<NEW>過去問の解説はこちら

【英検準2級過去問徹底解説】2022年度第1回:リーディング全問題

英検過去問徹底解説

こんにちは。トモです。

今回は、英検準2級の過去問徹底解説シリーズ2022年第1回編です。

待ってました!

英検の語彙問題では、解く際の流れを自分のモノにすることで、

  • 正確に解くことに加え
  • 時間の短縮

が可能になります。

英検準2級の語彙・単語問題の解き方のコツなどは以下の記事でくわしく解説していますのでまだ読んでいない方は先にご覧ください

>>>英検準2級「単語問題」の勉強法を徹底解説

やみくもに過去問に取り組む前に、まずは解き方のコツを知ってください


上記の記事で、解き方について学んだら、いよいよ過去問の演習に入りましょう。

思考の流れに沿ってくわしく解説していきますよ!

過去問の入手方法英検の公式サイトからダウンロードできます。
2022年度第1回問題冊子をクリックして入手してください。

 

直近3回より以前の過去問については、英検サイトからは閲覧できません。
リンク切れの場合は、当サイト「英検独学の教科書」のお問い合わせページからご相談ください。

 

一緒にがんばりましょー

英検準2級過去問解説:大問1【語彙・単語問題】(1)〜(5)

(1)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
① warning:(名詞)警告
② channel:(名詞)チャンネル
③ shade:(名詞)影、日陰
④ variety:(名詞)多様さ、多様性

STEP.2
穴埋め部分には「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。
「read a (    ) on the side of the road.」に入れる単語を選ぶ。

「道の端の〜を読んだ」ですから①が当てはまりそうだと、この時点で予測がつきます。

STEP.3
問題文を読む
Lisaは読んだ/道の端の( )を。/それには書いてあった/気をつけるように/落石に。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:① 

この問題は、典型的な穴埋め部分の前後を読むだけで解ける問題ですねー
ただし、正解のあたりがついても、念のため文章を全部読むことは忘れないでください。
手順としては、①選択肢にザッと目を通し意味と品詞を確認する②穴埋め部分前後を読んで答えの予測をつける③全文を読んで予測が正しいことを確かめる、という流れが最も効率的で確実です

POINTこのように英検の単語(語彙)問題を解くコツは、以下のページでくわしく解説しています。参考にしてください。
>>>英検準2級「単語問題」の勉強法を徹底解説

(2)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
① knowledge:(名詞)知識
② supply:(名詞)供給、在庫
③ friendship:(名詞)友情
④ license:(名詞)ライセンス、免許状

STEP.2
穴埋め部分には「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。
※穴埋め部分が文の前半にある場合は、最初から読んでいってしまった方が早いことも多いです。
「Tomoko wants her (  ) with Yuji to continue」に入れる単語を選ぶ。

「トモコはユウジとの( )を続けたい」ですから③しかないだろうとこの時点で予測がつきます。

STEP.3
問題文を読む
TomokoはYujiとの( )を続けたい/たとえ彼らが違う中学に行っても/来年。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③ 
文法的には「want 人 to do(人に〜してもらいたい)」の形ではありますが、after以降で「別々の中学に行ったあとも」とあるので、「friendship(友情)」をwantしているとなんとなくでもわかれば、正解は選べるはずです

もちろん精確に意味をとることも重要ですけど、ざっくりした文章の流れがわかれば単語問題は正解できることも多いですね

(3)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
① peaceful:(形容詞)平和な
② talented:(形容詞)才能のある
③ additional:(形容詞)追加の
④ negative:(形容詞)消極的な、悪い

STEP.2
穴埋め部分には「形容詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「his teacher gave him some (  ) homework.」に入れる単語を選ぶ。

「どんなhomeworkか」と考えれば③しかないだろうとこの時点でわかります。

STEP.3
問題文を読む
Andrewは苦労している/スペイン語の授業に、/だから彼の先生は彼に与えた/いくつかの( )の宿題を。/彼はたくさん学んだ/より多くの時間を費やすことで/文章を作る/スペイン語で。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③ 

ほんとに、穴埋めの前後をザッと読むだけで正解が選べる問題も多いですねー
正解以外の選択肢は、意味的に明らかにおかしいものが並んでいますので、

(4)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
① celebrated:(動詞)祝う
② filled:(動詞)満たす
③ pushed:(動詞)押す、強要する
④ escaped:(動詞)逃げる

STEP.2
穴埋め部分には「動詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。
※穴埋め部分が文の前半にある場合は、最初から読んでいってしまった方が早いことも多いです。
「Michael’s parents (  ) him to become a teacher」に入れる単語を選ぶ。

「両親が彼に先生になるように〜した」ですから、③が当てはまりそうだとこの時点で予測がつきます。

STEP.3
問題文を読む
Michaelの両親は彼を先生になるよう( )した、/しかしMichealはアーティストになりたかった。/結局、彼は美術の先生になった。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③ 
push」に「強要する」という意味があることを知らなくても、「押す」というイメージから選びたい問題でした

他の選択肢だと、意味的に明らかにおかしいですしねー

(5)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
① measure:(動詞)測る
② count:(動詞)数える
③ reach:(動詞)到着する、達する
④ promise:(動詞)約束する

STEP.2
穴埋め部分には「動詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「We’ll  (  ) her house in about 10 minutes.」に入れる単語を選ぶ。

「約10分後に彼女の家に〜」ですから、この時点で③だろうなと予測できます。

STEP.3
問題文を読む
A:私たちはドライブしています/長い時間、お父さん。/私たちはいつおばあちゃんの家に着くの?/B:そう遠くないよ、Beth。/私たちは約10分後に彼女の家に(  )予定です。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③ 
「in about 10 minutes(約10分後)」と問題文で使われているとおり、「in」には「〜後」という意味があることは重要ですので必ず覚えておいてください

長文とかでもよくでてきますもんね

英検準2級過去問解説:大問1【語彙・単語問題】(6)〜(10)

(6)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
① achievement:(名詞)達成、偉業
② retirement:(名詞)退職、引退
③ treatment:(名詞)治療、扱い
④ equipment:(名詞)設備、装置

STEP.2
穴埋め部分には「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「it’s a great (  ) ,espeially」に入れる単語を選ぶ。

穴埋め前後だけでは答えを確定できないので、問題文全文を読んでいきます。

STEP.3
問題文を読む
A:私は信じられない/Naomi Jonesがテニスで優勝したことが/今年。/B:はい、それはすばらしい( )です、/特に彼女は最初の2試合を落としていたので/シーズンの。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:① 
穴埋めの前後だけでは正解を確定できませんでしたが、問題文を読めば「won the tennis championship(テニスの試合で優勝した)」などから①achivement(達成、偉業)しかないことがわかります

正解以外の選択肢も重要な単語ばっかりなので、知らない単語があったらこの機会に覚えちゃった方がいいですねー

(7)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
① rarely:(副詞)めったに〜ない
② heavily:(副詞)多量に、とても
③ brightly:(副詞)明るく、鮮やかに
④ eventually:(副詞)ついに

STEP.2
穴埋め部分には「副詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「( )became able to type very fast」に入れる単語を選ぶ。

「とても早くタイピングができるようになった」なので④だろうとこの時点で予測がつきます。

STEP.3
問題文を読む
Victoriaはタイピングを始めた時/コンピュータの/はじめて、/彼女はとても遅かった。/しかし彼女は毎日練習し、/( )とても早くタイピングできるようになった。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④ 

「最初はできなくて→練習してできるようになった」って流れだから、④eventually(ついに)がしっくりきますよね

(8)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
① courage:(名詞)勇気
② fashion:(名詞)流行、ファッション
③ education:(名詞)教育
④ average:(名詞)平均

STEP.2
穴埋め部分には「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「he found the (  ) to do it」に入れる単語を選ぶ。

穴埋め前後だけでは答えを確定できないので、問題文全文を読んでいきます。

STEP.3
問題文を読む
最初、/Bobは緊張していた/ギターソロを演奏することに/学校のコンサートで。/しかし彼はそれをする( )を見つけた/彼のギターの先生と話したあと。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:①
find(found)」はいろんなニュアンスを持つ多義語で、「見つける」以外に「思う、感じる」などの意味もあります。今回は「勇気をえた、感じた」ぐらいの意味でいいでしょう

そもそも、他の単語はまったく文に合わないから消去法でも十分選べた感じです

(9)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①decorated:(動詞ed形)飾る
② harvested:(動詞ed形)収穫する
③ graduated:(動詞ed形)卒業する
④ screamed:(動詞ed形)叫ぶ

STEP.2
穴埋め部分には「動詞ed形」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「Melissa (  )  when she saw a mouse on the kitchen」に入れる単語を選ぶ。

「台所でネズミを見た時〜」ですから④しかあり得ません。

STEP.3
問題文を読む
Melissaは( )した/彼女がネズミを見た時/台所の床に。/彼女の夫が走ってきた/台所に/確かめるために/なぜ彼女がそんな音を出したのか。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④ 
問題文自体に難しい単語もなく、これは必ず正解したい問題です

(10)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
① expect:(動詞)期待する
② explode:(動詞)爆発する
③ pretend:(動詞)ふりをする
④ protest:(動詞)抵抗する

STEP.2
穴埋め部分には「動詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。

「(  )to be a ninja.」に入れる単語を選ぶ。

「忍者になること、忍者であること」とのつながりから考えれば③、もしくは①ぐらいだろうと予測がつきます。

STEP.3
問題文を読む
Clarlの弟は着ることが好きだ/黒い服を、/そして忍者の( )。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③ 
「pretend to 動詞の原型」で「~する(である)ふりをする」という熟語ですが、単純に「pretend」の意味だけ知っていれば問題は解けたはずです

英検の語彙問題は、純粋に単語力があれば正解を選べちゃう問題がほとんどなんですよね

英検2級過去問解説:大問1【語彙・単語問題】(11)〜(15)

(11)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①complained of
:(熟語)〜を訴える
②came into:(熟語)〜に入る
③stood by:(熟語)そばに立つ、準備する
④succeeded in:(熟語)〜に成功する

STEP.2
穴埋め部分には「熟語」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「she (  ) finishing the race」に入れる語を選ぶ。

設問「11」ぐらいからは熟語や文法を問う問題が出題されることが多いので、その視点で選択肢を見ていく必要があります。

STEP.3
問題文を読む
Janeは毎日訓練していた/マラソンのために/夏の。/最終的に、/彼女はレースを終えることに( )した/4時間より少し少なく。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④ 
傾向として、熟語を問う問題では問題文を通して読んだほうが正解を選びやすくなることが多いです

穴埋め前後をサラッと読んだら、問題文を頭から読んでいって文章全体の流れをつかむってことですね

(12)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①on air:(熟語)放送中
②as a rule:(熟語)一般に、概して
③in the distance(熟語)遠くに、離れて
④at most(熟語)せいぜい

STEP.2
穴埋め部分には「熟語」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「there were elephants (  ) 」に入れる語を選ぶ。

穴埋め前後だけでは答えを確定できないので、問題文全文を読んでいきます。

STEP.3
問題文を読む
Mikeは見た/ツアーガイドが指差し/そして言った時/( )象がいると。/しかし彼はそれらを見ることができなかった/なぜならそれらはあまりに遠くにいたから。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③ 

(13)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①Aside from:(熟語)〜以外に、別として
②Compared with:(熟語)〜と比較して
③Based on:(熟語)〜に基づいて
④Close to:(熟語)〜の近く

STEP.2
穴埋め部分は「熟語」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「(  ) shopping, what else can we do there?」に入れる単語を選ぶ。

熟語は「知らなければ解けない」問題も多いので、時間をかけすぎないことも重要です。

STEP.3
問題文を読む
A:なんであなたは行きたいの/デートで/モールに、Jenny。/買い物(  )、他に何ができますか/そこで。/B:えーと、素晴らしい場所がいくつかあります/食べるための/モールには。/映画館もあります。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:①
今回の問題に出てきた4つの熟語はすべて重要です。どれもいつ試験に出てもおかしくないので、必ず覚えておきましょう

(14)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①After a while:(熟語)しばらくした後
②In a word:(熟語)一言で言えば
③For the best:(熟語)最善の結果になるように
④By the way:(熟語)ところで

STEP.2
穴埋め部分には「熟語」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「the stars come out. (  ), it began to get cold」に入れる単語を選ぶ。

「星が出て、( )で、寒くなった」なので①が当てはまりそうだと予測できます。

STEP.3
問題文を読む
エマはベンチに座って/太陽が沈むのを見て/星が出てくるのを見て楽しんだ。/(  )、寒くなり始めた/だから彼女は決めた/ホテルに戻ろうと。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:① 

熟語の問題は、知っていれば瞬殺できる問題がほとんどです。今回は「After a while(しばらくして)」という重要表現です。もし選択肢の意味がわからなければ、明らかに違いそうな選択肢を切ったあと、あとは勘で選んでしましましょう

いくら時間をかけて考えてもわからない問題には、時間をかけない!ってことですね

(15)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①make efforts:努力する
②make progress:進歩する
③take place:起こる、行われる
④take risks: 危険を冒す、一か八かやってみる

STEP.2
穴埋め部分には「熟語」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。穴埋め部分が問題文の最初の方にある場合は、初めから問題文を読んでいきます。

穴埋め部分が問題文の前半にあるので、文頭から読んでいきましょう。

STEP.3
問題文を読む
Spencerは好きではない/( )することが/彼が自転車を使う時。/彼はいつもヘルメットを身に着ける/そして注意深く乗る。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④ 
take risks(take a risk)」には「危険を冒す」の他に「一か八かやってみる」と言う意味もあります。以前英検2級では「一か八かやってみる」の意味を問われたこともありましたので、この機会に覚えておきましょう

英検2級過去問解説:大問1【語彙・単語問題】(16)〜(20)

(16)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①with luck:うまくいけば、運が良ければ
②on fire:火事になって
③at sea:海で
④for sale:売出し中で

STEP.2
穴埋め部分は「熟語」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「his neighbor’s house was (  ) 」に入れる単語を選ぶ。

「近所の人の家が( )だった」なので②か④しか入らないだろうとこの時点で予測できます。

STEP.3
問題文を読む
Bobbyは煙を見た/彼の近所の家のキッチンの窓から出る。/彼は気がついた/彼の近所の家が( )だったと、/だから彼は伝えに行った/彼の母に/すぐに。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:②
熟語自体を知らなければ、もっている知識を使って可能な限り間違いの選択肢を切り、あとは直感で選ぶこともタイムマネジメント上は大切な技術です

今回の問題は「on fire」のfire(火)からもなんとなく正解を選べちゃったかも
1文目の「smoke(煙)」も大きなヒントになりましたよね

(17)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①with help:助けによって
②for free:無料で
③in place:適所に、所定の位置に
④on purpose:故意に

STEP.2
穴埋め部分は「熟語」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「he did it (  ) 」に入れる単語を選ぶ。

穴埋め前後だけでは正解を確定できないので、問題文全体を読んでいきます。

STEP.3
問題文を読む
A:私は聞きました/Randyは彼の携帯電話を落としたと/川に。/B:はい。/彼は言いました/それは事故だったと/でも、私は思っている/彼はそれを( )やったと/なぜなら彼は彼の両親に買ってもらいたがっていたから/新しいものを。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④
カッコの後ろの文がキーになりましたね

「新しい携帯を買ってもらいたがってた」んですもんねー
want 人 to do(人に〜してもらいたい)」の超重要な形です。この形がつかめなかった人は、必ず理解しておきましょう

(18)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①how
②what
③whose
④who

STEP.2
文法問題であることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「that is (  ) 」に入れる語を選ぶ。

「that is (     ) + SV」の形になっていることを、まず読み取りましょう。

STEP.3
問題文を読む
Jasonの両親はドラマクラブにいた/一緒に/高校時代。/(  )彼らは初めて知り合った/お互いに。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:① 
「that is (     ) + SV」のカッコ部分にはさまざまな疑問詞が入る可能性がありますので、そのうしろの文脈を確認する必要があります。

今回は「そうやって、そういう方法で」の意味になる「that is why」が正解ですね

(19)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①to watch
②watch
③watching
④watched

STEP.2
文法問題であることがわかる
STEP.3
問題文を読む
昨夜、/Rickの母は彼にテレビを見ることを許した/彼が彼の部屋を掃除し終えるまで。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:②
let + 人 + 動詞の原形(人が〜するのを許可する、〜させる)」のいわゆる原形不定詞とよばれる文法事項です。原形不定詞はletの他にも「help」「have」などもよく問われますので覚えておきましょう

(20)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①visit
②visiting
③to visit
④visited

STEP.2
文法問題であることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「it was worth(  ).」に入れる単語を選ぶ。

「worth 〜ing」の形を知っていれば瞬殺できる問題です。

STEP.3
問題文を読む
A:あなたはバリへの旅を楽しみましたか。B:はい、とても。/とても美しい場所で、/そこの人々はとても親切です。/訪れる価値があります。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:②
これも「be worth 〜ing(〜する価値がある)」を知っているかいないかの知識問題でした。とても大事な表現なので必ず覚えておきましょう


ここからは、大問2「会話の穴埋め問題」編です。

この「会話の穴埋め問題」については、
会話でよく使われる表現など、知っておいたほうが良いこともありますが

基本的には、

  • 会話文を素直に読んでいって
  • 穴埋め部分のあとの文章も読んだあと
  • 選択肢から、当てはまるものを選ぶ

といった流れで解くことができます。

ポイントとしてあげるとすれば、穴埋め部分の後ろの文も読んでから選択肢を読むということです。

問題数も5問程度と、それほどボリュームのあるパートでもないので、サクッと終わらせたいところです。

ではさっそく、
解き方を流れに沿ってくわしく解説していきますよ!

英検準2級過去問解説:大問2【会話の穴埋め問題】(21)〜(25)

(21)

STEP.1
会話を上から読みすすめる
A:こんにちは。私の名前はPeter Masonです。/私は( 21 )をもっています。
B:。私に確認させてください、マンソンさん。/なるほど。私たちは禁煙のダブルルームをご用意しております/あなたがたに。/それでよろしいですか。
A:はい。それでいいです。
B:ありがとうございます、お客様。/こちらがカギです。部屋の番号は404で/4階にあります。

STEP.2
選択肢を読む
①2泊の予約
②医者の予約
③4時にGrantさんとの会議
④受け取る荷物

STEP.3
当てはまる選択肢を選ぶ
 正解:① 
「have」には日本語にすると非常にたくさんの意味があるので、言葉にとらわれないようにイメージで捉えられるようにしておきましょう

今回は予約が「ある」「予約している」という状態を表してますね
文脈のヒントとしてはBの人の「nonsmoking, double room」などがキーワードになりました

(22)

STEP.1
会話を上から読みすすめる
A:ハイ、Eric。Mandyはどこにいますか?/私は思っていました/彼女はあなたと一緒にいると。
B:彼女はさっき私に電話しました/言うために/今晩( 22 )だと。
A:彼女はそう言ったのですか?
B:はい。彼女の上司が彼女に頼みました/仕事に来るように/なぜなら同僚の1人が病気のため。

STEP.2
選択肢を読む
①満月が出るだろう
②雨が降るかもしれない
③彼女は来れない
④彼女の車がスタートしないだろう

STEP.3
当てはまる選択肢を選ぶ
 正解:③ 
会話の流れで「Ericと一緒にいると思っていたMandyがいないので、どこに行ったの?」と尋ねていて、それに対する答えが問われているのはわかりましたか

はい。でその答えを確定させるために続きを読んでいくと「仕事に行かなきゃいけないから行けない」って流れになるんでしたね

(23)

STEP.1
会話を上から読みすすめる
A: Drawlish Tourist Information Centerにようこそ。いらっしゃいませ。
B:( 23 )Drawlishに。
A:申し訳ありません、お客様。/以前はそれはあったのですが、/それは数年前にクローズしました。
B:それは残念。/私は思います/魚が泳ぐのを見ることはとてもリラックスできると。

STEP.2
選択肢を読む
①川はありますか
②いくつの博物館がありますか
③一番良いギフトショップはどこですか
④水族館はありますか

STEP.3
当てはまる選択肢を選ぶ
 正解:④ 
Aの2回目の発言「魚が泳ぐのを見ることはとてもリラックスできる」がヒントになり④が正解になります

(24)(25)

STEP.1
会話を上から読みすすめる
A:お父さん、私はサンドイッチを作りました/さっき、/でもわたしはそれをどこにもみることができません。/どこにあるか知ってますか。
B:それは( 24 )ですか?
A:はい、そうです。/それらは私の好きなものです/サンドイッチに入れる。
B:ごめんなさい。/私は思いました/あなたのお母さんがそれを作ったと/私のために。/私はそれを食べました/ちょうど今/朝食に。
A:なんで?/私は何もありません/今日の昼に食べるものが
B:心配しないで。/私が別のサンドイッチをあなたに作ります。
A:でもスクールバスはここにきてしまいます/3分後に。
B:OK./私は( 25 )します/今日。

STEP.2
(24)の選択肢を読む
①ツナとマヨネーズがある/その中に
②サンドイッチショップから来る
③作るのに時間がかかる
④ストロベリージャムのような味がする

STEP.3
当てはまる選択肢を選ぶ
 正解:① 
自分が作ったサンドイッチが見当たらない…という状況が分かればカッコの後ろの「それらはサンドイッチに入れる私の好きなもの」がヒントになって正解を選べたのではないでしょうか

STEP.4
(25)の選択肢を読む
①1日家にいるつもりです
②スーパーマーケットに行きます
③私の車であなたを連れて行きます
④レストランで食べる

STEP.3
当てはまる選択肢を選ぶ
 正解:③ 
基本的にこの「会話の穴埋め問題」では難しい単語はないので、会話の流れをつかめれば正解を選べます。

今回も「お父さんがサンドイッチをつくるよ」→「でも3分後にスクールバス来ちゃう」→」「大丈夫。今日はお父さんが車で送ってくよ」という流れですね

ここからは、大問3・4「長文読解問題」編です。

英検の長文読解問題では、解く際の流れをシステム化することで、

  • 正確に解くことに加え
  • 時間の短縮

が可能になります。

英検準2級の長文読解問題の解き方のコツなどは以下の記事でくわしく解説していますのでまだ読んでいない方は先にご覧ください
>>>英検準2級「長文読解」の勉強法を徹底解説

やみくもに過去問に取り組む前に、まずは解き方のコツを知ってください


上記の記事で学んだ解き方にそって、過去問の答えと解説を行います。 思考の流れに沿ってくわしく解説していきますよ!

 

英検準2級過去問解説:大問3【長文穴埋め問題】(26〜27)

3A

(26)

STEP.1
選択肢をチラッと見る
「短文」を穴埋めする問題だということを確認する
STEP.2
タイトルから最初の穴埋め部分の次の1文まで読み進める
良い友達
*仮にタイトルの意味がわからなくても、焦らないでください。問題自体は、タイトルが読めなくても解けるようにできています。

ヒロコと彼女の友達3人は働いている/学校のプロジェクトで。/彼らは調査を行っている/彼らの街の歴史についての、/そして彼らはプレゼンをしなければならない/それについて/来週の授業で。/放課後毎日、/彼らは集まっている/学校の図書館で。/彼らは話あっている/どの情報を使うか、/そしてどうやって良いプレゼンをするか。/彼らはいくつかの良いアイデアがあり、/彼らは楽しみにしていた( 26 )を。
 

STEP.3
選択肢を読む
①彼らのクラスメートの前で話すこと
②彼らの先生のために食べ物を作ること
③ミュージカルを披露すること/人前で
④彼らの本を見ること/本屋で
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:① 
穴埋め問題のヒントは、穴埋め部分の前後一文にあることがほとんどです。今回も( )の直前で「they had some goiod ideas」とあり、「looking forward to〜」と続くので、正解は①だと判断できます

(27)

STEP.1
選択肢をチラッと見る
「短文」を穴埋めする問題だということを確認する
STEP.2
第2パラグラフから2問目の穴埋め部分の次の1文まで読み進める

しかし、ヒロコは彼女の足を骨折した/昨日のバレーボールの練習で。/現在、/彼女は病院にいなくてはならない/5日間。/彼女は彼女の友達に電話した/そして、言った/彼女は申し訳ないと/何もできないことを/彼らのプレゼンテーションを手伝うために。/彼らは彼女に行った/心配しないように。/彼ら言った/彼らの先生がビデオを作る予定だと/彼らのプレゼンテーションの。/そうすることで、/ヒロコは( 27 )することができるだろう。/ヒロコは彼女の友達たちに感謝し、/彼らの幸運を願った。/tl]

STEP.3
選択肢を読む
①すぐに良くなる
②その後それを見る
③同様に参加する
④他のスポーツをする
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:② 
「先生がビデオをとってくれる」という前文の流れから「②watch it afterwords(あとでそれを見る)」ことができる、が自然だとわかりますね

他の選択肢は、文の流れからも全然ピントが合ってませんしね

英検準2級過去問解説:大問3【長文穴埋め問題】(28〜30)

3B

(28)

STEP.1
選択肢をチラッと見る
短文を穴埋めする問題だということを理解する
STEP.2
タイトルから最初の穴埋め部分の次の1文まで読み進める
ニューオリンズを知る
*仮にタイトルの意味(New Orleans=ニューオリンズ)がわからなくても、焦らないでください。問題自体は、タイトルが読めなくても解けるようにできています。

ニューオリンズは都市である/アメリカ南部の。/過去に、/フランスやスペイン、アフリカ、カリブから人々がそこに住むようになった。/その結果、/そこには独特の文化がある。/このことは、見ることができる/街の建物のデザインの中に、/また街の音楽で聴くことができる。/訪問者もまた経験することができる/この文化を/( 28 )ことによって/ニューオリンズから生まれた/そしてその周りのエリアで。/たとえば、/訪問者はその街を知るようになる/ジャンバラヤのような食べ物を食べることによって。/これは肉やシーフード、野菜、米、スパイスからできている。

STEP.3
選択肢を読む
①話を聞くこと
②人々と会うこと
③車を運転すること
④食事を味わうこと
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④ 
カッコのうしろにある「For example」がポイントになります。「たとえば」といったあと食べ物について書かれているわけですから、食べ物に関することが正解になるはず、とわかります

穴埋め問題は「前後一文にヒントがある」んでしたよね

(29)

STEP.1
選択肢をチラッと見る
「短文」を穴埋めする問題だということを確認する
STEP.2
第2パラグラフ2問目の穴埋め部分の次の1文まで読み進める
ニューオリンズはまた有名である/beignetsと呼ばれるケーキで。/beignetsはドーナツのようなものである/穴のない。/beignetsは通常食べられる/朝食に。/しかし、それらは一日中提供される/カフェで/街のエリアで/French Quarterと呼ばれる。/Cafe du Mondeは最も有名だ/それらの中で。/それは( 29 )がある。/事実、そこは売っている/beignetsと飲み物だけを。

STEP.3
選択肢を読む
①最も高い値段
②特別なテーブルとイス
③シンプルなメニュー
④たった1人のウエイター
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③ 
この問題も、穴埋め部分のあとの文章に答えのヒントがあります

「In fact(事実)」ときて「beignetsと飲み物だけ売ってる」なんですから「③a simple menu」しか当てはまりませんね
POINT
穴埋め問題を解くヒントは、穴埋め部分の前後一文にあることがほとんどです。こういった英検準2級の長文問題の解き方は、以下の記事でくわしく解説していますので参考にしてください。
>>>英検準2級「長文読解問題」の勉強法を徹底解説

(30)

STEP.1
選択肢をチラッと見る
「短文」を穴埋めする問題だということを確認する
STEP.2
第3パラグラフから3問目の穴埋め部分の次の1文まで読み進める
ニューオリンズの人々は大抵飲む/コーヒーの一種を/カフェオレと呼ばれる/beignetsと一緒に。/彼らは温かいミルクと特別な種類のコーヒーを使う/これを作るために。/昔、コーヒー豆はとても高価だった。/人々はもっと安いものを探していた/コーヒーのような味のする/そして、そして彼らは発見した/chicoryと呼ばれる植物を。/この植物の根は( 30 )コーヒーに。/時を経て、ニューオリンズの人々は大好きになった/コーヒーの味を/コーヒー豆と乾燥させたchicoryの根を混ぜたものからできた。
STEP.3
選択肢を読む
①〜より多くのビタミンを含んでいる
②〜と似た香りがある
③たくさんの〜の中でよく育つ
④〜のカップとして使われる
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:② 
ここは穴埋め部分の前の文にヒントがありました

「looked for cheaper things that tasted like coffee(コーヒーに似た味のするもっと安いものを探していた)」って書いてますもんねー
そのとおり。そこが答えの根拠になります

英検準2級過去問解説:大問4【長文読解問題】(31〜33)

4A

(31)

STEP.1
メールのヘッダーを見て内容をつかむ
差出人(from)はJenny Smithという人からのメールだとわかる

②今回は送信先(To)はAi Tanakaという人だとわかります。

「subject」欄(件名)は「Visit to museum」となっているので、博物館への滞在についての話だろうと、この時点で内容が推測できます。

STEP.2
1問目の「設問」を読む
設問:先月、Aiは〜だった?
*選択肢まで読む必要はありません。「先月Aiはなんだったんだろう」という視点で本文を読んでいきます。
 
STEP.3
問題の答えを探しながら第1パラグラフを読む

Aiへ
日本でいかがですか。/私は望んでいます/あなたが海で楽しんだと/先月。/私は知っています/あなたがどれだけ大好きか/泳ぐことそして海辺で遊ぶことを/あなたの友達と一緒に。/私も素晴らしい休暇を過ごせました。/先週、/私は滞在しました/おじとおばのところに/ペンジルベニアの。/彼らは農場に住んでいます/町から50キロ離れた/ピッツバーグと呼ばれる。/私の兄と私は楽しみました/外で遊ぶことを/自然の中の。

STEP.4
選択肢を読む
①海辺で時間を過ごした
②スイミングのレッスンを受け始めた
③ピッツバーグの彼女の家族のところへ訪れた
④彼女の兄弟と一緒に外で遊んだ

STEP.5
設問の答えになる選択肢を選ぶ
正解:①(根拠は赤字部分) 
赤字部分が正解の根拠です。正解以外の選択肢は手紙の送信者(Jenny)がやったことが含まれていますが、惑わされないでくださいね

本文に出てきた単語が入ってるからって、すぐにその選択肢が正解だと思わないことが大切ですね
ポイント 最重要事項として、基本的に1問目の答えは第1パラグラフにあります。 こういった解き方のルールは以下の記事でまとめていますので、その方法をマスターしてから過去問にすすむのが効果的です。
>>>英検準2級「長文読解」の勉強法を徹底解説

(32)

STEP.1
2問目の「設問」を読む

設問:Jennyは何が一番好きでしたか/博物館について。

*Jennyは博物館で何が一番好きだったんだろう?という視点で本文を読んでいく
STEP.2
問題の答えを探しながら第2パラグラフを読む

ある日雨が降っていました/だから私たちは決めました/町に行くことを/そして自然歴史博物館へ/そこで。/その博物館はとても良かった/そこにはたくさんの恐竜の骨があったので。/そこにはまた素晴らしいコレクションもあった/カラフルな岩の。/私のお気に入りのパートは「PaleoLab」だった、でも。/そこでは科学者たちが古い骨の準備をしています/恐竜や他の動物たちの/その博物館のために。/その科学者たちは特別な部屋で働いています/大きな窓のある、/だから博物館への訪問者は彼らをそれらを見ることができる。

STEP.3
選択肢を読む
①科学者たちが骨を用意しているのを見ること/博物館のために
②面白い話を聞くこと/恐竜の骨についての
③素晴らしいコレクション/カラフルな岩の
④その窓は大きく、たくさんの光が入った
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:①(根拠は赤字部分) 
消去法や、なんとなく①かな、という感じで解けた人もいたかもしれません。選択肢①を正確に読むためには、いわゆる第5文型「get  O C(OをCの状態にする)」の知識が必要です

今回は「get bones ready」で「骨を(博物館にだせるように)準備する」って感じですね

(33)

STEP.1
3問目の「設問」を読む

Aiは来月何をする予定ですか。
*Aiは来月何をする予定なんだろう、という視点で本文を読んでいく
STEP.2
問題の答えを探しながら第3パラグラフを読む
私のお母さんは言います/自然歴史博物館はあります/ここシカゴにも。/彼女は言いました/彼女はあなたや私や私の兄弟をそこにを連れて行くと/あなたがアメリカに来る時/来月。/私たちは一日中過ごすことができます/その博物館で/もし私たちが早く行けば。/教えてください/あなたが興味があるかどうか。/私はあなたに合うのを待ちきれません。
あなたの文通友達 
Jennyより

STEP.3
選択肢を読む
①シカゴに引っ越す/彼女の家族と一緒に
②外国へ旅行する/Jennyに会うために
③早く起きる/イベントに参加するために
④働き始める/歴史博物館で

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:②(根拠は赤字部分) 
「next month」というワードが直接出てきますので、そこを見つけられれば正解を選べたはずです

赤字になってる「visit the United States next month」のとこですね

英検準2級過去問解説:大問4【長文読解問題】(34〜37)

4B

(34)

STEP.1
タイトルを読む
「オオカミの帰還」
*仮にタイトルだけでは本文がイメージしにくい場合でも、慌てず、適当に読み飛ばして本文へすすみましょう。タイトルが正確にわからなくても、問題は解けるようにできています。
STEP.2
1問目の「設問」を読む
設問:ひとつの理由は何か/オオカミがドイツからいなくなった
*「オオカミがドイツからいなくなった理由は?」と意識しながら本文を読んでいきます。
STEP.3
問題の答えを探しながら第1パラグラフを読む
オオカミは知的な動物である/集団で生活する/packsと呼ばれる。/むかし、オオカミのpacksは多くのヨーロッパの国で見つけられた、/ドイツを含む。/しかし、農場主がオオカミを狩った/なぜならそれらは時々農場の羊を殺したから。/他の人々はオオカミを狩った/スポーツとして。/19世紀までに、/オオカミがいなくなった/ドイツに。/最近20年でしかし、/オオカミはその国に戻り始めた。

STEP.4
選択肢を読む
①それらは狩られた/彼らが農場の動物を殺すのを防ぐために
②オオカミが食べる動物は全て殺された/農場主によって
③ドイツの農場主たちは牛を飼い始めた/羊の代わりに
④人々は農場を作った/オオカミが生きていた場所に
STEP.5
設問の答えになる選択肢を選ぶ
正解:①(根拠は赤字部分) 
正解の選択肢①で使われている文法「stop 人 from doing(人が〜するのを防ぐ)」は重要表現です。語彙問題でも問われる可能性があるので、必ず覚えておきましょう

stopの他に、「prevent」とか「keep」も同じ使い方で同じ意味になりますね
POINT長文読解問題の短文問題化」については以下の記事でくわしく解説していますのでまだ読んでいない方はご覧ください。
>>>英検準2級「長文読解」の勉強法を徹底解説

(35)

STEP.1
2問目の設問を読む
設問:なぜ多くの人々/東ヨーロッパの/は、彼らの農場を離れたのか/1980年と1990年代に。
*なぜ農場を離れたんだろう?という視点で本文を読んでいく
STEP.2
問題の答えを探しながら第2パラフラフを読んでいく
1980年と1990年代に、/ヨーロッパの国々は法律を作った/野生生物を保護するため/そして、作った/特別な地域を/野生生物に対する。/同時に、多くの人々は彼らの農場を離れた/東ヨーロッパの/海外で仕事をするために。/その結果は/ほとんど人がいなくなったことだった/そしてより安全な場所ができたことだった/鹿や他の動物にとって/オオカミが食べるのが好きな。/これらの動物の数が増えるに連れて、/オオカミの数も増加した。/そのオオカミは西に広がり、/2001年には、/それらはドイツで生息しているのを見られるようになった/ふたたび。

STEP.3
選択肢を読む
①彼らの農場は売られた/地域を作るために/野生生物のための
②オオカミと他の動物たちの数が突然増えた
③ヨーロッパの国々の新しい法律が示した/彼らは離れなければならないと
④かれらは働きに行く機会があった/他の国に

STEP.5
設問の答えになる選択肢を選ぶ
正解:④(根拠は赤字部分) 
設問の中で「なぜleaveしたか」とあり、本文中にも「many people left their farms」と同じleaveという単語も使われているので、正解の根拠になりそうな部分は見つけやすかったのではないでしょうか

で、本文中の「to take jobs abroad(外国で仕事をするために)」が、正解の選択肢④では「go and work in other countries」に言い換えられてるんですね
本文を「言い換え(パラフレーズ)している選択肢が正解である」の大原則です

(36)

STEP.1
3問目の設問を読む
設問:多くのオオカミは生きることを好む/軍のトレーニングセンターで/なぜなら〜?
*「オオカミはなんで軍のトレーニングセンターを好むんだろう」という視点で本文を読んでいく
STEP.2
問題の答えを探しながら第3パラグラフを読んでいく
現在120を超えるオオカミのpacksがある/ドイツには、/しかしそれらの全てが住んでいるわけではない/その特別な地域に/野生生物のための。/たくさんのオオカミは場所を好む/軍がトレーニングに浸かっている。/専門家は考えている/これは、それらの場所はオオカミにとって安全だからだと。/オオカミを狩る人がいるからだろうと思われる/ドイツには、/たとえそれらが許されていなくても。/しかしこれらの人々は恐れている/軍のトレーニングセンターに入ることを/なぜなら彼らは捕まってしまうかもしれないから。
STEP.3
選択肢を読む

①そのセンターの兵士たちはそれらに食糧をあげる/台所から
②それらを狩る人々はあまりに恐れてそのセンターに行かない
③たくさんの人々はその特別な地域を訪れる/野生生物のための
④ほとんど道がない/ドイツの他の場所よりも
STEP.4
設問の答えになる選択肢を選ぶ
正解:②(根拠は赤字部分) 
この問題もパラフレーズに気づくことがポイントです

えーっと、、本文中の第3パラグラフ下から2行目「people are afraid of〜」が正解選択肢②の「too scared」と同じ意味で使われてますね

(37)

STEP.1
4問目の設問を読む
設問:ドイツ政府は〜
*ドイツ政府は何なんだろう、という視点で本文を読んでいきます 
STEP.2
問題の答えを探しながら第4パラフラフを読んでいく
他の動物/珍しい鳥を含む/は、また保護されてもいる/軍のトレーニングセンターに。/かつて多くの軍のトレーニングセンターがあった/ヨーロッパには。/しかし、それらのいくつかはもはや必要とされていない。/2015年に、ドイツ政府は公園を作った/野生生物のための/62の古い軍のトレーニングセンターから。/このことが増やした/総規模を/そのような公園の/その国/25%。/現在、計画がある/馬やバイソンや他の野生生物を戻そうとする/これらの公園に/また。
STEP.3
選択肢を読む

①62の新しい軍のトレーニングセンターをオープンすることを計画している
②珍しい鳥を移動させた/それらを保護するために
③馬やバイソンを連れてきた/公園に/2015年に
④より多くの土地を提供した/野生の動物のために
STEP.4
設問の答えになる選択肢を選ぶ
正解:④(根拠は赤字部分) 
設問に対する正解は、赤字で示した部分だけで選べます

あらためて、長文問題もこうやってパラグラフごとに解いていく「単文問題化」で、正解率も上がるし、解く時間も短くできるってすごいですね〜
ぜひ他の過去問を使って、この解き方に慣れるように練習してください

>>>過去の準2級問題の解説をみる