(動詞)止める、小休止する
④struggle:(動詞)奮闘する

STEP.2
穴埋め部分には「動詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「the prices (  ) 」に入れる単語を選ぶ。

「the prices(価格)」という無生物が主語になるので、①以外の動詞はあてはまらないことがこの時点でわかります。

STEP.3
問題文を読む
A:それはどれくらいお金がかかりますか/ドバイへの旅は。/B:ええと、価格は(  )。/それらは高くなり/正月休みの間は/だが、ずっと安い/それ以外の時期は。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:①
主語が「the prices(価格)」という無生物なので、②「誘導する」や③「小休止する」、④「奮闘する」などは絶対にあてはまらないってわかりますよね

「価格が誘導する」って意味分かんないですもんね…

(9)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①publishes:(動詞)出版する
②divides:(動詞)分ける、分割する
③scratches:(動詞)ひっかく
④attaches:(動詞)付ける、貼り付ける

STEP.2
穴埋め部分には「動詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「Karen(  )her time」に入れる単語を選ぶ。

勘の良い方であればこの時点で②が正解っぽいなと予測することができます。

STEP.3
問題文を読む
カレンは彼女の時間を(  )する/銀行で働くことと/子供の世話をすることに。/彼女はもっと多くの時間を過ごしたい/家で、/しかし、彼女はお金も稼ぐ必要がある。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:②
「divide」に関しては、「divide A into B(AをBに分ける)」もとても重要ですので覚えておきましょう

(10)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①distinguish:(動詞)を区別する、識別する
②confirm:(動詞)を確認する
③promote:(動詞)を促進する、振興する
④govern:(動詞)を治める、統治する

STEP.2
穴埋め部分には「動詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「call the hotel to(  )my reservation」に入れる単語を選ぶ。

「hotel」「reservation」などから②が正解っぽいとこの時点でわかります。

STEP.3
問題文を読む
A:ケビン、あなたはホテルに電話しましたか/(  )するために/私の予約を/明日の。B:はい、ハリスさん。/彼らは言いました/あなたはチェックインできると/いつでも/2時以降なら。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:② 
この問題は、全文を読まなくても解ける典型的な問題です。「ホテルに電話」「予約」とくれば「confirm(確認する)」です

海外のホテルを予約すると、泊まる数日前に「Confirmation of reservation(ご予約の確認)」ってメールが届いたりしますね

英検2級過去問解説:大問1【語彙・単語問題】(11)〜(15)

(11)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①behind its back:(熟語)(behind one’s backで)に隠れてこそこそと
②against its will:(熟語)(against one’s willで)の意に反して、不本意ながら
③at its best:(熟語)(at one’s bestで)最高の状態で、絶好調で
④in its opinion:(熟語)(in one’s opinionで)の考えでは

STEP.2
穴埋め部分には「熟語」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「Kyoto is (  ) then」に入れる語を選ぶ。

選択肢の熟語の意味がおぼろげにでもわかれば、③っぽいなということがこの時点で予測できます。

[/tl]
STEP.3
問題文を読む
A:私は京都を訪れることを考えています/8月に。/B:本当に?/あなたは待つべきだ/11月まで。/京都は(  )、そのとき。/気候は涼しく、紅葉は美しい色です。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③
熟語問題といっても、この問題に関しては穴埋め部分以外(特にBの人の発言)を読めば③しか当てはまりそうにないことがわかるはずです

(12)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①in a series:(熟語)連続して、系列をなして
②for a living:(熟語)生活のために
③at any moment:(熟語)今にも、もうすぐ
④to some extent:(熟語)ある程度

STEP.2
穴埋め部分には「熟語」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「She could be here (   )」に入れる語を選ぶ。

穴埋め部分の前後のみでは答えを確定できないので、問題文全文を読んでいきます。

[/tl]
STEP.3
問題文を読む
A:Stevenおじさんはいつ到着する予定ですか。B:彼は(  )ここに来る可能性があります、/だから着替えに行ってください。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③
「at any moment」で「もうすぐ、今にも」という意味です

他の選択肢も、「for a living(生活のために)」「to some extent(ある程度)」なんかは、大事な熟語ですね

(13)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①dug up:(熟語)掘り起こした(dig upの過去形)
②came to:(熟語)(come to an endで)途切れる、終わる
③took over:(熟語)引き継いた
④fell on:(熟語)倒れた、落ちた

STEP.2
穴埋め部分は「熟語」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「she was very sad when it(  )an end.」に入れる単語を選ぶ。

穴埋め部分の後ろ「an end」を見て、②が正解だとこの時点でわかります。

[/tl]
STEP.3
問題文を読む
サラは夏の旅行を過ごしました/ヨーロッパで/友達たちと。/それはとても楽しかった/なので、彼女はとても寂しかった/それが終わったとき。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:②
熟語や句動詞の問題は、知らなければ、消去法で選択肢を絞った上で、あとは勘で選ぶことも大事です

わたしたちの目的は全問正解じゃなくて、「2級合格」ですもんね
2級合格の基準は明確には示されていませんが、6割以上がひとつの目安と言われています

(14)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①under:(前置詞)
②in:(前置詞)
③on:(前置詞)
④beyond:(前置詞)

STEP.2
穴埋め部分には「前置詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「to decide (  ) a university」に入れる単語を選ぶ。

「decide」は後ろに「on」をつけて「〜を決める」という意味を表すことができます。

STEP.3
問題文を読む
それはむずかしい/多くの生徒が決めることは/大学を/高校卒業後に入る。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③

「decide」は「decide to〜(〜することを決める)」の使い方が広く知られていますが、「decide on 名詞」で「〜(名詞)を決める」という意味を表すことができます

(15)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①up and down:上下に、行ったり来たり
②now and then:時々
③all the way:はるばる
④not at all:少しも〜ない、どういたしまして

STEP.2
穴埋め部分には「副詞の複合語」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「she only does it(  )」に入れる単語を選ぶ。

STEP.3
問題文を読む
ワカコは少女だったとき、/彼女はバレエをやっていた/毎日。/最近、/彼女はそれを時々しかしない/なぜなら、彼女はとても忙しいから。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:②
now and then」で「ときどき」となります。今回の問題の選択肢では③の「all the way(はるばる)」も重要です

英検2級過去問解説:大問1【語彙・単語問題】(16)〜(20)

(16)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①above all else:とりわけ、何にもまして
②out of place:場違いで、置き違えて
③at a distance:離れて
④on the go:動き回って、出張で

STEP.2
穴埋め部分は「熟語」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「 he is always (   )」に入れる単語を選ぶ。

穴埋め部分だけでは確定できないので、全文を読んでいきます

STEP.3
問題文を読む
Victorは彼の新しい仕事が好きだ/なぜなら、かれはいつも(  )だから。/彼はタクシー、電車、飛行機を使う/毎日/クライアントを訪問するために/国中。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④

(17)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①ashamed of:〜を恥じて
②rid of:〜を取り除く、免れる
③accustomed to:〜に慣れている
④familiar to:〜によく知られている

STEP.2
穴埋め部分は「熟語」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「Becky was (   ) her low test scores」に入れる単語を選ぶ。

「her low test scores(テストの低い点)」をとって①「恥じている」が、正しそうだとこの時点で予測がつきます。

STEP.3
問題文を読む
ベッキーは低いテストの点を(  )した、/だから、彼女は話したくなかった/友だち誰にも/大学の/金曜日に。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:①
選択肢④の「familiar to」は「be familiar to〜」で「〜によく知られている」という意味になります。

えっと、、「be familiar with〜」もなんか意味ありませんでしたっけ?
そうだね、大事な部分なのでまとめておこう

POINT

(人)be familiar with(モノ):(人)が(モノ)をよく知っている(精通している)

(モノ)be familiar to(人):(モノ)が(人)によく知られている

(18)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①has said
②says
③is saying
④is said

STEP.2
動詞の適切な形を選ぶ問題であることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「Breakfast(  )to be the most important」meal」に入れる単語を選ぶ。

「Breakfast(朝食)」という無生物が主語なので、「Breakfast says(朝食が言う)」などの形はおかしいことがわかります。

STEP.3
問題文を読む
朝食は/一日でもっとも重要な食事だと(  )。/専門家は言う/それは人々にエネルギーを与える/彼らが必要とする/その日を過ごすのに。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④ 
朝食は重要な食事だと「言われている」、いわゆる受動態の形が正解になります

(19)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①that
②if
③how
④why

STEP.2
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「sing and dance so well (   ) they are so popular」に入れる単語を選ぶ。

穴埋め部分の前後だけでは正解が選べないので、問題文全文を読んでいきます。

STEP.3
問題文を読む
Bluestreet Girlsはとても上手に歌って踊るので/彼らはとても人気である/10代に。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:①
いわゆる「強調構文(It 〜 that)」が問われた問題でした。完全なる知識問題ですね

(20)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①What about
②What for
③How come
④Why not
STEP.2
穴埋め部分は文法問題だとわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「(  )cancel it」に入れる単語を選ぶ。

穴埋め部分の前後だけでは正解が選べないので、問題文全体を読んでいきます

STEP.3
問題文を読む
A:このプロジェクトはとても難しくてお金がかかるよ、Ford。/キャンセルしないの?/B:しません。/きっと多くの稼ぎをもたらすから/会社に/後々。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④
英検2級合格の目安は、正解率60%以上程度といわれています。
語彙問題でいうと、全20問中12問は正解したいところです。がんばりましょう!