<NEW>過去問の解説はこちら

【英検準2級過去問徹底解説】大問1:語彙・単語問題編(2019年度第3回)

英検過去問徹底解説

こんにちは。Tomoです。

今回は、英検準2級の過去問徹底解説シリーズ2019年第3回・大問1「語彙・単語問題」編です。

待ってました!

英検の語彙問題では、解く際の流れを自分のモノにすることで、

  • 正確に解くことに加え
  • 時間の短縮

が可能になります。

英検準2級の語彙・単語問題の解き方のコツなどは以下の記事でくわしく解説していますのでまだ読んでいない方は先にご覧ください

>>>英検準2級「単語問題」の勉強法を徹底解説

やみくもに過去問に取り組む前に、まずは解き方のコツを知ってください


上記の記事で、解き方について学んだら、いよいよ過去問の演習に入りましょう。

思考の流れに沿ってくわしく解説していきますよ!

過去問の入手方法英検の公式サイトからダウンロードできます。
2019年度第3回問題冊子をクリックして入手してください。

一緒にがんばりましょー

英検準2級過去問解説:大問1【語彙・単語問題】(1)〜(5)

(1)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①guard:(動詞)を守る、保護する
②warn:(動詞)を警告する
③combine:(動詞)を組み合わせる
④attract:(動詞)を惹きつける

STEP.2
穴埋め部分には「動詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「They (  ) insects in many ways」に入れる単語を選ぶ。

穴埋め部分だけでは選択肢を絞りきれないので問題文全体を読む。

STEP.3
問題文を読む
花は昆虫を必要とする/生き残るために。/彼らは昆虫を( )する/たくさんの方法で、/匂いを発するような/昆虫が好きな。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④
ポイントは( )後の後半部分、「such as making a smell some insects like」です

「昆虫が好きな匂いを発するような」方法で「惹きつける(attract)」ってことですね!

(2)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①accomplished:(動詞)を達成した
②debated:(動詞)討論した
③confused:(動詞)を混乱させた
④explored:(動詞)を探検した

STEP.2
穴埋め部分には「動詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「she finally (  ) her goal」に入れる単語を選ぶ。

勘のいい方であれば、この時点で①がしっくりくることがわかります。

STEP.3
問題文を読む
Dianeはいつも書きたかった/小説を。/三年後、/彼女はついに( )した/彼女のゴールを。/それは出版される予定だ/この春に。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:① 

( )の前後を読むだけで、けっこう正しい選択肢が選べちゃうんですね
そう。( )前後を読んで答えの当たりをつけて→問題文全文を読んで→当たりをつけていた答えが正しいかを確認する、というのが一番効率的な解き方です

(3)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①total:(名詞)合計
②crowd:(名詞)人混み、群衆
③stick:(名詞)棒
④poem:(名詞)詩

STEP.2
穴埋め部分には「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「get through this (  ) of people」に入れる単語を選ぶ。

勘のいい方であれば、この時点で②がしっくりきそうなことがわかります。

STEP.3
問題文を読む
A:Melissa、私は思う/フェスティバルが行われていると。/わたしたちはどうやって通り抜けましょうか/この人々の( )を。B:違う道で行きましょう。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:②
「( )を通り抜ける」に当てはまるのは②しかありませんね

POINT単語問題は、先に選択肢にザっと目を通すことで、短時間で正答率が上がります。
こういった
解き方のコツは以下の記事でまとめていますので、この方法をマスターしてから過去問にすすむのが効果的です。
>>>英検準2級「単語問題」の勉強法を徹底解説

(4)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①imagine:(動詞)を想像する
②skip:(動詞)を飛ばす
③complain:(動詞)文句を言う
④manage:(動詞)を管理する、なんとか〜する

STEP.2
穴埋め部分には「動詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「Can you (  ) 」に入れる単語を選ぶ。

( )が文頭付近にあるので、最初から英文を読んでいきましょう。

STEP.3
問題文を読む
A:あなたは( )できますか/500年前はどんな生活だったか。/B:いいえ、できません。/私は思います/それは全く違っていたに違いないと/テクノロジーがなく/私達が今日(こんにち)持っている。

STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:①
「life」「500 years ago」などをヒントに「imagine」がピンとくるといいですね

(5)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①tournament:(名詞)トーナメント、勝ち抜き戦
②situation:(名詞)状況
③atmosphere:(名詞)大気、雰囲気
④harmony:(名詞)調和

STEP.2
穴埋め部分には「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「he earth’s ( ) is becoming warmer」に入れる単語を選ぶ。

勘の言い方であればこの時点で③が正しいことがわかります

STEP.3
問題文を読む
多くの科学者は言う/気候は変化している、/そして、地球の( )は暖かくなっている。/暖かい空気は引き起こすかもしれない/たくさんの問題を。/
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③

英検準2級過去問解説:大問1【語彙・単語問題】(6)〜(10)

(6)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①deeply:(副詞)深く
②kindly:(副詞)親切に
③softly:(副詞)やわらかく
④easily:(副詞)簡単に

STEP.2
穴埋め部分には「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「he can ( ) run for an hour」に入れる単語を選ぶ。

「run」と相性のいい単語は④ぐらいだな、と目星をつけられます

STEP.3
問題文を読む
Seanは走り始めた/3年前。/それは彼にとって大変だった/はじめは。/しかし現在、彼は( )に走ることができる/一時間/止まることなく。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④ 
コロケーション(組み合わせ)的に「easily」がしっくりくるな、と予想したあと全文に目を通し、「間違いない!」と確信して回答する、というのがベストな思考の流れです

(7)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①measure:(名詞)手段、対策
②custom:(名詞)習慣、関税
③rumor:(名詞)うわさ
④sketch:(動詞)スケッチ

STEP.2
穴埋め部分には「名詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「I also heard that (  ).」に入れる単語を選ぶ。

勘のいい方であれば「heard(聞いた)」と相性のいい単語は③だな、と目星がつけられます

STEP.3
問題文を読む
A:私は聞きました/Danielsさんが結婚することを。B:わたしもその( )を聞きました。/しかし、私が彼女に尋ねた時/それについて、/彼女は言いました/それは真実ではないと。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③ 

(8)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①cousin:(名詞)いとこ
②nephew:(名詞)甥(おい)
③author:(名詞)著者
④mayor:(名詞)市長

STEP.2
穴埋め部分には「動詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「meet his new (  )」に入れる単語を選ぶ。

「his new」に続ける名詞は①か②かな、と予想できます

STEP.3
問題文を読む
Ronの妹は男の子を生んだ/木曜日に。/彼は待てなかった/彼の新しい( )に会うことを。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:② 

「妹が産んだ子ども」だから…えーっと
甥(おい)ですね。いとこ(cousin)と甥(nephew)の違いも理解していないと解けない、ちょっといやらしい問題ですね

(9)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①announce:(動詞)をアナウンスする、知らせる
②rent:(動詞)を借りる
③ignore:(動詞)を無視する
④earn:(動詞)を稼ぐ

STEP.2
穴埋め部分には「動詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「hope to(  )enough money」に入れる単語を選ぶ。

組み合わせ的に②か④しか当てはまらないな、と予想できます

STEP.3
問題文を読む
A:あなたは何をする予定ですか/夏休みに、Steve?/B:私はアルバイトをする予定です。/私は十分なお金を( )ことを望んでいます/新しいコンピュータを買うために。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④
「buy a new computer」のためには、「enough money(十分はお金)」を「earn(稼ぐ)」必要がありますよね

(10)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①awake:(形容詞)起きている
②equal:(形容詞)等しい
③personal:(形容詞)個人の、個人的な
④correct:(名詞)正しい

STEP.2
穴埋め部分には「形容詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「his wife was still(  )」に入れる単語を選ぶ。

勘のいい方であれば、この時点で①が正解だとわかります

STEP.3
問題文を読む
トムが家についた時/仕事から/午前2時に、/彼は驚いた/彼の妻がまだ( )。/彼女は言った/彼女は眠れなかったと/なぜなら彼のことが心配で。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:① 
(  )の前後を読むだけで、正解の目星をつけられる感覚がつかめてきましたか?

①(  )前後を読んで答えの当たりをつけて→②問題文全文を読んで→③当たりをつけていた答えが正しいかを確認する、この流れでずいぶんコツがつかめてきました

英検2級過去問解説:大問1【語彙・単語問題】(11)〜(15)

(11)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①last
②round
③past
④full

STEP.2
穴埋め部分には「形容詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「all year(  )」に入れる語を選ぶ。

設問「11」ぐらいからは熟語や文法を問う問題が出題されることが多いので、その視点で選択肢を見ていく必要があります。

STEP.3
問題文を読む
A:気候が暖かくなってきました。/私は思う/私達はもうスキーはできないんじゃないかと/今年は。B:そうだね。/私はスキーができたらいいなぁと思う/(  )。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:②

「all year round」で「一年中」という意味かあ
ここに文章熟語問題は知らなければできないと割り切って、「これは違うだろうな」と思う選択肢を切ったら、あとは勘で選ぶのも大切な時間管理です

(12)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①from
②by
③in
④to

STEP.2
穴埋め部分には「前置詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「do you come ( )」に入れる語を選ぶ。

前置詞を選ぶ問題は( )前後だけでなく、文脈が関わってくる問題も多いので、文全体を読んで選びます。

STEP.3
問題文を読む
Jessica/私は聞きました/あなたがカナダ人だと。/あなたはカナダのどこから(  )?
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:① (「come from」で「〜から来る、〜出身である」の意味)
この問題は「from」のもつ基本的な意味から、比較的選びやすかったのではないでしょうか

(13)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①put off:(句動詞)延期する
②brought out:(句動詞)連れ出す、持ち出す
③torn off:(句動詞)引きちぎる
④given out:(句動詞)放つ、配る

STEP.2
穴埋め部分は「句動詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「(  )until next weekend」に入れる単語を選ぶ。

この時点で、勘の良い方であれば①がしっくるきそうだなとわかります。

STEP.3
問題文を読む
そのテニスの試合は( )された/次の週末まで。/なぜなら/5人のメンバーが病気なので。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:①
「put off(延期する)」は覚えておきたい重要表現です。この意味さえ知っていれば簡単に選べる問題でした

(14)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①break up:別れる、砕ける
②add to:〜に加える
③pick up:を拾い上げる
④hang on:〜にしがみつく

STEP.2
穴埋め部分には「句動詞」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「(  )my presentation」に入れる単語を選ぶ。

勘のいい方であれば、語の組合わせ的に②が正しそうなことがこの時点でわかります。

STEP.3
問題文を読む
A:あなたは何かありますか/私のプレゼンテーションに( )ものを。/B:いいえ、私は思います/あなたはすべてを説明していると/明瞭に。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:②

この問題は「add(加える)」の意味さえ知っていれば正解を選べますね。必ず正解しておきたい問題です

(15)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①an eye on
②a secret from
③away from
④her word to

STEP.2
穴埋め部分には「複合語」が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「kept(  )her brother’s baby」に入れる単語を選ぶ。

「keep」とのコロケーション(組み合わせ)で選ぶ問題だということがわかります。

STEP.3
問題文を読む
Dorothyは彼女の兄弟の赤ちゃんを( )した/彼がスーパーマーケットに行っていた間。/彼女は確実にしようとした/その赤ちゃんが安全であるように
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:①
この問題のように( )の直前の単語(今回の場合「keep」)と組み合わせて、意味がとおる選択肢を選ばせる問題もよく出ます

( )前後をよく見ることが、やっぱり大切ですね

英検2級過去問解説:大問1【語彙・単語問題】(16)〜(20)

(16)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①no longer:もはや〜ない
②no more:それ以上〜ない
③not always:いつも〜なわけではない
④nothing but:〜以外の何者でもない、〜にすぎない

STEP.2
穴埋め部分は「語法問題」であることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「he’s(  )like this」に入れる単語を選ぶ。

STEP.3
問題文を読む
A:Robbin、あなたの犬が怖いです。/彼は私に吠えています。B:ごめんなさい。/彼は(  )こんなふう。/彼は興奮しています/今/なぜなら、新しい人に会っているから。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:③
文脈から選ぶ問題です。今は吠えているけど「いつもこうなわけではない」と言っているんですね

(17)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①works
②drives
③thinks
④looks

STEP.2
穴埋め部分は「語法問題」であることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「It ( ) like it’s going to rain」に入れる単語を選ぶ。

勘のいい方であれば、この時点で④が正しそうなことがわかります。

STEP.3
問題文を読む
A:雨が振りそうに(  )/私たちは傘を持っていません。B:そうですね。急いで家に帰ったほうがよさそうですね。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④
「It looks like it’s going to rain(雨が降りそうだ)」のlookの使い方は、この例文でそのまま覚えちゃうと楽ですよ

「〜のように見える」の「look」ですね

(18)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①have ridden
②to ride
③ride
④rode

STEP.2
文法問題であることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「a long time(  )so far」に入れる語を選ぶ。

動詞の型の知識を問われている、とわかることがまず大事です。

STEP.3
問題文を読む
A:先週の日曜日、/私の兄弟と私は海に行きました/自転車で。/B:わぁ、それは遠くまで。/それは長い時間がかかったに違いない/(   )。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:② 
「It takes 時間 to 動詞の原形」で、「〜するのに(時間)かかる」の構文を知っているかがキモです

これも「It takes 2 hours to get to the station」みたいに例文で覚えちゃうと便利ですよ

(19)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①listening
②listen
③listened
④has listened

STEP.2
文法問題であることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「run around the park(  )to music」に入れる単語を選ぶ。

「listen」の適切な活用を問われていることをまずは理解する

STEP.3
問題文を読む
Rogerは地元の公園に行った/昨日の午後。/彼は公園の周りを走った/音楽を(  )。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:①
「音楽を聞きながら」という意味になることがわかりますから、「〜しながら」を表せる動詞のing形が正解です

必要なもPOINT「動詞のing形」は、修飾語として後ろから比較的自由に配置することができます。

  • The man driving the car is my brother.(the manという名詞を修飾)
  • He always run listening to music.(runという動詞を修飾)

(20)

STEP.1
選択肢の単語をザッとチェック
①for
②on
③or
④and

STEP.2
穴埋め部分には前置詞等が入ることがわかる
問題文の穴埋め部分前後をチラッと見る。「less(  )less」に入れる単語を選ぶ。

この部分だけで「less and less」が頭に浮かんできてほしいところです。

STEP.3
問題文を読む
人々は現在コンピュータを使う/ほとんどのことをするのに。/その結果、/彼らは紙を使うようになっている/(  )。
STEP.4
当てはまる選択肢を選ぶ
正解:④
「less and less」で「ますます少なく」という意味ですね

で、その逆が「more and more」で「ますます多く」ですね
英検準2級合格の目安は、正解率60%程度といわれています。
語彙問題でいうと、全20問中12問は正解したいところです。がんばりましょう!