<NEW>過去問の解説はこちら

【英検準1級過去問解説】2021年度第1回:リーディング全問題

英検過去問徹底解説

こんにちは。トモです。

今回は、英検準1級の過去問徹底解説シリーズ大問1「語彙・単語問題」編です。

待ってました!

英検の語彙問題では、解く際の流れを自分のモノにすることで、

  • 正確に解くことに加え
  • 時間の短縮

が可能になります。

英検準1級の語彙・単語問題の解き方のコツなどは以下の記事でくわしく解説していますのでまだ読んでいない方は先にご覧ください

>>>英検準1級「語彙問題」の勉強法を徹底解説

やみくもに過去問に取り組む前に、まずは解き方のコツを知ってください


上記の記事で、解き方について学んだら、いよいよ過去問の演習に入りましょう。

思考の流れに沿ってくわしく解説していきますよ!

過去問の入手方法英検の公式サイトからダウンロードできます。
2021年度第1回問題冊子をクリックして入手してください。

一緒にがんばりましょー

英検準1級過去問解説:大問1【語彙・単語問題】(1)〜(5)

(1)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①decisive:(形容詞)決定的な、決め手となる
②subjective:(形容詞)主観的な、個人的な
③redundant:(形容詞)余分な、不必要な、解雇されて
④distinct:(形容詞)個別の、全く異なった
STEP.2
穴埋め部分には「形容詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。
「it’s a bit (  ) in some places」に入れる単語を選ぶ。

穴埋めの前後を見るだけでは正解は確定できないので全文を読んでいきます。

STEP.3
問題文を読む
A:私に概要を見せてくれてありがとうございます/あなたのセールスプレゼンテーションの。/それは良いです、/が、少し(  )です/いくつかの部分で。/B:私は思います/私は繰り返していると/いくつかの情報を/あまりに多く。/私はその一部を取り除いてみます。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③ 
POINT語彙・単語問題も、先に選択肢にザっと目を通すことで、短時間で正答率が上がります。
こういった
解き方のコツは以下の記事でまとめていますので、この方法をマスターしてから過去問にすすむのが効果的です。
>>>英検準1級「語彙問題」の勉強法を徹底解説

(2)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①restoration:(名詞)修復
②credibility:(名詞)信頼性、確実性
③contention:(名詞)論点、主張
④probability:(名詞)見込み、可能性

STEP.2
穴埋め部分には「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「there was a low (  ) of her getting the job」に入れる単語を選ぶ。

「仕事を手に入れる低い(  )」とくれば、②も可能性はありますが、④が一番しっくりくることがこの時点でわかります。

STEP.3
問題文を読む
Lisaは面接に行った/たとえ彼女が考えていたとしても/仕事を得る(  )は低いと。/彼女が予期していたとおり、/彼女は雇われなかった。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④ 

準1級レベルであっても、穴埋め部分前後を読むだけで正解がわかる問題がけっこうあるんですね。
そう。①( )前後を読んで答えの当たりをつけて②問題文全文を読んで③当たりをつけていた答えが正しいかを確認する、というのが一番効率的な解き方です

(3)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①:indefinite(形容詞)不定の、決まっていない
②ironic:(形容詞)皮肉な
③restless:(形容詞)落ち着かない、休めない
④superficial:(形容詞)表面的な、うわべの

STEP.2
穴埋め部分には「形容詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「It is sadly (  ) 」に入れる単語を選ぶ。

穴埋めの前後を見るだけでは正解は確定できないので全文を読んでいきます。

STEP.3
問題文を読む
それは悲しい(  )だ/発展途上国における/農家の多く/栄養価の高い作物をつくる/輸出用の/が、十分な食料をもっていない/彼ら自身の家族を養うための。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:② 
「It is sadly (  )」ですから「それは悲しい何かだ」と言っているわけです。そこで、何が悲しいんだろうという視点で続きを読んでいくと「作物をつくる農家が、自分の家族のための作物を得られない」という「皮肉(irony)」な状況が書かれているので②だとわかります

(4)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①inflicted:(動詞)もたらす、課す(の過去形)
②enhanced:(動詞)高める、よりよくする(の過去形)
③vanished:(動詞)消える(の過去形)
④perceived:(動詞)知覚する、理解する(の過去形)

STEP.2
穴埋め部分には「動詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「The explosion at the chemical factory (  ) great damage」に入れる単語を選ぶ。

「爆発が大きなダメージをどうしたのか」と考えれば①しかないことがこの時点でわかります。

STEP.3
問題文を読む
化学工場での爆発が/大きなダメージを(  )した/地元の環境に。/何年もかかるだろう/野生生物が完全に戻るには/その地域に。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:① 
単語力が重要なのはいうまでもありませんが、準1級レベルになると語源から意味を予測することも重要なテクニックです。

importのimは「中に」の意味で、exportのexは「外に」の意味だからそれぞれ「輸入する」「輸出する」って意味になるってやつですよね
そう。今回の「inflict(もたらす、課す)」のflictには「叩く」の意味があり、本文中の「great damage」との相性も良い単語です。あわせて「conflict(争い)」も覚えておくといいですよ

(5)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①temptation:(名詞)誘惑、衝動
②barricade:(名詞)バリケード、障害物
③phobia:(名詞)恐怖症
④famine:(名詞)飢饉、食糧不足

STEP.2
穴埋め部分には「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「overcome a(  )」に入れる単語を選ぶ。

「何を克服するのか」と考えると③ぐらいだろうと、この時点で予測がつきます。

STEP.3
問題文を読む
という人もいる/(  )を克服する一番の方法は/自身を晒すことであると/その人が恐れるものに。/たとえば、ネズミを恐れる人々はやってみるべきである/それを抱えることを。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③ 

こう見ていくと、ほんとに穴埋め部分の前後を読むだけで正解のあたりがつく問題って多いんですね
もちろん確認のために、最終的には全文を読んでほしいんですが、その前に正解の「あたり」をつけておくのはとても重要なテクニックですよ

英検準1級過去問解説:大問1【語彙・単語問題】(6)〜(10)

(6)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①exempted:(動詞:原形exempt:免除する)
②prosecuted:(動詞:原形prosecute:起訴する)
③commanded:(動詞:原形command:命令する)
④quantified:(動詞:原形quantify:(量など)を計る)

STEP.2
穴埋め部分には「動詞(過去形or過去分詞)」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「students were (  ) from them」に入れる単語を選ぶ。

be動詞があるので受動態の文で、fromと一緒に使われていることから、勘のいい方であれば①だろうと予測がつきます

STEP.3
問題文を読む
英語の授業は/その大学では/必修であった、/しかし、生徒たちはそれらを(  )される/もし彼らが証明できれば/彼らが高度な能力をもっていることを/その言語に。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:① 

exempt(免除する)」と「deduct(控除する)」がごっちゃになることがある…
どちらも重要な単語なので覚えておきましょう

(7)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①transformed:(動詞:原形transform:変える、一変させる)
②officiated:(動詞:原形officiate:司会をする、取り仕切る)
③synthesized:(動詞:原形synthesize:合成する)
④disarmed:(動詞:原形disarm:とりあげる、軍を縮小する)

STEP.2
穴埋め部分には「動詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「E­mail and text messaging have (  ) the way people write」に入れる単語を選ぶ。

①の意味を知っていれば最初の一文で瞬殺できる問題です

STEP.3
問題文を読む
Eメールやテキストメッセージは人々が書く方法を(  )した。/多くの人は言葉を短くして、/慣習的なルールを無視する/文法の

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:① 
準1級レベルになると、選択肢の中に見慣れない単語も出てくると思いますが、唯一の分かる単語が正解の選択肢だった、というケースもよくあります

当たり前ですけど、やっぱり知ってる単語は多いほうが良いですよね

(8)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①milestone:(名詞)重要な出来事、画期的な事件
②vigor:(名詞)精力、元気、活気
③backlog:(名詞)やり残し、未処理分
④confession:(名詞)自白、白状

STEP.2
穴埋め部分には「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「the new treaty on CO2 emissions is a (  ) in the fight against global warming」に入れる単語を選ぶ。

「新しい条約は地球温暖化に対する何である」と考えると、①だろうとこの時点で予測がつきます

STEP.3
問題文を読む
と考えるアナリスト(分析者)もいる/二酸化炭素排出に関する新しい条約は(  )であると/地球温暖化との戦いの。/これは最も重要な環境条約だ/今まで締結された中で/とある人は言った。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:① 

選択肢の単語はごれも重要な単語ですが、「milestone(重要な出来事、画期的な事件)」はこれを機会に必ず覚えておきましょう

(9)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①barely:(副詞)かろうじて、ほとんど〜ない
②profoundly:(副詞)心から、大いに、深く
③improperly:(副詞)不道徳な、みだらな
④harshly:(副詞)厳しく、無情に

STEP.2
穴埋め部分には「副詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「Roberta felt (  ) happy」に入れる単語を選ぶ。

コロケーション(語と語の組み合わせ)的にも、happyに続く副詞としては②が適当だろうとこの時点で予測がつきます

STEP.3
問題文を読む
晴れたビーチに横たわりながら/夫と/休暇中に、/Robertaは感じた/(  )な幸せを。/彼女は今までこれほど滿足したことがなかった。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:② 
最後の「彼女は今までこれほど滿足したことがなかった」からも、( )はポジティブな単語が入ることがわかります。そうすると、それ以外の選択肢はすべてネガティブなイメージですから、消去法で解くことも可能です

「improperly」の「im」は否定の意味があって、「properly(適切に)」のプラスイメージを打ち消してるんですね

(10)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①spotless:(形容詞)シミひとつない、完全にきれいな
②minute:(形容詞)微小な、ささいな
③rugged:(形容詞)起伏のある、たくましい、頑丈な
④impartial:(形容詞)公平な

STEP.2
穴埋め部分には「形容詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「the entire place is (  )」に入れる単語を選ぶ。

穴埋め部分前後だけでは答えを確定できないので、問題文全体を読んでいきます。

STEP.3
問題文を読む
Nadineは1時間を費やしている/徹底的にきれいにすることに/彼女のアパートメントを/毎日、/だから、その場所全体は(  )だ。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:① 
「spends an hour thoroughly cleaning(1時間徹底的に掃除する)」から「spot(シミ)」が「less(ない)」の①が正解です

英検準1級過去問解説:大問1【語彙・単語問題】(11)〜(15)

(11)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①inclined:(動詞:原形incline)傾く、傾ける
②clinched:(動詞:原形clinch)成し遂げる、決着をつける
③demoted:(動詞:原形demote)降格させる、下げる
④adapted:(動詞:adapt)順応させる、適応させる

STEP.2
穴埋め部分には「動詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「the rugby player was(  )from his club’s first team to its second team」に入れる単語を選ぶ。

「from first team to its second team」ですから③しかないだろうと分かります。

STEP.3
問題文を読む
多くの悪いパフォーマンスをした後、/そのラグビー選手は(  )させられた/彼のクラブチームの一軍から二軍へ。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③ 
demote(降格する、降格させる)」の反対は「promote(昇進する)」です。あわせて覚えておきましょう

(12)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①gradation:(名詞)段階的な変化、グラデーション
②casualty:(名詞)死傷者、死傷者数
③coalition:(名詞)連立、連合
④warranty:(名詞)保証、保証書
STEP.2
穴埋め部分には「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「the new government consists of a(  )」に入れる単語を選ぶ。

「新しい政府は何から構成されているのか」と考えると③ぐらいしかなさそうだなと予測がつきます

STEP.3
問題文を読む
明らかな勝者がいなかったので/その選挙で、/新しい政府は(  )で構成されている/社会党、自由党、緑の党を含む。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③
「coalition(連立、連合)」の語源は「con- (一緒に(with))」+ alēscō (ラテン語で)「成長する(grow)」です

なんとなく、意味もスペルも「alliance(同盟、提携)」に似てるのでセットで覚えちゃいました。

(13)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①dazed:(形容詞)ぼーっとした、呆然とした
②vicious:(形容詞)乱暴な、悪意のある
③heartfelt:(形容詞)真心のこもった
④superior:(形容詞)優れている、上質の

STEP.2
穴埋め部分は「形容詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「the victim of a(  )bear attack」に入れる単語を選ぶ。

「どんな熊の攻撃にあったのか」と考えれば②だろうなとこの時点でわかります

STEP.3
問題文を読む
Markは一ヶ月以上を過ごした/病院で/犠牲者になったあと/(  )な熊の攻撃の。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:②
たびたび言っていますが、わからない単語がでてきたら「プラスの意味かマイナスの意味か」だけでも予測がつくようにしておきましょう

たしか「viti」とか 「vitu」ではじまる単語はマイナスイメージでしたよねー
そう。「vicious(乱暴な、悪意のある)」はその代表格で、他にもvice(悪徳行為)、vitiate(質を低下させる)などもその仲間です

(14)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①omitted:(動詞:原形omit:省く、除外する)
②thawed:(動詞:原形thaw:解凍する、戻る)
③cultivated:(動詞:原形cultivate:耕す、耕作する、養う)
④harassed:(動詞:原形harass:困らせる、悩ます)

STEP.2
穴埋め部分には「動詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「one of the first food crops to be (  ) by humans」に入れる単語を選ぶ。

「人間によって何された作物だろう」と考えれば③がよさそうだろうとこの時点で予測がつきます。

STEP.3
問題文を読む
人々は育ててきた/多様な植物を/数千年間、/しかし小麦は最初の食用作物のひとつだった/人間によって(  )された。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③ 

「wheat」「food」「crops」などのワードからも食べ物系の話題だとわかりますよね

(15)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①gratuity:(名詞)チップ、心付け
②module:(名詞)モジュール、組み立てユニット
③arsenal:(名詞)兵器庫、兵器工場
④allotment:(名詞)配分、分け前

STEP.2
穴埋め部分は「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「The (  ) has already been added to the bill」に入れる単語を選ぶ。

「何はすでに請求書に加えられているのか」と考えると①しかないことがこの時点でわかります。

STEP.3
問題文を読む
A:Jan、いくらのチップを/あなたは思いますか/私はウエイターに置いておくべきだと。/B:(  )はすでに請求書に加えられています、/だからあなたは何も置いていく必要はありません。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:①

gratuity = tip」と知っているかどうかの知識問題ですね

関係ないけど、海外サッカーの「アーセナル」って、兵器工場って意味だったんだー

英検準1級過去問解説:大問1【語彙・単語問題】(16)〜(20)

(16)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①delighted:(動詞ed形)喜ばせる
②retraced:(動詞ed形)引き返す
③revolted:(動詞ed形)反乱を起こす、反逆する
④exhausted:(動詞ed形)疲れ果てさせる、調べ尽くす

STEP.2
穴埋め部分は「動詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「He had(  )all his other options.」に入れる単語を選ぶ。

「他のすべての選択肢をどうしたのだろう」と考えると④しかないことがこの時点でわかります。

STEP.3
問題文を読む
Glennは選択肢がなかった/お金を借りる以外に/彼の父から/家賃を払うために。/彼は他のすべての選択肢を(  )した。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④
この問題は難題でした。正解の「exhaust」は「疲れ果てさせる」の代表的な意味の他に、「調べ尽くす、試しつくす」という意味もあるんですよ

(17)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①monitors:(動詞)監視する、観察する
②signifies:(動詞)示す、意味する
③vomits:(動詞)吐く、嘔吐する
④regulates:(動詞)規制する、取り締まる

STEP.2
穴埋め部分は「動詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「a smile generally (  ) happiness」に入れる単語を選ぶ。

「笑顔は一般的にしあわせを何するのか」と考えれば、②以外にはあてはまりにくいことがわかります。

STEP.3
問題文を読む
笑顔は一般的にしあわせを(  )するけれども、/笑う人もいる/ネガティブな感情を隠すために/怒りのような。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:②
正解の「signify(示す、意味する)」の形容詞形の「significant(重要な=important)」も重要単語です。あわせて覚えておきましょう

(18)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①malfunction:(名詞)不具合、機能不全
②institution:(名詞)施設、組織、機関
③assumption:(名詞)仮定、想定
④transcription:(名詞)書き写すこと、写し

STEP.2
穴埋め部分には「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「expansion plans are based on the (  ) 」に入れる単語を選ぶ。

「拡大計画は何に基づいている」のかと考えると、③っぽいなと予測がつけられます。

STEP.3
問題文を読む
そのスーパーマーケットチェーンの拡大計画は基づいている/(  )に/消費者支出は増え続けるという/。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③ 
この問題の選択肢の単語はすべて重要なので、必ず覚えておくようにしてください

正解にならなかった選択肢の単語が、次以降の試験で正解になることもよくあるんですよねー

(19)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①garments:(名詞)衣類
②descendants:(名詞)子孫
③inhabitants:(名詞)住民、定住者
④compartments:(名詞)仕切られた部分、仕切り室

STEP.2
穴埋め部分には「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「the(  )of French sailors」に入れる単語を選ぶ。

「フランスの船乗りたちの何か」なので、①もありえるかもしれないが、②が当てはまりそうだなと予測がつきます。

STEP.3
問題文を読む
何人かは/熱帯島に住んでいる人々の/フランスの船乗りたちの(  )である/200年前にそこへ到着した。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:②
 
準1級を受験する皆さんなら、問題文の意味はおおよそ理解できたと思います。

あとはdescendant(子孫)の意味を知っているかいないか、ですね。
ちなみに「descendant(子孫)」と対になる単語として「ancestor(先祖)」があります。あわせて覚えておきましょう

(20)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①revolved:(動詞ed形)回転する
②renewed:(動詞ed形)更新する、継続する
③relieved:(動詞ed形)不安などを取り除く、安心させる
④restrained:(動詞ed形)抑える、禁止する

STEP.2
穴埋め部分は「動詞のed形」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「the sun(  )around the earth.」に入れる単語を選ぶ。

「the sun(  )around the earth」は決り文句です。①しかありえません。

STEP.3
問題文を読む
過去、/多くの人々は信じていた/太陽は地球の周りを(  )だと。/科学や数学の進歩はついに証明した/事実は、/地球が太陽の周りを動いていると。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:①

英検準1級過去問解説:大問1【語彙・単語問題】(21)〜(25)

(21)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①frank:(形容詞)率直な
②reluctant:(形容詞)したがらない、しぶしぶ〜する
③spiteful:(形容詞)悪意に満ちた、意地の悪い
④righteous:(形容詞)正しい、正義の

STEP.2
穴埋め部分には「形容詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「Why are you so(  )to accept the job offer」に入れる単語を選ぶ。

( )前後だけでは答えが確定できないので、全文を読んでいきます

STEP.3
問題文を読む
A:なぜあなたはそんなにしたがらないの/その仕事のオファーを受けることを/DTPでの。/B:私は心配しています/わたしがずっと忙しくなることを/今よりも、/だからわたしは本当にほしいです/私により良いライフワークバランスを与えてくれるものが。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:② 
正解の「reluctant」はしばしば「be reluctant to do(〜したがらない)」の形で使われますので覚えておきましょう

(22)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①miss out:(熟語)逃す、失う
②add up:(熟語)合計する、つじつまが合う
③get over:(熟語)乗り越える立ち直る渡る
④join in:(熟語)加わる、参加する

STEP.2
穴埋め部分には「熟語」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「you’ll (  ) on all the fun」に入れる単語を選ぶ。

熟語の問題は、( )部分だけでは答えを確定できないことも多いので、文脈から判断します。

STEP.3
問題文を読む
もしあなたがパーティに来なかったら/明日の夜、/あなたは(  )でしょう/すべての楽しみを。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:① 
「熟語対策」は効率が悪いので、学習時間に余裕がなければする必要はありません。出題範囲が絞れない上に、4問程度しか出題されないというのがその理由です

わたしたちの目標は「全問正解」じゃなくて「準1級合格」ですからね

(23)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①living down:(悲しみなどを)忘れるのに長い年月がかかる
②clearing out:(中身を)空にする、掃除する
③snapping off:(人を)怒鳴る、(枝などを)ポキっと折る
④wrestling with:に取り組む、格闘する

STEP.2
穴埋め部分には「熟語」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「Marty spent many hours (  ) the problem」に入れる単語を選ぶ。

STEP.3
問題文を読む
Martyはたくさんの時間を費やした/その問題に(  )ことに/彼が気づく前に/その解決法はずっとシンプルだと/彼が思っていたより。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④ 
準1級を受けるあなたのレベルなら、問題文の意味は分かると思います。あとは、選択肢の中から文意に合う物を選ぶわけですが、ポイントは単語や前置詞のコアイメージ(核となるイメージ)から、明らかに違う選択肢を消去したり、正しそうな選択肢を選んだりすることです

この問題は「wrestling」が格闘技の「レスリング」と関係していることがピンとくれば、正しいかも、と判断できますね

(24)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①went for(熟語)手に入れようとする、を呼びに行く
②let up(熟語)(仕事などを)やめる、(雨などが)やむ
③picked over(熟語)細かく調べる
④set off(熟語)作動する、始動する

STEP.2
穴埋め部分には「熟語」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「he (  ) an officer’s gun」に入れる熟語を選ぶ

熟語の問題は、( )部分だけでは答えを確定できないことも多いので、文脈から判断します。

STEP.3
問題文を読む
容疑者が逮捕されたとき/警察官に、/彼は警官の銃を(  )した。/幸運なことに、/彼は止められた/彼がそれを手に入れる前に。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:① 
熟語の問題は、知らなければ、やはり単語や前置詞のコアイメージ(核となるイメージ)から、明らかに違う選択肢を消去して、残りは勘で選ぶのも重要なタイムマネジメントです

(25)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①catch up on(熟語)追いつく、取り戻す、
②change out of(熟語)着替える
③open up to(熟語)(人に)打ち明ける
④put up with(熟語)我慢する

STEP.2
穴埋め部分には「熟語」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。

STEP.3
問題文を読む
遠く離れたジャングルで暮らしたあと/3ヶ月間、/その研究者はうれしかった/彼がついにインターネットにアクセスできた時/そして、ニュースを(  )できて/彼の母国の。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:① 
熟語問題は、選択肢すべての意味がわかることはなかなかないと思います。なので文脈から判断して、いかに消去法で確率を上げていけるかを意識しましょう


ここからは、大問2「長文穴埋め問題」編です。

英検の長文穴埋め問題では、解く際の流れをシステム化することで、

  • 正確に解くことに加え
  • 時間の短縮

が可能になります。

英検準1級の長文穴埋め問題の解き方のコツなどは以下の記事でくわしく解説していますのでまだ読んでいない方は先にご覧ください

>>>英検準1級「穴埋め問題」の勉強法を徹底解説

やみくもに過去問に取り組む前に、まずは解き方のコツを知ってください


上記の記事で、解き方について学んだら、いよいよ過去問の演習に入りましょう。

思考の流れに沿ってくわしく解説していきますよ!

英検2級過去問解説:大問2【長文穴埋め問題】(26)〜(28)

2−1


(26)

STEP.1
選択肢をチラッと見る
「ディスコースマーカー(接続語句)」を穴埋めする問題だということがわかる

STEP.2
タイトルから最初の穴埋め部分の次の1文まで読み進める
「タイトル:ハーブ薬

※「herbal medicine」で「植物療法、漢方薬」など訳はさまざま考えられますが、深く考える必要はありません。
また、タイトルに知らない単語があっても気にする必要はありません。本文を読めば問題は解けるようにできていますので、構わず読みすすめていきましょう。

「本文の日本語訳」
何千年もの間、/人々は取り入れてきた/植物や植物由来の物質を/薬として。/それらの治療はまだ使われている/より一般的に/現代的な薬よりも/多くの地域で、/人口の80%/ある発展途上国の/がハーブ薬に頼っている。/( 26 )、/それらの有効性はほとんど認められていない/科学的根拠のある証拠によって。/多くの西洋の医者は/ゆえに/それらの使用を勧めていない、/とくに重い病気の人々に対して。/そのような患者にとっては、/科学的に証明された薬を使うことは意味する/生きるか死ぬかの違いを。/

STEP.3
選択肢を読む
①〜の代わりに、〜と引き換えに
②同様に
③言い換えれば
④にもかかわらず
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④ 
「発展途上国では多くの人がハーブ薬に頼っている」「その科学的有効性は証明されていない」という流れを理解できているかがポイントです

( )前後の流れで解く、典型的な穴埋め問題のパターンですね
ポイント穴埋め問題は、穴埋め部分の前後一文が特に重要です。
前後一文を精読し、「but」「in fact」「in addition(加えて)」「instead」など、流れを把握するヒントとなる語を見つけることで、正しい選択肢を選ぶことができるようになります。


(27)

STEP.1
選択肢をチラッと見る
「短文」を穴埋めする問題だということがわかる
STEP.2
つづきから2問目の穴埋め部分の次の1文まで読み進める

研究は強調している/他の問題についても。/科学者たちは50以上の研究を調べた/はハーブ薬についての/そしてみつけた/それらが含む化学物質は引き起こすと/臓器にダメージを、/そして、これらの薬は有害になり得ると/他の薬と一緒に使われると。/その科学者たちはいうそのそのような効果は一般的には報告されていないと/その薬が広く使用されている場所では。このことは患者が( 27 )することにつながる。/事実、これらの人々の多くは理由がないと考えている/彼らの医者にその薬を使っていることを伝えることさえ、/そのことが彼らを副作用の危険に晒す/その薬が医者が処方した薬と影響し合ったとき。

STEP.3
選択肢を読む
①彼ら自身の研究を行う
②突然それらをやめる
③その薬が安全だと信じる
④医者の助言により従う

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③ 
「ハーブは他の薬と一緒に使われると害になりうるが、そのことは知られていない」このことは「何につながるのか」と考えれば、③しかあてはまりませんよね

長文の穴埋め問題では、文章の細かい内容よりも「流れがつかめているかどうか」が重要なんでしたよね
そう、「流れ」がわかれば正解が選べるようになっています

(28)

STEP.1
選択肢をチラッと見る
「短文」を穴埋めする問題だということがわかる
STEP.2
つづきから3問目の穴埋め部分の次の1文まで読み進める

ハーブ薬の支持者たちはいう/臨床研究のデータ量は増えてきていると、/そしてこのことは人々が理解するのに役立つと/どの薬が安全かを。/彼らはまた感じている/ハーブ薬や現代の医師の処方による薬は( 28 )だと。/代わりに/ハーブ薬をみなすこと/標準的な薬の代わりとして、/しばしば必要とされる/緊急事態や重大な感染症と戦うために、/人々はそれらを使うべきである/全体的な健康を維持するために。/もし適切に服用されれば、/と支持者たちは言う/従来のものと現代的な薬のどちらも安全に使用されうると/お互いの組み合わせで。

STEP.3
選択肢を読む
①どちらも過剰に使われている
②本質的に同じである
③異なった役割がある
④どちらも作用する証拠に欠ける
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③ 
やはり、流れが大事ですよ。
ハーブは「緊急事態などで使用されるstandard drugs」としてみなすのではなく、「overall health and wellness(全体的な健康)」を維持するためのものとしてみなすべき、つまり③「異なった役割がある」ということです

英検2級過去問解説:大問2【長文穴埋め問題】(29)〜(31)

2−2

(29)

STEP.1
選択肢をチラッと見る
「短文」を穴埋めする問題だということがわかる
STEP.2
タイトルから最初の穴埋め部分の次の1文まで読み進める
記憶と言語

※タイトルに知らない単語があっても気にする必要はありません。本文を読めば問題は解けるようにできていますので、構わず読みすすめていきましょう。

訴訟の結果はしばしば証拠に依存する/人々によって与えられた/犯罪や事故を目撃した。/しかし、彼らの記憶はいつも信頼されうるものだろうか?/ある有名な心理実験で、/学生は複数のグループに分けられ、ビデオを見せられた/ある車の事故の。/1つのグループは質問された/「車はだいたいどれくらいの速さで走っていたか/それらがお互いに激突した時に」と。/もう一つのグループは「激突した」の言葉を「ぶつかった」に置き換えられた。/その結果は示した/「激突した」という言葉で質問された人たちは見積もった/平均スピードを/時速65.2kmと、/比べて時速54.7kmだった/「ぶつかった」と質問された人たちは。/このことは示している/目撃者がする描写は( 29 )に依存する可能性があると。

STEP.3
選択肢を読む
①誰がその質問をしているか
②いつ彼らが事故を見るか
③なぜ彼らが質問されているか
④どのように彼らが質問されたか
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④ 
「smashed into」と「hit」の言葉の違いに焦点があたっていることは比較的わかりやすかったのではないでしょうか

質問のされ方によって答え方も変わってきちゃう可能性がある、みたいなことを言ってるわけですね

(30)

STEP.1
選択肢をチラッと見る
「短文」を穴埋めする問題だということがわかる
STEP.2
第2パラグラフから2問目の穴埋め部分の次の1文まで読み進める
次の実験では、/学生たちは見せられた/別のビデオを/事故の/そして、同様の質問をされた/「激突した」と「ぶつかった」の言葉と使った。/今回は、彼らはまた質問をされた/彼らは気づいたかどうかを/壊れたガラスに。/窓は壊れていなかった/そのビデオで、/しかし、その学生たち/「激突した」という言葉を使って質問された/は、ずっと多く報告した/壊れたガラスを見たと。/この傾向は更に不穏である/なぜなら、その学生たちは( 30 )だからだ。
STEP.3
選択肢を読む
①なにか異なったことを質問されることを予期した
②その事故は嘘だったと言われた
③決して起こっていないことを思い出した
④ビデオの間違っている部分を説明した
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③
先ほどの質問のつづきで、「激突した」または「ぶつかった」と質問された両グループに「窓は割れていたか」と聞いたら…

実際は割れてなかったのに、「激突した」って質問されたグループは「割れてた」って答えた人が多かったって話ですよね
そう。つまり③「(実際には)起きてないことを思い出した」ということです

ポイント繰り返しますが、長文の穴埋め問題では、文章の「流れ」を理解することが重要です。とくに穴埋め部分の「前後一文の精読」を意識して論理の「流れ」をつかんでください

(31)

STEP.1
選択肢をチラッと見る
短文を穴埋めする問題だということがわかる
STEP.2
つづきから3問目の穴埋め部分の次の1文まで読み進める

車が衝突したビデオを見ることは/しかし、/同じではない/出席しているのとは/その現場にいる/という批判がある。/彼らは言う/学生たちの記憶はずっと簡単に影響を受けると/なぜなら彼らは感情的な経験をしていないから/事故を見るという/直接。/( 31 )、学生たちは動機が少ない/正確な答えをする。/別の学生たちはまた示している/操作された質問は影響を与えることは少ない/現実の犯罪を目撃した人々に、/示唆している/その実験の状況は役割を果たしたかもしれないと/その結果に影響を与える。

STEP.3
選択肢を読む
①その結果
②反対に、それどころか
③驚くことに
④さもないと、そうでないと
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:① 
前のパラグラフまでは、質問の言葉によって誤った答えが引き出される可能性について話されてきましたが、このパラグラフでは、「それは直接現場にいなかったからだ」という主張がされます。
つまり、emotional experience(感情を伴った経験)をしていないからだと

①「その結果」、正確に答えるモチベーションも少なくなって、誤った答えをするんだってことですね

ここからは、大問3「長文読解問題」編です。 英検の長文読解問題では、解く際の流れをシステム化することで、

  • 正確に解くことに加え
  • 時間の短縮

が可能になります。

英検準1級の長文読解問題の解き方のコツなどは以下の記事でくわしく解説していますのでまだ読んでいない方は先にご覧ください
>>>英検準1級「長文読解」の勉強法を徹底解説

やみくもに過去問に取り組む前に、まずは解き方のコツを知ってください


上記の記事で学んだ解き方にそって、過去問の答えと解説を行います。 思考の流れに沿ってくわしく解説していきますよ!

英検準1級過去問解説:大問3【長文読解問題】(32〜34)

3−1


(32)

STEP.1
タイトルを読む

インポスター症候群

※タイトルに知らない単語があっても気にする必要はありません。
本文を読めば問題は解けるようにできていますので、構わず読みすすめていきましょう。

STEP.2
1問目の「設問」を読む
設問:一つの影響はなにか/インポスター症候群が与えるかもしれない/それによって影響を受けた労働者に
*インポスター症候群が労働者に与える影響は何なんだろう、と意識しながら本文を読んでいきます。

STEP.3
問題の答えを探しながら第1パラグラフを読む
多くの人々は経験するだろう/インポスター症候群を/彼らの人生のいつくかのポイントで。/この状態に影響を受ける人々は/受け入れることや信じることに困難を抱える/彼ら自身の成功に/どんなに有能であり/熟練していても/彼らが。/しばしば、彼らは考える/彼らの達成は幸運によるものだと/または外部環境によるものだと/彼らの実際の能力というよりも。/インポスター症候群は影響を与える/さまざまなバックグラウンドをもつ人々に/多くの分野で働く、/そしてそれぞれ違う結果をもたらすことがある/それぞれの人に。/感じる人もいる/彼らは彼らの価値を証明しなければならないと/更に一生懸命働くことによって/必要以上に。/恐れる人もいる/彼らは彼らの仕事を失うのではないかと/彼らの技術不足が明るみになると、/だから彼らは距離を置く/同僚と/可能な限り。

STEP.4
選択肢を読む
①彼らは感じる/彼らは余計に仕事をする以外に選択肢がないと/彼らの同僚の弱点を補うために

②彼らは恐れる/解雇されると/そして、孤立しようとする/同僚たちから

③容易になる/彼らが不正な評価を与えることが/彼らの同僚の達成に対して

④彼らが彼らの経験や能力を誇張することにつながる/同僚とコミュニケーションをとる時

STEP.5
設問の答えになる選択肢を選ぶ
正解:②(根拠は赤字部分) 
正解の選択肢は、本文の表現が「言い換え(パラフレーズ)」されている、という原則をまず理解しましょう。

すると、本文第1パラグラフ下から3行目の「lose their job」が選択肢②では「be fired」に、本文下から2行目の「distance themselves from colleagues」が選択肢②では「isolate themselves from their coworkers」に言い換えられていることがわかり、内容的にもこれが正解だとわかります

ポイント
最重要事項として、基本的に1問目の答えは第1パラグラフにあります。
こういった解き方のルールは以下の記事でまとめていますので、その方法をマスターしてから過去問にすすむのが効果的です。
>>>英検準1級「長文読解」の勉強法を徹底解説

(33)

STEP.1
2問目の「設問」を読む
設問:インポスター症候群の考えられる1つの原因は〜だ。
*インポスター症候群の原因はなんだろう?という視点をもちながら本文を読んでいく

STEP.2
問題の答えを探しながら第2パラグラフを読む

インポスター症候群の原因は議論されている/専門家たちによって。/関係があるかもしれない/人々の基本的な性格の特徴と、/たとえば心配しやすい傾向などの/または、ルーツがある可能性がある/個人の生い立ちに。/たとえば、子どもが絶えず褒められると/たとえ小さな達成であっても、/そのことは彼らが信頼を失うことにつながる/彼ら自身の本当の能力に対する。/インポスター症候群ははまた成人期にも起こる可能性がある/人がコントロールできない要因によって。/そのような一つの要因としては、制度的な差別がある/職場や学業環境の雰囲気が/特定の人種、性別、その他の特徴がない人を目立たせてしまうという。

STEP.3
選択肢を読む
①人々は仕事を見つけることが難しい/彼らを差別している会社のせいで

②大人は必要以上に心配する傾向がある/批判に対して/彼らが若いころ受けた

③会社は労働者の主張/彼らが不安や心配を感じているという/を真剣に考慮することを拒否する

④子どもがあまりに頻繁に褒められる/実際にはそれほど難しくないことに対しても

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④(根拠は赤字部分) 
本文の2パラグラフ3行目からの「when children are constantly praised, even for minor achievements, it can cause them to lose faith in their real abilities」がまさに根拠となります

(34)

STEP.1
3問目の「設問」を読む
設問:Thema Bryant­-Davisによると、/次のうちどれが本当か
*Thema Bryant­-Davisはなんと言っているんだろう、という視点で本文を読んでいく
STEP.2
問題の答えを探しながら第3パラグラフを読む

いくつかの研究は示している/少数グループの個人/「impostorism(インポスタリズム)」の感情を報告している/は、また経験もしている/高いレベルの不安や気分の落ち込みを。/このことは差別によるものだけでなく/代表性の欠如にもよる/教授や管理職、その他の権威ある人物のあいだの。/心理学のThema Bryant­-Davis教授によると、/仕事をする世界の人々が彼ら(と同じ)性別や人種の人を見ない時/権力がある立場に、/昇進の可能性がないと考える。/これなしでは、/しばしば難しくなる/自信を持ち、ポジティブな態度を維持することは/人生において。

STEP.3
選択肢を読む
①学校で差別を避けた個人は/インポスター症候群になりにくい/働き始めたとき

②マイノリティー(少数派)はインポスター症候群でより苦しむ傾向にある/もし彼らが同じように扱われたら/多数派と

③自分のような人を見ない人/高い地位に/は、より希望を失いやすい/彼らが昇進できるという

④マイノリティー(少数派)は差別を経験することが少ない/学校で/多くの多様性が確保されていて

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③(根拠は赤字部分) 
抽象的な内容で難しい問題ですが、設問に「According to Thema Bryant­-Davis(Thema Bryant-­Davisによると)」とあり、本文中にも全く同じ表現が出てきますから、ここが正解になることがわかります。
その上で、「自分と同じ性別や人種の人が高い地位にいないと希望を持てない」という文章の流れさえつかめれば、③以外の選択肢は明らかに間違っていると判断できます

たしかに。文章の内容は難しいけど、言ってることの「核」さえつかめれば、他の選択肢自体は全然違うこと言ってるってわかりますね

英検準1級過去問解説:大問3【長文読解問題】(35〜37)

3−2

(35)

STEP.1
タイトルを読む
「気候変動とSami」

※タイトルに知らない単語があっても気にする必要はありません。
本文を読めば問題は解けるようにできていますので、構わず読みすすめていきましょう。

STEP.2
1問目の「設問」を読む
設問:気候変動はSamiのライフスタイルに影響を与えている/〜によって
*気候変動は「何によって」Samiに影響を与えているんだろう、という視点で本文をよんでいく。

STEP.3
問題の答えを探しながら第1パラグラフを読む

Samiの人々/ヨーロッパの北極地域の原住民/は、歴史的に生計を立てている/毛皮の取引やトナカイの牧畜で。/しかし、トナカイの群れ/彼らが頼っている/は、厳しい状況にある/気候変動と/その結果としての生息地の喪失によって。/冬の安定しない気温によって雪は溶け、/そして氷になる/このことはトナカイが植物にアクセスすることを妨げる/彼らが食料として必要とする。/このことは過去にも起こったが、/急激な気候変動は引き起こしている/それがより頻繁に発生することを。/これにより、/トナカイの群れは飢餓でより多くの動物を失っている/そして栄養の欠如は出生率をさげている。/さらに、地球温暖化は北部エリアをよりアクセスしやすくするため、/企業は移動している/従来のSamiのテリトリーに/鉱業を推進し、/石油やガス探査を行い、/観光を促進している。/これにより、さらに制限されている/Samiのトナカイの群れが利用できる食べ物が/そして多くのSamiは心配している/彼らの従来の土地での(企業の)活動の増加が/彼らの生活様式を終わらせてしまうことを/完全に。

STEP.4
選択肢を読む
①Samiが食糧源として依存する多くの植物種を減らす/トナカイが手に入らない時

②生息地と食料源の両方に影響を与える/Samiが経済的に頼っている

③Samiに強制的に採用させた/伝統的な農法よりも経済的に見返りの少ない農法を

④企業を誘致する/Samiに圧力を与えた/彼らの土地を諦めるように/石油とガス探査のために

STEP.5
設問の答えになる選択肢を選ぶ
正解:②(根拠は赤字部分) 
まず「Sami」とは、伝統的にトナカイの牧畜で生計を立てている「民族」のことだということを理解した上で、
本文2行目の「reindeer herds they rely on」と「resulting habitat loss」が、選択肢②で「impacting both the living areas and food sources(生息地と食料源の両方に影響を与える)」に言い換えられていることに気づくことがポイントです

長文読解では、いかに言い換え表現に気がつけるかがポイントなんですね
POINT
長文読解では、本文の内容を別の言葉で言い換えた選択肢が正解になる

(36)

STEP.1
2問目の設問を読む
設問:一節によると、Samiはどんな困難に直面しているか
*Samiはどんな困難に直面しているんだろう、という視点で本文を読んでいく
STEP.2
問題の答えを探しながら第2パラフラフを読んでいく

トナカイの群れの減少は引き起こしている/多くのSamiが財政的、感情的な困難を経験することを。/10代や20代前半の若者の中には仕事を求め都市へ逃れた者もいた/そしてこれらの都市に住むSamiは疎外され、差別の対象になっていた/彼らの伝統のせいで。/彼らの生活が根こそぎ奪われ/活気に満ちたSami社会とやりとりできずに文化的な伝統が失われ、/多くの人が深刻な精神健康問題に苦しんでいる。/その問題は伝統的なSamiのコミュニティにも広がり、/高い自殺率が報告されている/特に若い男性の間で。/しかし、助けを求める人はほとんどいない/メンタルヘルスはSamiにとってタブーの話題であるので。/正確な数はわからないが、/調査は示唆している/ほとんどのSamiは親戚や友達がいる/自殺をした。

STEP.3
選択肢を読む
①地域社会で財政的な支援を提供する組織は/ネガティブな影響を受けている/彼らの社会の変化によって

②田舎から都市へと移動することを強いられたSamiは選んでいる/彼らの文化を捨てることを/受け入れられるために

③若い世代のSamiと年をとった世代間の対立/トナカイの牧畜についての/が引き起こしている/多くの人がメンタルヘルスの問題で苦しむことを

④若い世代のSamiはメンタルヘルス問題に苦しんでいる/孤立によって引き起こされた/彼らの家族からの/また、彼らの文化的伝統の喪失によって引き起こされた

STEP.4
設問の答えになる選択肢を選ぶ
正解:④(根拠は赤字部分) 
選択肢②の「choosing to reject their culture(文化を捨てることを選んでいる)」や③「The conflict between younger Sámi and the older generation(Samiの世代間の対立)」などはまったく文章の趣旨と合いません。

その上で、正解の④で「isolation from their families and the loss of their cultural traditions(家族からの孤立や伝統の喪失)」が、本文第2パラグラフ4行目「With their lives uprooted and their cultural traditions being lost without access to vibrant Sámi social groups」に対応していることがわかれば、正解を選べます

(37)

STEP.1
3問目の設問を読む
設問: Samiを助けるために何がされたか
*Samiを助けるために何がされたんだろう?という視点で本文を読んでいく
STEP.2
問題の答えを探しながら第3パラフラフを読んでいく
努力が進められている/これらの問題のいくつかに対応する/しかし。/たとえ社会プログラムは導入されている/感情的な支援をすることを/若いSamiに/そして、差別についての議論を推奨することを/彼らが経験した。/メンタルヘルス問題/伝統的なSamiのコミュニティにおける/は、しかし、基づいていると言われている/経済的な不確かさや/気候変動の影響に関連した不安に。/これらの恐れに対応するために、/政治家はSamiに聞き取りを行い/よりよいケアを行っている/潜在的な結果を考慮するために/政府の決定が彼らの地域社会に及ぼす。/Samiに方法を与えることで/彼らに直接影響を及ぼす決定に影響を与える、/ストレスや困難/環境や経済の衰退に伴う/を、減らすことができる。/更に重要なことは、/Sami自身がコントロールすることを望むことだ/彼らの伝統的な生活様式を維持することを。

STEP.3
選択肢を読む
①Samiによってなされた心配は使われている/政府の政策や行動を形成するために/さらなる被害を避ける方法として

②ボランティアグループが組織されている/Sami文化に対する深い理解を促すため/Samiの人口が多い国を通して

③多くの努力がなされている/若いSamiが政治の世界に入るよう促す/そして、彼らのコミュニティを代表する/地方政府で

④財政的支援が提供されようとされている/メンタルヘルス問題に苦しむSamiに/都会生活のストレスが原因で起きた

STEP.4
設問の答えになる選択肢を選ぶ
正解:① 
第3パラグラフ全体の流れがつかめていれば、②Volunteer groups、③to enter politics(政治の世界に入る)、④Financial supportなどはこの段落では触れられていないことがわかるはずです

パラグラフ全体の流れを把握することで、選択肢を消去法で切っていくこともできるってことですねー

英検準1級過去問解説:大問3【長文読解問題】(38〜41)

3−3

(38)

STEP.1
タイトルを読む
「レモンとマフィア」
*タイトルだけでは本文がイメージしにくい場合は、慌てず、適当に読み飛ばして本文へすすみましょう

STEP.2
1問目の「設問」を読む
設問:ひとつの困難はなにか/1700年代にシチリアの農家が直面した
*1700年代にシチリアの農家は何に直面したんだろう、
と意識しながら本文を読んでいきます。

STEP.3
問題の答えを探しながら第1パラグラフを読む
マフィアとして知られる組織された犯罪集団は初めて現れた/シチリア島に/1800年代に。/出現から数年間、/賄賂や詐欺などの不法行為がよく知られるようになったが/その出自は明らかではなかった。/最近の研究/経済歴史家のグループによる/は、しかし/予期しないつながりを発見した/マフィアとよく知られた果物との。

(ここまでで、設問に対する答えがなさそうなので、引き続き第2パラグラフを読んでいきます)

1700年代、/それは発見された/レモンジュースがscurvy(スクラビー)と呼ばれる致命的な病気を予防するということを/そのことでレモンの需要が大きく増え、/それがその果物からの収益を急増させた。シチリアはほとんどない場所の1つである/レモンが育つ、/しかし、レモン農家は制限されていた/その島の特定の場所に/その果物の霜への繊細さが原因で。/加えて大規模なレモン栽培へのシフトは求めた/巨額の財政的投資を/設備を建てたり/灌漑システムを構築したりするために。/高い壁が建てられたりもした/レモンの木を泥棒から守るために/そのような安全装置がなければ、/年間の収穫物が一夜にして失われてしまう可能性があった。

STEP.4
選択肢を読む
①レモンは一時、深刻な病気を治すと信じられていたが、これが事実でないことが明らかになり、果物を栽培する利益は減少した

②レモンを栽培することで大金を稼ぐことができるが、レモン農場の設立は莫大な費用がかかる

③シチリアの予測不可能な気候のため、レモン栽培に慣れていない農家は、定期的に不良レモン作物を大量に捨てなければならなかった

④レモンをどこで栽培できるかについての規定上、事業の収益を上げるのに十分な土地を購入することは深刻な問題だった

STEP.5
設問の答えになる選択肢を選ぶ
正解:②(根拠は赤字部分) 
この設問は例外的に、第2パラグラフまで読むことで正解が選べる問題でした

ふつうは第1問の答えは第1パラグラフだけ読めばわかるんでしたよね
第1パラグラフを読んでも答えが書かれていない、と感じたら引き続き第2パラグラフを読んでいけば答えがある、と理解しておいてください

(39)

STEP.1
2問目の設問を読む
設問:次のどの文言が一番良く状況をあらわしているか/マフィアの台頭につながった
*マフィアの台頭はなぜ起きたんだろう、という視点で本文を読んでいく
STEP.2
問題の答えを探しながら第3パラフラフを読んでいく
その果物に対する需要の高まりは見た/利益は上昇し続けると/1800年代、/しかしその状況は複雑だった/シチリアは王様によって支配されているという事実によって/スペイン王室と関係のある。/統治者は部外者とみなされ、/強制懲役のような人気のない政策は引き起こした/不満や不安を/国民の間で。/地方の貧困や資金不足/特に田舎の地域における/は、犯罪の増加を引き起こした。/このことはさせた/農家が彼ら自身の方法をみつけることを/レモン泥棒の脅威に対する。/彼らは地域の屈強な男を雇い始めた/やがてマフィアとなる/彼らの果樹園を守るために/そして支払いとしてレモンを提供した。

STEP.3
選択肢を読む
①政府はシチリア人に適切な公共サービスを提供できず、一部の民間人が作物を保護する方法を見つけるようになった

②レモン農場の所有者はシチリアの外国統治者を支持する人々との貿易を拒否し、経済が悪化し、犯罪が増加した

③人々はシチリアレモンのスペイン王室への利益に不満を抱き、泥棒が裕福な農家から盗んでも気にしなかった

④レモン栽培で利益を得ようとする政府の欲望が犯罪者と関係のある農民の不法支給を受け入れた

STEP.5
設問の答えになる選択肢を選ぶ
正解:①(根拠は赤字部分) 
長文の内容一致問題では、間違いの選択肢には2つのパターンがあります。1つは、「本文に書かれていないこと」、もうひとつは「本文と違うこと(真逆のこともあり)が書かれている」ことです

(40)

STEP.1
3問目の設問を読む
設問:マフィアはレモン農家との関わりを〜するために利用した
*マフィアは何をするために農家との関わったのだろう?という視点で本文を読んでいく

STEP.2
問題の答えを探しながら第4パラグラフを読んでいく

マフィアは当初は適切なサービスを提供していたが/レモンの収穫を泥棒から守るために/、それは長くは続かなかった。/農家に受け入れされ始めた/彼らの意思に反したサービスを、/暴力と脅しを使って/抵抗にあった時。/マフィアのメンバーはその後、仲介役を努め始めた/販売者と輸出業者との間の、/そして市場を操作した/かなりの利益を確保するために。/彼らはすぐに彼らの方法を他の産業分野に適用した/運送や卸売などの、/そしてついに、彼らの力は全ての面にまで大きくなった/レモン生産における。

STEP.3
選択肢を読む
①コントロールする/レモンを栽培した人と、レモンを海外に売った人の両方を/より多くのお金を稼いで自分たちの力を増すために

②レモン産業からより大きな利益を得ることに成功した/農家にレモンの栽培量を増やすことを要求することで

③少数の政治家を説得する/犯罪行為を無視するよう/政府の圧倒的な反対にもかかわらず

④レモン産業全体の支配権を握る/警察の主要メンバーの協力を得られないにもかかわらず

STEP.4
設問の答えになる選択肢を選ぶ
正解:①(根拠は赤字部分) 
まずは「設問」を正確に理解できるところから重要です。
設問は「The Mafia used A to B」となっていて、つまり「マフィアはAを使った/Bするために」という構造になっています

で、「B」の部分に入る正しい選択肢を選ぶ問題になってるってことですねー

(41)

STEP.1
4問目の設問を読む
設問:Arcangelo Dimicoは言うだろう/「resource curse(資源の呪い)」は〜だと。
*Arcangelo Dimicoは「resource curse」をなんと言うんだろう、と意識しながら本文を読んでいきます

(この時点で「resource curse」とは何か、はっきりと分からなくても焦らないでください。英検の問題は、本文を読んでいけばわかるようにできています)

STEP.2
問題の答えを探しながら第5パラフラフを読んでいく
研究者Arcangelo Dimico/歴史家の一人である/レモンとマフィアの関係と研究している、/によると、/そのグループ(マフィア)の台頭は「resource curse(資源の呪い)」のひとつだと。彼は説明する/極端な富の源泉と、弱い社会・政治システムが組み合わさることで/対立や不法行為の発生が引き起こされ、/そこのことは国を経済的に悪化させる/貴重な資源を持っていなかった国よりも/そもそも。/この例は現代でも観察される、/たとえば、ダイヤモンドによる富が私兵の成長に資金を提供する/アフリカのいくつかの国で。/シチリアのマフィアと同様、/これらのグループはしばしば犯罪の手法を用いる/権力を得るために/資源や地元の人々に対する。/Domicoの研究を使えば/経済学者、社会学者、政治学者はこの現象をよりよく理解でき/政府がそれに立ち向かうことを助けることができる。

STEP.3
選択肢を読む
①密接に関連している/国の経済成績の悪さと/政府が社会問題に対して提供する支援のレベルよりも

②起こる/犯罪行為を見逃すことをいとわないときに/政府が国の資源供給を増やすのに役立つ限り

③引き起こされる/国の資源が指導者によって過大評価され、期待されていた利益を生み出せなかったことによって

④起こりうる/非倫理的なグループのせいで/価値のある国家資産から利益を得るためにガバナンスの欠如を利用している

STEP.4
設問の答えになる選択肢を選ぶ
正解:④(根拠は赤字部分) 
過去問演習を通じて、長文読解問題を「短文問題化して解く」方法をマスターできたでしょうか。
とても有効な方法ですので、ぜひこのパターンを身に付けて準1級に合格してください!