<NEW>過去問の解説はこちら

英検準2級「二次試験(面接・スピーキング)」の勉強法を徹底解説

準2級二次面接

こんにちは。Tomoです。

今回の講義は、英検準2級の二次試験(面接・スピーキング)の対策です。

とても大切なことなので、まずは結論からお伝えしますね。

二次試験の対策をする上で、まず意識しておくべきことは、英検準2級の二次試験は「スピーキング」の試験であり、「英会話の試験ではない」という点です。

え! 二次試験って英会話の試験じゃないんですか??
「スピーキング」と「英会話」はまったくの別物なんです

これが何を意味するかわかりますか。

どうしても「面接による試験」というと「英会話ができるかどうか」を判定されていると考えてしまいがちですが、英検準2級においては、じつは英会話能力はほとんど重視されません

POINT
英検準2級の二次試験は、英会話力は求められていない

ではいったい何が求められているのか。

具体的にお伝えします。

それは次の3つの能力です。

  • 英語を音読する能力
  • 英語で状況を説明する能力
  • 英語で自分の意見を述べる能力

くりかえしますが、会話のキャッチボールは求められていないんです。
(試験開始前に、ひと言ふた事、面接官と会話して「atitude(態度)」という形で採点されうる項目はありますが、そこでみられるのは、あくまでもコミュニケーションをとろうとする意欲です。)

会話のキャッチボールは求められてない!

ここにこそ、英検準2級の二次試験突破のカギがあります。

とても大切なので、もう少し詳しく説明します。
ついてきてくださいね。

英検準2級の二次試験(面接)の配点と合格点

あなたは英検準2級の二次試験の試験内容は知っていますか?そしてその配点について把握していますか?

以下は、おおまかな試験内容と配点です。

準2級面接配点表

合計で33点満点になりますが、合格点としては約60%の「20点」程度といわれています。(公式なアナウンスはありませんが、過去の実績からこの程度と言われています。)

だいたい60%とれれば合格かー

ではいよいよ、それぞれの問題の内容と対策をみていきますよ。

1.カードの音読

20秒の黙読の時間を与えられたあと、50語程度の英文を音読する試験です。

準2級面接タイトル
日本英語検定協会(https://www.eiken.or.jp/eiken/exam/virtual/grade_p2/pdf/grade_p2.pdf

カード音読のポイント

カードを音読する際のポイントは以下の4つです。

  • 英語のタイトルから読む
  • 区切りの良いところ(ピリオド、カンマ、前置詞の前など)でひと息いれて、内容をきちんと把握していることが伝わるように読む
  • ペラペラ感は必要なし。相手に読み聞かせるようにはっきりと読む
  • 知らない単語が出てきても黙り込まない。(どうしても分からなければ、減点はされますが、その単語は飛ばして読んでしまっても良い

「黙り込んだり」「日本語を使ったり」するのが一番いけないんでしたよね

2.音読したカード内容に関する質問に答える

さきほど音読しだ英文に関する質問がされますので、
答えが書かれている部分を探し出し、質問の形に合わせて答えます。

ここでうまく答えるには、コツがあります

つなぎ言葉に注目することです。

たとえば、先ほどのカードを使って、次のような質問がきたとします。

【質問】
According to the  passage, how do many families try to make the environment better?

 

【直訳】
パッセージ(一節)によると、多くの家族はどうやって環境をより良くしようとしていますか?

この答えはどこにあるでしょうか。

それは、先ほどのカードの文章中の「つなぎ言葉」に注目すればいいんです。

今回の文章で言えば、以下で赤く囲っている「in this way」の部分です。

準2級パッセージ

印をした部分を訳すと、
このようにして(in this way)、彼らは環境を良くしようとする」となります。

質問は「どのようにして(how)、環境を良くしようとしますか」なので、答えはつなぎ言葉(in this way)の直前にあるはずですよね。

つまり、以下の緑の部分が答えになるということです。

準2級パッセージ答え

具体的な答え方としては、

「How」で聞かれているので、Many familiesを省略し
By using products made from recycled paper.」(リサイクル用紙で作られた商品を使うことによって)

と答えればOKです。

POINT
準2級の面接で出てくる主なつなぎ言葉は以下のとおりです。

  • in this way, (このようにして)
  • so, (だから)
  • as a result, (その結果)

音読する際に、あらかじめこれらのつなぎ言葉をチェックしておくことで質問にもすばやく答えることができます。

注意
面接官の質問は「How」か「Why」で始まることがほとんどです。次のように覚えておきましょう。

  • 質問が「How」で始まったら:By 〜ing….で答える
  • 質問が「Why」で始まったら:Because 〜(主語を代名詞に置き換えて)で答える

3.イラストを見て、登場人物の行動を英語で表現する

5人の人物が書かれているイラストを見て、可能な限り多くの人の行動を英語で表現します。

準2級イラストA
日本英語検定協会(https://www.eiken.or.jp/eiken/exam/virtual/grade_p2/pdf/grade_p2.pdf

ポイントは、現在進行形で表現することです。

上記のイラストであれば

  • A woman is planting some flowers.
  • A woman is walking her dog.
  • A man is putting a box on a truck.
  • A man is painting the wall.
  • A boy is riding a bicycle.

などとなります。

この形式では、出題されるシーンのパターンがあります

パターンの一覧は以下の記事でまとめていますので参考にしてください。
>>>英検準2級「二次試験・イラストを見て現在進行形で表現する」

 

4.イラストを見て、状況を英語で表現する

一人の人物の状況を英語で描写します。

準2級イラストB 

模範解答的には
She can’t buy a drink because there are a lot of bicycles in front of the vending machine.」(彼女は飲み物が買えない、なぜなら自動販売機の前にたくさんの自転車があるから。)

といった感じです。

解答する際のポイントは、
「〜なので、…だ。」のように、原因と結果の2点を述べるということです。

その際には「but」「and」「so」「because」などの接続詞をうまく使うと、まとまりのある文章が作れます。

POINT
  • 〜なので、…だ。」のように、原因と結果の2点を述べる
  • but」「and」「so」「because」などの接続詞をうまく使う

5.口頭での質問に答える

あわせて2つの質問をされますが、1つ目はカードの内容に関係のある質問です。

例としては
「Do you think drinks in plastic bottles will be more popular in the future? 」

のように「Yes, No」で答えられる質問が基本です。

答え方は

  1. 「Yes, No」の自分の立場をはっきり言う
  2. 「because」などでその理由を述べる

の基本が押さえられていればOKです。

上記の質問に対する回答例としては
「Yes, I think so because we can carry drinks easily in plastic bottles.」

などで十分です。

面接で使えるフレーズ・表現のまとめ

ここまで学んできた対策で、
英検準2級対策の基本はバッチリです。

あとは

  • 本番の面接で使えるフレーズや表現を覚えて
  • それをすぐに口に出せるようにしておく

の2点をおさえてください。

便利で役立つフレーズに関しては以下の記事にまとめています。
ぜひ活用してくださいね。

>>>英検二次試験面接で使えるフレーズをまとめて紹介

英検準2級二次試験対策は過去問で

二次試験対策用の参考書なども多く出ていますが、

今回お話したセオリーを理解しておけば、あとは過去問を使って練習するだけで基本的には合格ラインまでいけるはずです。

過去問以外の書籍としては、
定番である「旺文社の英検二次試験対策本」がやはり丁寧にまとまっています。

ただし、回答例である英文の内容のレベルがやや高い印象を受けるので、「こんなに話せない…」と不安になってしまう可能性もあるのかなと思います。

回答例のハードルの高さに惑わされない自信がある方は、付属のDVDなどで当日の試験までの流れなども細かく載っていますので、買ってみてもいいと思います。

それでは、英検準2級の合格まであと少し。

応援していますのでがんばってください!