<NEW>過去問の解説はこちら

【英検準1級の過去問解説】大問1:語彙・単語問題編(2019年度第3回)

英検過去問徹底解説

こんにちは。Tomoです。

今回は、英検準1級の過去問徹底解説シリーズ大問1「語彙・単語問題」編です。

待ってました!

英検の語彙問題では、解く際の流れを自分のモノにすることで、

  • 正確に解くことに加え
  • 時間の短縮

が可能になります。

英検準1級の語彙・単語問題の解き方のコツなどは以下の記事でくわしく解説していますのでまだ読んでいない方は先にご覧ください

>>>英検準1級「語彙問題」の勉強法を徹底解説

やみくもに過去問に取り組む前に、まずは解き方のコツを知ってください


上記の記事で、解き方について学んだら、いよいよ過去問の演習に入りましょう。

思考の流れに沿ってくわしく解説していきますよ!

過去問の入手方法英検の公式サイトからダウンロードできます。
2019年度第3回問題冊子をクリックして入手してください。

一緒にがんばりましょー

英検準1級過去問解説:大問1【語彙・単語問題】(1)〜(5)

(1)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①fury:(名詞)激怒、猛威
②shrinkage:(名詞)縮小、下落
③galaxy:(名詞)銀河
④era:(名詞)時代、年代
STEP.2
穴埋め部分には「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。
「the full (  ) of the hurricane」に入れる単語を選ぶ。
勘のいい方であれば、この時点で流れ的に①かな、という予測がつきます。

STEP.3
問題文を読む
海岸沿いの街はさらされた/ハリケーンの(  )に/そして、多くの建物が破壊された。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:① 

あれ? 全部読まなくても、なんとなく答えわかっちゃうじゃないですか
そう。この問題のように、空欄(  )の前後を読むだけで、正しい答えの当たりをつけることができることが多いです。もちろん、当たりをつけたあとは、ざっと英文に目を通して、答えが正しいことを確認してください

(2)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①outraged:(形容詞)激怒した
②conceited:(形容詞)うぬぼれた
③offended:(形容詞)腹がたって、ムッとして
④defined:(形容詞)明確な
STEP.2
穴埋め部分には「形容詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「Kaylee is so (  )」に入れる単語を選ぶ。

文頭が空欄になっているので、本文を読み進めていきます。

STEP.3
問題文を読む
Kayleeはとても(  )だ。/彼女は私に言った/彼女は自分が最も美しい女性だと思っていると/学校の中で。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:② 
準1級レベルになると、選択肢に知らない単語がでてくることもあると思います。そんなときは知っている単語を当てはめながら読んでいきます。それらがすべて文脈に合わないと思ったら、知らない単語を正解として選んでしまいましょう

単語問題はわからないものは分からないと割り切ってサクサクとすすんで、長文問題とかに時間を使ったほうが合格には近づくんでしたよね

(3)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①proficient:(形容詞)卓越した
②vigorous:(形容詞)激しい
③extensive:(形容詞)広範囲の
④insistent:(形容詞)しつこい、強く主張する

STEP.2
穴埋め部分には「形容詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「she was (  ) in Chinese」に入れる単語を選ぶ。

(  )の前後の語だけでは特定できないので、文脈を理解します。

STEP.3
問題文を読む
その仕事の候補者は主張した/彼女は中国語に(  )だと/しかし、その面接官が中国語で彼女に質問した時/彼女はそれを理解することができなかった。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:①

単語・語彙問題でも、問題文は前から順に読み下していく方法をマスターしてください。

(4)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①expansively:(副詞)広範囲に、心の広い
②abstractly:(副詞)抽象的に
③deliberately:(副詞)故意に
④bashfully:(副詞)遠慮がちに
STEP.2
穴埋め部分には「形容詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「accused him of breaking it (  )」に入れる単語を選ぶ。

勘の良い方であれば、③が当てはまりそうだな、と予測ができます。

STEP.3
問題文を読む
EdはKimに謝った/彼女の花瓶を壊したことを/しかし、 kimはそれが事故だとは信じなかった。/彼女は彼を非難した/それを(  )壊したと。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③ 
(1)選択肢をザっと見て、(2)穴埋め部分( )の前後の語を確認してから解く、という方法に慣れてきましたか?
この方法をモノにできれば、語彙問題は短時間で、効率的に解けるようになります

(5)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①theses:(名詞)学位論文(thesisの複数形)
②ballots:(名詞)投票用紙
③clauses:(名詞)条項
④rallies:(名詞)大会、レース、ラリー

STEP.2
穴埋め部分には「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「An entire box of (  ) had been lost」に入れる単語を選ぶ。

少なくとも、③や④は当てはまらならなそうだな、とわかります。

STEP.3
問題文を読む
選挙の一週間後、/市議会は市民に謝罪した。/(  )の箱がなくなった/このことは意味する/多くの市民の投票がカウントされないことを。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:② 
問題文の「election」や「many citizens’ vote」などから「ballot(投票用紙)」を結びつけたい問題です

英検準1級過去問解説:大問1【語彙・単語問題】(6)〜(10)

(6)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①striking:(形容詞)顕著な、美しい
②preceding:(形容詞)前の
③binding:(形容詞)必ず守る必要のある、法的拘束力のある
④dripping:(形容詞)ずぶぬれの

STEP.2
穴埋め部分には「形容詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「the contract was (  )」に入れる単語を選ぶ。

「contract(契約)」と相性の良さそうなのは③だな、と予測できます

STEP.3
問題文を読む
その会社の社長は弁護士に尋ねた/調べるように/その契約は(  )かどうか。/その契約は利益を生まない/なので彼は望んでいた/会社がそれを早くキャンセルすることを。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③ 
英検準1級というレベルの高い試験であっても、( )前後の文脈だけで正しそうな選択肢に当たりをつけることができます

(7)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①ample:(形容詞)豊富な
②premature:(形容詞)時期尚早の
③stale:(形容詞)新鮮でない
④resolute:(形容詞)断固とした

STEP.2
穴埋め部分には「形容詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「students were given (  ) time to complete their assignment」に入れる単語を選ぶ。

「time」を修飾できるのは①ぐらいだな、と予測できます

STEP.3
問題文を読む
その生徒たちは与えられたにもかかわらず/(  )な時間を/彼らの課題を完成させるための、/何人かは遅れた/それを提出するのが/そして、低い成績を受け取った/その結果。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:① 
「complete their assignment」するのにampleな(じゅうぶんな、豊富な)時間が与えられていたにもかかわらず、という文脈が理解できれば、問題文の後半は読む必要もなく正解が選べます

(8)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①struggle:(名詞)格闘、戦い
②ransom:(名詞)身代金
③apparel:(名詞)衣類、アパレル
④courtesy:(名詞)思いやり、礼儀正しさ

STEP.2
穴埋め部分には「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「with (  ) is very important」に入れる単語を選ぶ。

STEP.3
問題文を読む
お客さんを(  )に扱うことはとても重要だ。/もし販売員が無礼だったりマナーが悪ければ、/買い物客は戻ってこないだろう/その店に。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④ 
「courtesy」の意味さえ知っていれば、簡単に解けたと思います

うーん、結局「単語力」がモノを言うんですよね。。

(9)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①subtle:(形容詞)かすかな、わずかな
②touchy:(形容詞)怒りっぽい、扱いにくい
③vulgar:(形容詞)下品な
④hectic:(形容詞)とても忙しい

STEP.2
穴埋め部分には「形容詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「it became much more (   ) 」に入れる単語を選ぶ。
STEP.3
問題文を読む
午前中、そのカフェは静かです/しかし、ランチタイムには、/そこはとても(  )になる。/給仕スタッフは行ったり来たりしなければならない/注文を受けたり運んだりして。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④ 
「午前中は静かだが」の「but」を見た瞬間に、「午後は忙しい」系の文章が続くことが予想できますよね。それに当てはまるのは④hecticしかありません

で、念のため問題文の続きを読むと「had to rush」などがあって、hecticで間違いない、とわかりますね

(10)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①committed:(動詞)真剣に関わった、を犯した
②enacted:(動詞)(法案を)制定した
③distinguished:(動詞)区別した
④provoked:(動詞)引き起こした、怒らせた

STEP.2
穴埋め部分には「動詞のed形」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「the scientist (  ) himself」に入れる単語を選ぶ。

「distinguish oneself」で「頭角を現す」の意味になることを知っていれば答えはすぐにわかります

STEP.3
問題文を読む
その科学者は(  )した/彼の同僚たちの中で/かれの優れた業績をとおして。/彼はたくさんの賞を受賞し、/いくつかの本を出版した。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③ 
わからない単語ばかりが並んでいたら、最低限の選択肢を切って、勘で選びましょう!語彙問題は、「分からないものはわからない」世界だと理解することも大事です

英検準1級過去問解説:大問1【語彙・単語問題】(11)〜(15)

(11)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①inaction:(名詞)無為、怠惰
②botany:(名詞)植物、植物学
③anarchy:(名詞)無政府状態
④texture:(名詞)触感、肌触り

STEP.2
穴埋め部分には「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「The rebel created ( )」に入れる単語を選ぶ。

「rebel(反逆者)」の意味がわかれば③と相性がいいと予測がつきます。

STEP.3
問題文を読む
その反逆者は(  )を作り出した/彼らが政府を負かした時。/その国はコントロール不能状態となった/民主的なリーダーシップがもどるまで/数年後に。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③ 
「rebel(反逆者)」「anarchy(無政府状態)」など、普段の勉強の中で「単語同士の相性」にも感度を高くしておくと、こういう問題は瞬殺できます

(12)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①vain:(形容詞)無駄な、うぬぼれの強い
②witty:(形容詞)機知に富んだ
③mutual:(形容詞)相互の
④potent:(形容詞)強力な
STEP.2
穴埋め部分には「形容詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「need a (  ) painkiller」に入れる単語を選ぶ。

STEP.3
問題文を読む
その医者は彼女の患者に言った/彼は(  )な痛み止めが必要だろうと/手術の後。/「私は普段はすすめません/このような強い薬を」と彼女は言いました。/「しかし、あなたは強い痛みがあるでしょう」。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④
「painkiller(痛み止め)」を修飾する形容詞では「potent(強力な)」が適切です

やっぱり、この問題もコロケーション(単語同士の相性)から正解を選べちゃいますね

(13)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①remodeled:(動詞)を改造した、リフォームした
②raided:(動詞)に踏み込んだ、襲撃した
③doomed:(動詞)を運命づけた、宣告する
④knitted:(動詞)を編む

STEP.2
穴埋め部分は「動詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「the police (  ) the warehouse」に入れる単語を選ぶ。

①もありえないこともないですが、常識的に考えて②だろうな、という予測がつきます

STEP.3
問題文を読む
警察は倉庫に(  )/なぜなら、彼らは考えたからだ/それは犯罪者に使われたと/不法ドラッグを保管するために。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:②
主語が「police」となると、とる動詞は限られてきますよね。さらにその動詞の目的語が「warehouse(倉庫)」ですから、そこに「踏み込んだ」の意味のraidedが正解です

念のため問題文の続きを読むと、「to store illegal drugs」で間違いないとわかりますね

(14)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①clutch:(動詞)を握る
②violate:(動詞)と破る、に違反する
③wield:(動詞)を行使する
④resume:(動詞)を再開する

STEP.2
穴埋め部分には「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「was able to ( ) long­distance running three months after」に入れる単語を選ぶ。

「three months after」から、勘の言い方は④が正解っぽいと予想できるかもしれません。

STEP.3
問題文を読む
Janelleは長距離ランを(  )できた/彼女の膝を怪我して3ヶ月後に。/彼女は嬉しかった/再びトレーニングができて。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④ 

( )前後から、正解の目星がついたら、それが正しいかどうかを確かめながら全文を読む進めていきます

(15)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①bazzed:(動詞)ざわめいた
②endorsed:(動詞)支持した、推奨した
③tapped:(動詞)軽く叩いた
④slammed:(動詞)バタンと閉めた

STEP.2
穴埋め部分は「動詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「the conference hall ( ) with excitement」に入れる単語を選ぶ。

STEP.3
問題文を読む
その会議室は興奮で(  )/有名な生物学者が登壇した時。/全員が知っていた/彼女は大きな発見を発表するであろうことを/しかし、誰もそれが何かは知らなかった。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:①
主語が「the conference hall」という「無生物」ですから、無生物を主語にできる①が正解です

英検準1級過去問解説:大問1【語彙・単語問題】(16)〜(20)

(16)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①custody:(名詞)保護
②procedure:(名詞)手順
③finale:(名詞)フィナーレ
④bait:(名詞)餌
STEP.2
穴埋め部分は「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「the judge awarded (  ) of the children」に入れる単語を選ぶ。

「of the children」が続くことから、勘の言い方は①が正解だろうと予測がつきます。

STEP.3
問題文を読む
離婚訴訟で、その裁判官は認めた/その子どもの(  )を/その母親に/しかし、裁定した/父親が彼らを訪れることができる/1ヶ月に2回。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:①
「custody」は「保護」という意味で暗記した方も多いと思います。今回は「divorce case(離婚訴訟)」における「(  ) of the children」なので、まあ「親権」みたいな感じだろうな、と予想できると上級者ですね

(17)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①endearing:(形容詞)好感を抱かせる
②materialistic:(形容詞)物質主義の、功利主義の
③invisible:(形容詞)目に見えない
④boundless:(形容詞)際限のない、無限の

STEP.2
穴埋め部分は「形容詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「Some people are very( )」に入れる単語を選ぶ。

( )が冒頭の文にあるので、続きを読んでいく必要があります。

STEP.3
問題文を読む
何人かの人々はとても(  )である。/彼らはとても興味がある/ものを所有することに/精神的な幸福よりも。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:②
「some people」は「〜という人もいる」という意味で、対比のニュアンスを含みます。これは、長文読解などでも役に立ちますので必ず覚えておいてください

この問題の場合は、「materialistic(物質主義の)」と「spiritual(精神的な)」が対比されてますね

(18)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①archaic:(形容詞)古代の、古い
②scenic:(形容詞)景色の、景色が素晴らしい
③sinister:(形容詞)不吉な
④muddy:(形容詞)泥の、泥まみれの

STEP.2
穴埋め部分には「形容詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「Some of the (  ) English used in fourteenth ­century」に入れる単語を選ぶ。

「used in fourteenth ­century texts」から、勘の良い方は①がピンとくると思います

STEP.3
問題文を読む
14世紀のテキストで使用されている(  )の英語のいくつかは/理解できないものもあるだろう/こんにちの英語のネイティブスピーカにとって。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:① 
問題文の英語レベル自体はそれほど高くありません。要は「archaic(古代の、古い)」の意味さえわかれば解ける、典型的な語彙問題です

(19)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①restrained:(動詞)を制止した、禁止した
②crouched:(動詞)しゃがんだ
③proclaimed:(動詞)公布した、宣言した
④enveloped:(動詞)を包んだ

STEP.2
穴埋め部分には「動詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「his eldest daughter was (  ) queen」に入れる単語を選ぶ。

勘のいい方であれば、この時点で流れ的に③がしっくりくることがわかります。

STEP.3
問題文を読む
その王が死んで直ぐ後に/彼の長女が女王として(  )された、/そして、即位式が彼女のために行われた。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③
 
問題文の「crowing ceremony」が「即位式」だとわからなくても「ceremony」だから何かの式だろうなと予測するだけで十分解ける問題です。

(20)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①tragic:(名詞)悲劇的な
②plentiful:(形容詞)豊富な
③remorseful:(形容詞)深い反省をして、良心に苛まれて
④revolting:(形容詞)不愉快な

STEP.2
穴埋め部分は「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「he doesn’t seem very (  )」に入れる単語を選ぶ。

STEP.3
問題文を読む
A:Gregは先生に謝りましたか/テストでカンニングしたことに対して。/B:はい。でも彼はそれほど(  )してるようには見えません。/私は彼がそれについて笑っているのを聞きました/あとで/彼の友達と一緒に。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③

選択肢の単語、いくつも知らないのがあってわかりませんでした…
満点を取る必要はありませんから、分かる範囲の単語をあてはめて、絞りきれなければ「勘」でマークして次にすすみましょう

英検準1級過去問解説:大問1【語彙・単語問題】(21)〜(25)

(21)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①splendor:(名詞)豪華さ、見事さ
②infrastructure:(名詞)社会生活基盤、インフラ
③adoration:(名詞)敬愛
④enrollment:(名詞)入会、登録

STEP.2
穴埋め部分には「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「the university has seen a large decrease in (  ).」に入れる単語を選ぶ。

「large decrease」との相性から、④がしっくりくることが予測できます。

STEP.3
問題文を読む
近年、/その大学は(  )に、大きな減少が見られる。/補うために/生徒の少ない分を/授業料を上げなければ
ならなかった。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④ 

(22)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①get down to(熟語)〜に取り掛かる
②send out for(熟語)〜に人を送る
③walk off with(熟語)〜を持ち去る
④grow out of(熟語)〜から生じる

STEP.2
穴埋め部分には「熟語」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「he could (  ) preparing for the presentation」に入れる単語を選ぶ。

熟語の問題は、知らなければ深追いせず、可能な限り選択肢を切ったら、あとは「勘」で選ぶのも大切なタイムマネジメントです。

STEP.3
問題文を読む
Williamはたくさんのメールがあった/返信しするための/午前中に、/なので、ランチタイムまでかかった/彼がプレゼンテーションの準備に(  )まで/その日の夕方に出さなければならない。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:① 
「熟語対策」は効率が悪いので、学習時間に余裕がなければする必要はありません。出題範囲が絞れない上に、4問程度しか出題されないというのがその理由です

わたしたちの目標は「全問正解」じゃなくて「準1級合格」ですからね

(23)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①points to(熟語)指し示す
②acts out(熟語)実行に移す、演じる
③heads off(熟語)阻止する、回避する
④misses out(熟語)逃す、省略する

STEP.2
穴埋め部分には「熟語」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。

STEP.3
問題文を読む
A:あなたは知っていますか/経済が回復するか/来年、Grey教授。/B:うーん、わたしはやや心配しています。/家を購入する人が少ないです/そして、それは通常、将来における経済の悪化を( )します。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:① 
文脈から、経済の悪化を「示す」「表す」的な単語が入ることはわかりますよね。選択肢を見ると「point」はそれらしいなと気付けると、特に熟語として暗記しなくても正解を選べる問題です

(24)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①backed up(熟語)後援する、後退する
②ran down(熟語)流れ落ちる、停止する
③came off(熟語)外れる、〜の出来である
④hung on(熟語)しがみつく

STEP.2
穴埋め部分には「熟語」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。

STEP.3
問題文を読む
その主催者は計画を立てていた/文化祭の/何ヶ月も/だから、彼らはとてもうれしかった/それが完璧な( )だったとき。/何一つ問題がなかった。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③ 
「come off」は通常「外れる」等の意味ですが、well,badly,perfectlyなどの副詞を伴うと「(副詞)の出来である」という意味になります。難易度の高い問題でした

(25)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①die out(熟語)廃れる、絶滅する
②kick off(熟語)蹴飛ばす
③get it on(熟語)楽しむ
④live up to(熟語)に添う、応える

STEP.2
穴埋め部分には「熟語」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。

STEP.3
問題文を読む
Pauloはかつて多くの時間を使っていた/他人の期待に( )しようと、/しかし今は、彼はただ集中している/彼をハッピーにしてくれるものに。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④ 
熟語問題は、選択肢すべての意味がわかることはなかなかないと思います。なので文脈から判断して、いかに消去法で確率を上げていけるかも重要なテクニックです

この問題も、( )部分は「期待に応える」的な内容だろうなってわかるから、なんとなーく「die」とか「kick off」とかは違うかなって切れますね
英検準1級合格の目安は、正解率70%程度といわれています。
語彙問題でいうと、全25問中17〜18問は正解したいところです。がんばりましょう!